本文へジャンプします。




競馬

2013年11月23日 (土)

クリスマス

栗東滞在中のクリスマス

美少女っぷりがヤバイ(≧∇≦)

Uma


| | コメント (2)


2013年11月19日 (火)

いってらっしゃい

今朝のスダチくんです☆

スダチ、ゆっくり休んで戻っておいで(*^-^*)

Dachi


| | コメント (2)


2013年11月18日 (月)

スダチ、放牧

シゲルスダチ、水曜に放牧に出る予定です(*^_^*)

状態は元気なので、ご心配なく。

Dachi


| | コメント (1)


2013年11月16日 (土)

東京競馬、奥多摩Sにシゲルスダチが出走しました

今日の東京競馬、奥多摩Sにシゲルスダチが出走しました。
鞍上は後藤浩輝騎手。この人馬で実戦に出走するのはNHKマイル以来のことでした。
最近、スダチは1200m戦を中心に戦ってきたので、1400m戦の常連の中に入るとやはりスタートが速いですね。そのまますいすいと先頭に立ってレースを進めていました。
後藤騎手も言っていましたが「喜んで走っている」ようでした。
そして、もちろん後藤騎手もとても嬉しそうでしたよ。
ラストはさすがにいつもより200m長い上に直線の長い東京コース。後続勢に抜かれてしまいましたが、
「それでも最後までスダチなりによく走っていた」(後藤騎手)そうです。
あがってきた直後、後藤騎手はホントに汗だく。言い過ぎではなく、玉のような汗をかいていましたよ。
わたしはコートの下にセーター2枚着込む寒さだったのに、、
それほど、ハイテンションのスダチをコントロールして、ラスト追いながら一生懸命走らせるのは、相当なエネルギーを使うんですね。
それでも、後藤騎手は笑顔をみせていたし、スダチもほんと元気いっぱいでした。昨年のNHKマイルでは最後までゴールできなかったふたりがこうやって最後まで一生懸命走ることができて、ほんとうによかったですね(*^-^*)
また、タイミングがあってこのコンビが結成されるといいですね。

Dachi

| | コメント (0)


2013年11月15日 (金)

明日の奥多摩S

シゲルスダチと後藤騎手、いよいよコンビ復活ですね!

レースは明日・16日の東京競馬、奥多摩ステークスです

netkeibaのコラムにも書きましたが、スダチのト

モ(お尻の筋肉)はすごいことになってますよ~☆もりも

りなんです(*^-^*)

楽しみですねっ~☆

Dachi




| | コメント (0)


2013年10月29日 (火)

びっくり

今朝、トレセンで放馬した馬がいました。
放馬自体は決して珍しくないのですが、
コンクリートの上を、しかも目の前を、
全力疾走していく姿は
トレセン取材歴長し
といえども、なかなか遭遇しないもので…
ビックリ、圧巻(xox)
ちなみにこのお馬さんは2歳馬でした
トレセンに戸惑って、びっくりしたのかな?

131029

| | コメント (0)


2013年10月29日 (火)

ハープスターさんが栗東トレセンに帰ってきました(^-^)/

ハープスターさんが栗東トレセンに帰ってきました(^-^)/

ちなみに中央にいるハープスターの真後ろ、顔だけうつっているのがレーヴデトワールです☆

131029_2

| | コメント (0)


2013年10月21日 (月)

シゲルスダチ、桂川S7着でした

シゲルスダチ、桂川S7着でした

道悪は苦手なこともあり、直線ではいったん伸びかけたものの勢いが止まってしまいました。出遅れも響いたかな。
それでも7着と大崩れしていないのは、成長の証です☆

1310206


| | コメント (0)


2013年8月 7日 (水)

クーッって顔してます( ´ ▽ ` )ノ

全国的に暑さが戻ってきたようですね!栗東も同じく、

「熱い」

です(^_^;

夏バテ気味だったミッキーパンプキンがだいぶ元気を取り戻してきました

調教時間を午前七時過ぎから午前五時に早めたのがよかったみたい(^.^)
この2時間では、体感する気温がかなり大きく違います。

朝イチは涼しいけど、”二番乗り”と言われる午前七時過ぎになると太陽の陽が刺すように痛いのデス。

シャワーを浴びながら、

クーッ!!

って顔してま
す( ´ ▽ ` )ノ

130807




| | コメント (0)


2013年7月28日 (日)

佐世保S シゲルスダチは4着

佐世保S、シゲルスダチは四着でしたね

馬券には絡まなかったけど、勝ち馬とは差のない四着(^

-^)

近いうちにチャンスもまわってきそうですね!

スダチくん、お疲れさまでした(^-^)/


Dachi


| | コメント (3)


2013年7月28日 (日)

I'm yours

函館競馬はアイムユアーズが優勝。
わたし、天皇賞以外ではサイン馬券とか興味ないんですが。。

その日、函館で行われているGLAYの故郷凱旋ライブとのリンク


代表曲「HOWEVER」のカップリング曲の題名

「I'm yours」

って…(@_@)

たまたま、なんでしょうが。
こういう偶然ってあるんですね(^-^;)

| | コメント (0)


2013年6月20日 (木)

スダチくん、追い切る

シゲルスダチくん、19日朝に坂路で追い切りました。

栗東に帰ってきてから、初の追い切り!
同僚と一緒に元気に坂を駆け上っていましたよ(^-^)

そのときの詳しい様子は競馬総合チャンネル「ねぇさんのトレセン密着!」に書きましたのでぜひ読んでくださいね~☆

http://www.netkeiba.com/

130619

| | コメント (2)


2013年5月24日 (金)

ダービー、そしてシゲルスダチの最新情報は?

今週の競馬総合チャンネルではキズナのお尻に迫ってみました。
エピファネイアの木曜日の様子、そしてシゲルスダチの最新情報も書きました。よろしくお願いしますー☆

http://premium.netkeiba.com/news/?pid=column_view&wid=CH09

| | コメント (0)


2013年5月22日 (水)

第80回日本ダービー、水曜の段階でひとつだけ決めていること

今年のダービー、ひとつだけ決めていることがあります。
今回に限っては、典ちゃんの乗らないコディーノは狙わない。
来たらごめんなさい。でも、狙いません。

| | コメント (2)


2013年5月21日 (火)

キズナ

今朝のキズナ。元気いっぱい。

130521

| | コメント (0)


2013年5月20日 (月)

エピファネイア

折り合いさえ、つけば。

Photo

| | コメント (0)


2013年5月20日 (月)

ジェンティルドンナ

5月15日に栗東に帰ってきました。おかえりなさい。

130515

| | コメント (0)


2013年5月19日 (日)

リラコサージュ

百合でなく、ツツジも似合いますね☆

Photo_2



| | コメント (0)


2013年5月17日 (金)

レッドオーヴァル

陣営が願ってやまない1枠1番を引いた幸運

P1120833

| | コメント (1)


2013年5月11日 (土)

アグネスタキオン

もし、あなたが日本ダービーに出走できていたなら、きっとその名は80頭の中の1頭に刻まれていたことでしょう。

Photo_2

| | コメント (0)


2013年4月14日 (日)

皐月賞2013

皐月賞、イチオシはやっぱりエピファネイア

完成度高いし、鞍上も乗り馴れた祐一騎手に戻るし。結果はついてくるはず。


気になるのは、コパノリチャード


彼のマイペースの逃げについていったら、潰れてしまうと思うし。調子はさらに上向きですよ☆

| | コメント (0)


2013年4月 7日 (日)

桜花賞はクリスチャン・D騎乗のアユサン優勝

桜花賞は7番人気のアユサンが優勝。
3連単は67万9300円という配当。。
やはり、I さんの予言どおり、荒れましたねっ。
そして、クリスチャンすごいっ!
これまでも「クリスチャン、さすが!」というレースはたくさんありましたけど。
それを知らしめられたかんじです(*^-^*)
クリスチャンは勝利ジョッキ―インタビューで
「ミルコは自分の先生のような存在」
「兄からは『Good Job』と声をかけられた」
「すごく馬が調子よくてラッキーだった。」
と、答えていました。
兄弟は兄弟でも、武兄弟ではなくデムーロ兄弟でしたね。
でも、これは土曜日に突然決まったこと。
各社、予想の印は木曜、遅くても金曜につけますから、
その段階でアユサンはCデム騎乗ではなかった。
だから、余計に印が薄かったんだと思います。
そして、ディープインパクト産駒ですかー。
ディープの子供、桜花賞強いなぁ。
来年はディープの子供を厚めに狙ってみてはいかがでしょう?

| | コメント (0)


2013年4月 6日 (土)

桜花賞2013

明日は桜花賞ですね。

松永昌厩舎の竹邑厩務員とバイクですれ違ったとき、
「桜花賞だね~」
「そんなことあったねぇ!」
と、暗号のような会話をしてニヤニヤしてました。
実は竹邑さんは、桜花賞馬・オグリローマンの担当厩務員。
当時、わたしは予想を始めたばかりで桜花賞の本命を悩みに悩んでいて。
予想を入稿するギリギリの木曜日。
竹邑さんの馬房を訪れ、話しながら、オグリローマンの姿を見たとき、
「これだ!」
と閃いて(^-^)v 本命にさせてもらいました。
日曜日、あの芦毛の馬体が先頭でゴール板を駆け抜けたときのドキドキは今でも忘れられません。
ちなみに、竹邑さんはその後、ラインクラフトやウインバリアシオンも手掛けた腕利きさんで。
ウインバリアシオンはよく取材させてもらいましたが、その原点は、あの桜花賞直前取材にあったのでした。
さて、本題の桜花賞2013。
豊さんのクロフネサプライズ、すごくいいかんじです。
そして、豊さんも饒舌にクロフネサプライズについて語っていました。
よほど自信があるんでしょうね!
に書いたのでぜひぜひ読んでください。
本命をつけるなら、レッドオーヴァルがいいですね。
「チューリップ賞は本来の走りができる状態ではありませんでし。でも、レース内容は上手に前に壁をつくるなど収穫のあるものでした。体調は戻りましたし、今回は勝負になると思っています」と安田師。
金曜日、自転車で急ぐ安田師を見かけたので
「先生!今週3連勝!!」
と声をかけました。意味はもちろん、GI3連勝、ということ。
すると、満開の笑顔でピースサインを返してくれました(^-^)v

振り返ると、今年のGIはまだ安田厩舎しか勝っていないのですよ。
終わってみれば、、ということになるのでは?と思います。

Photo

| | コメント (0)


2013年2月27日 (水)

シゲルスダチ 放牧に出ました

シゲルスダチが放牧に出ました。

行先は宮崎です。

詳細は明日の競馬総合チャンネル「ねぇさんのトレセン密着!」に書きますね。

取り急ぎ。

Photo_3



| | コメント (9)


2012年11月 3日 (土)

シゲルスダチ 京洛S3着

シゲルスダチ、京洛Sで3着でした!

正攻法の競馬、最後はちょっと差されたけどゴールまでしっかり走っていましたね(^-^)

勝って欲しい!という気持ちもあるけど、
マッチョで大きい馬が多いスプリント界であの小さな体でよく頑張っていますよ☆彡

レース後、「よく頑張りました!」と鈴木さん。

undefined

スダチと鈴木さんの戦いはまだまだ続くのであります(^_^)/

| | コメント (10)


2012年10月 3日 (水)

今日から

栗東トレセンでは、今日からゼッケンが変わりました。

121003

シゲルスダチは971番。

古馬は白地に黒文字のゼッケンです。
ちなみに3歳時は黒地に白文字のゼッケンでした。

スダチの白い馬体に、まっさらな白いゼッケンが馴染んでいます。

| | コメント (5)


2012年9月22日 (土)

後藤さん

スプリンターズSは賞金順が19番目で出走が微妙になりました。

そして、コンビを組む予定だった後藤騎手は再びケガで無念のリタイヤ、、

わたしは正直、かける言葉が見つかりません。

とにかく、、、


1348300394668.jpg

後藤さん、待ってます (by スダチ)

| | コメント (10)


2012年8月21日 (火)

スダチ、重賞2着のあとも元気です!

今朝のシゲルスダチです。

120821_2

 

さすがに小倉から帰ってきた直後は、疲れてしまってバタンキュー……(o_ _)o パタッ

と爆睡していたそうですが、今ではすっかり元気を取り戻していましたよo(^-^)o

先生と会えなかったので今後のローテーションについては聞いていませんが、もしかしたら王道路線(セントウルS→スプリンターズS)もアリかもしれませんね!

この続きは、今週木曜掲載「netkeiba競馬総合チャンネル・ねぇさんのトレセン密着!」に書きたいと思いまーす(^-^)v

| | コメント (11)


2012年8月19日 (日)

シゲルスダチ、北九州記念2着(>▽<)!!

な、な、なんと!
シゲルスダチくんが北九州記念で2着に粘りましたー(>▽<)!!!

このところ、ちょっとお疲れ気味にも見えたスダチくんですが
重賞制覇の一歩手前、2着にきた!!というのは何とも嬉しい!!!
(写真は8月16日、厩舎に顔を出したときのスナップです)

1208

今回、わたしはテレビ観戦でしたが、もうかぶりつきで見ていましたよ。
大外から勝ったスギノエンデバーが突っ込んできたせいか?
馬群中段からググッと地味に抜け出したスダチの名前を実況アナが呼んでくれなかったのは心残りですが…

まぁ、スダチくんが頑張ってくれたのでヨシとしましょう(*^-^*)

木曜日に西園師にこのあとのローテーションを伺ったところ「未定」との返事でしたが、
どうなるのでしょうね。。
王道のセントウルS→スプリンターズS路線に顔を出して欲しいなぁ、
という気持ちもありますが、結構ハードなレースが続いたのでスダチも疲れているかもしれませんね。師の判断を伺うのが楽しみです。

わたしは毎週土日の競馬を大阪スポーツ(中京スポーツ、九州スポーツを含む)で予想させて頂いていますが、土曜のTVQ杯は1番人気の馬単のみ的中。日曜の北九州記念はエーシン4頭を軸にしたので大ハズレでした。ごめんなさい。
また来週、仕切りなおして頑張りたいと思います。

| | コメント (11)


2012年8月18日 (土)

オルフェーヴルが栗東に帰ってきました。

17日、オルフェーヴルが栗東トレセンに帰厩しました。

12081701

NFしがらきでの馬体重が476キロ。
ふっくらして、いい雰囲気ですね。

12081702

明日18日朝の調教を終えたら、昼ごろ検疫厩舎へ移動。
25日、成田空港から出国予定です。

そういえば、ディープインパクトが凱旋門賞に向けて出国するときは美浦の検疫厩舎からの出発でしたね。
成田空港まで追いかけて、出発する飛行機を撮ったっけ。
しかも、数時間のディレイだった記憶。

オルフェは無事、出国できるといいですね。

12081703

| | コメント (3)


2012年8月10日 (金)

残暑お見舞い申しあげます 

残暑お見舞い申しあげます ~ 思いきりカメラ目線であくびするスダチ

01

スッキリ!

02

 

 

| | コメント (7)


2012年7月26日 (木)

スダチ、前髪切りました。

暑いので鈴木さんが前髪を切ってくれました。

ちょっと短髪(^-^)

20120726_083459

シゲルスダチ、今週の日曜日、新潟のNST賞に出走します。
お楽しみに~(^-^)


| | コメント (7)


2012年7月15日 (日)

甘えん坊とママ

スダチはいつも、鈴木さんに甘えてばかり。

1342302380586.jpg

ヤンチャはなかなか止まりませんが、、

1342302387986.jpg

でも、最後は鈴木さんのいうことをきくんです(*^_^*)

1342302392345.jpg

| | コメント (1)


2012年7月 8日 (日)

スダチづくし

1341741273296.jpg

| | コメント (2)


2012年7月 7日 (土)

スダチくん

ご無沙汰しました。
また、ぼちぼち書こうと思います。

さっそく、いま一番可愛いヤツ、
シゲルスダチです

1341672797936.jpg

| | コメント (3)


2012年5月29日 (火)

ダービー馬

ダービー馬、ディープブリランテです(*^_^*)

さすがに疲れたようだけど、もりもりカイバを平らげていましたよ(^ー^)ノ


1338290750142.jpg


秋が楽しみ(^_−)−☆

| | コメント (1)


2012年4月 3日 (火)

爆弾低気圧と桜の女王

先週末、関東地方の方々を悩ませた暴風。


今日は全国展開ですか。。
”爆弾低気圧”!?


この暴風雨、栗東ももれなく襲っています。
明日の朝、調教の時間には雨はやむ予報です。

でも。。この調子じゃ、馬場は悪いままでしょう。


1333435715816.jpg

今週は阪神競馬場で桜花賞が行われます。

わたしはいつも取材しているジョワドヴィーヴルに注目していますが・・・


決してパワータイプではないので、馬場が悪くなるのはかわいそう。

できるなら、道悪馬場での調教はオーバーワークになることもあるので、良い馬場で調教させてあげたい。

でもなぁ、まだもうしばらく暴風雨は続くみたい。


そのあとの風で少しでも馬場が乾くといいのですが。。はぁ。。。


1333435720500.jpg

これらの試練を乗り越え、誰が桜の女王になるのでしょうか。

1333435721874.jpg

| | コメント (3)


2012年3月28日 (水)

アパコさん

アパパネ、朝から大アクビ


1332889991435.jpg


これから岩田さんが乗って、追い切る予定デス(*^_^*)

| | コメント (1)


2012年3月 3日 (土)

ジョワドが負けた日

今日のチューリップ賞、ジョワドヴィーヴルは3着に負けました。

直線では前が詰まったのも痛かったけれど、それ以外にも敗因はありそうです。


1330765408873.jpg


「馬が大人しかったもんな。のんびりしていた。」
と松田博師は今日のジョワドヴィーヴルの様子を振り返っていました。

「もうちょっとうるさくなってこないと。あと、調教をあまり強くし過ぎるのも違うのかもしれない。」(松田博師)

今回、ジョワドヴィーヴルは弥生賞に出走するトリップと2週連続で併せ馬を行いました。トリップはすごく調教駆けする馬。併せ馬で負けても、弱い馬と併せて先着するより内容はハードになる。だから、一緒に調教するだけでじゅうぶん価値があるんです。
でも、もしもジョワドが厳しく攻めるより自信をつけて伸びるタイプ(人間でいうと誉めて伸びるイメージ)だとしたら・・・、そこに答えはないのかもしれませんね。


1330765413088.jpg

クラシック本番までまだ時間はあります。今はレースも調教もいいパターン、合わないパターンなど、試行錯誤できる時期です。

今日ジョワドは負けちゃったけれど、悲観する必要はないと思います!むしろ、"今"負けてよかったと言いたいところ、です。


でも。レース前、いかにも普段は競馬場には来ないだろうな、と思わせる女性を見かけました。連れの男性に
「今日はジョワドヴィーヴルが勝つのを見に来たんだから!」
とジョワドが絶対に勝つんだ!と信じて疑わない口ぶりだったけれど・・・。彼女はどうしているだろう?

姉がブエナビスタとあってデビュー前から注目され、阪神JFを制して一気にスターになってしまったジョワドヴィーヴル。
故にそんなファンのみなさんの気持ちを思うと、ジョワドもそうそうゆっくりはしてられないようです。

「前進、前進。」
松田博師は今日の負けを絶対ジョワドの糧にして仕上げてくれるはず。
次走の桜花賞、またひとつ階段を上ったジョワドヴィーヴルの姿を楽しみに待つことにしましょう。

1330765417900.jpg

| | コメント (1)


2011年12月12日 (月)

ニュースター誕生 ジョワドヴィーヴル

昨日の阪神ジュベナイルフィリーズはジョワドヴィーヴルが優勝


1323652084034.jpg

強かったね(*^_^*)


1323652090880.jpg


とにかく無事に来春のクラシックを迎えて欲しいものです(((o(*゚▽゚*)o)))

1323652093107.jpg


1323652096179.jpg

1323652098740.jpg

| | コメント (3)


2011年12月 3日 (土)

トミーの写真

先日、ジャパンカップの日に再会したトミーこと安田富男さん。

写真を載せたつもりが、載ってませんでした。
失礼しました!


1322921078966.jpg


変わらずヤンチャな笑顔でありました(*^_^*)

| | コメント (1)


2011年11月28日 (月)

トミー‼

ジャパンカップのパドックのあと

向こうから見たことある人か歩いてくるな、、

と思ったら、なんと!!!!!



安田富男さん、でした(((o(*゚▽゚*)o)))


いまは那須で育成をしてらっしゃいます。


むっちゃ元気そうでした(*^_^*)


| | コメント (0)


2011年11月28日 (月)

涙、涙のジャパンカップ

昨日の続き。

1322468503877.jpg


ブエナビスタがトーセンジョーダンに馬体を併せた瞬間、もう「勝った!」と確信。直後から、これまでの一年間、ブエナビスタ陣営が抱えてきた思いやら、いろいろ思い出したら思わず嬉し泣きしてました。

以前、ウオッカがジャパンカップで復活優勝したとき、岸本くんも中田くんも号泣してたけど、今回ブエナビスタ陣営は堪える涙。みんな、普通に振る舞いながらも眼は真っ赤だった。


1322468515010.jpg

岩田さんも「やっと勝てた」と
胸の赤いバラを撫でながらホッとしてた。

先生も去年の降着のことを聞かれたら、泣いてた。

いろいろ、悔しくいたたまれない思いが湧き出たんだと思う。


1322468517414.jpg

ちなみにブエナビスタはレース中にちょっとだけ傷
をつくって帰ってきましたけど、上っ面だけ、かすり傷程度なので心配なし。


1322468520590.jpg

で、うちに帰ってVTR見てまたウルウル(T_T) 
もうしばらく泣かなくていいくらい、泣いた。


1322468522737.jpg


何があってもコツコツと自分のしなければならないことを続けていれば報われるんですね。臥薪嘗胆を乗り越えての喜び。またひとつ、ブエナに教えられました。

| | コメント (0)


2011年11月27日 (日)

ブエナ、おめでとう(*^_^*)

今日はブエナビスタのレースを見たくて東京に来ました。

ここまでの二ヶ月、いや去年のジャパンカップで降着の悲劇から一年、、、

「ケチがついた」のか、ブエナビスタは勝ちきれずにいました。

前走の天皇賞、レースに向けてピッチをあげたものの、少々太かった。


でも、そのレース直後から松田師は「次は変わる」と言い続けてきました。


そして、迎えたジャパンカップ。


松田師や陣営の表情からもブエナビスタ絶好調!なのは明らか。


となれば、素直にブエナビスタと岩田さんを信じるしかありません。

その気持ちだけで東京に来ました。

さて、当日。発表された馬体重プラス2キロ。

あれだけ身体が引き締まってのプラス2キロです。
よほど具合がいいのでしょう。


1322392576758.jpg


そして、レース!

岩田さんが実に冷静に周囲を見渡しながら捌いています。


女王の力量を信じてるのが、痛いほど伝わります。

直線、満を辞して抜け出すブエナビスタの姿を見たら、、思わず「ブエナ‼」と声が出ました。

決勝戦手前200mで決した足色のとおり、ブエナビスタが一着でゴールを駆け抜けてからしばらく涙が溢れて止まりませんでした。

去年のジャパンカップ、長い裁決判定後、辛いのに苦笑いを浮かべながら「仕方ないな」と。そして、天皇賞の直後、「次は変わる」とブエナビスタを信頼しきった表情で見つめる松田師の、その揺るがない姿を思い出したら、、涙が止まりませんでした。

1322392584365.jpg

続く。


| | コメント (1)


2011年11月27日 (日)

今日はジャパンカップ

ジャパンカップ。

とにかくブエナビスタの仕上がりがいい!!

1322350101096.jpg

賢いブエナビスタはもともとレースまでに自分で体をつくるタイプ。

この秋は一回叩いてここが二戦目。


きっちり仕上がりました(*^_^*)

女王復活を祈ります*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*


あと、復活といえばオウケンブルースリも腰痛も癒えて元気いいかんじですよ(^_−)−☆


1322350108108.jpg


それから、今年の三歳勢の力量を見定めるためにも、ウインバリアシオンの走りに注目!


1322350110558.jpg

| | コメント (0)


2011年11月26日 (土)

すっぽん

今日は西山社長にすっぽん食べに連れてっていただきました(*^_^*)

まず、生き血をいただきました。


1322315811589.jpg


味はあまりしないけど、血の巡りが良くなった気分。


つづいて、お鍋。

1322315817644.jpg

下に火を焚いているわけじゃないのに、
グツグツグツグツ、。煮え続けてる。。(((o(*゚▽゚*)o)))


まず、スープをいただきました。
濃厚で品のある味わい。
飲むだけで温泉に入ったかのように温まります(*^_^*)

1322315821200.jpg


西山社長がオススメする
このスープの日本酒割りは
ヒレ酒より美味しかった!


1322315823660.jpg


1322315826440.jpg


すっぽんさん。

〆は、

1322315828777.jpg

雑炊。


1322315831548.jpg

黄味は割らずにいただきました。

西山社長、ごちそう様でした(*^_^*)


| | コメント (0)


2011年11月10日 (木)

ホエールキャプチャ


先週の総合チャンネルでも紹介したんだけど
ホエールキャプチャがすごく気になります

安定感はピカイチだし前走後に疲れてた腰もすこぶる良くなっていますよ

今週のエリザベス女王杯、本命候補の一頭!

冬毛ボーボーで見た目はイマイチですが中身はできてます(*^_^*)

| | コメント (1)


2011年11月 6日 (日)

久しぶりに勝って欲しいね オウケンブルースリ

お久しぶりです。
時間が経つのは、本当に早いものですね。
1

オウケンブルースリが最後に勝ったのは2009年の京都大賞典。
そう、今日のレースですよ。

こんなに勝っていないと、勝ち方、忘れちゃいますよね。

でも、それでも復活して欲しい。
最近、疲れやすかった腰もパンとしてきたし、体調はいいんです。

音無調教師がオウケンブルースリの好物のニンジンをサイノメ切りにして
「復活しような」
と言いながらあげていました。

2年ぶりにウイナーズサークルに立てるといいね。

| | コメント (0)


2011年7月 9日 (土)

今日のジュライSの本命は、

おはようございます。

今日の関西地方はもれなく   熱い   デス。

で、今日の京都のメイン・ジュライSですが、
本命は、、

食っちゃ

1

寝、ばかりしている

5

エーシンホワイティ(・∀・)

2

引き続き体調はいいので、
降級の準オープンなら、サクッと勝たないとネ(^_-)-☆

明日のWIN5のためにも、頑張ろう!
ジュライSの予想はこちらの「プロの勝負馬券」を見てね

イー・モバイルのPocket WiFiがあれば1台でいろいろつながる!

| | コメント (1)


2011年6月24日 (金)

宝塚記念の本命は?

11062202

やっぱりブエナねえさんにしました
以下の印は「プロの勝負場面」こちらを見てね

| | コメント (1)


2011年6月24日 (金)

ストリートハンター

明日、阪神でデビューするストリートハンター。
今週の追い切りはちょっとチグハグだったけど…。

先々週のときは坂路で51秒台出して調子よさそうだったので、
あのときのリズムを取り戻せばきっと大丈夫。

110622



| | コメント (0)


2011年3月18日 (金)

頑張れバトルバニヤン!

こんなときだから、あえて競馬の話題を。

16日、千田厩舎が笠松10レース・春蘭特別をマルティニークで開業初勝利をあげました。

しかし…。
千田師にお祝いの言葉を寄せると、笑顔ながらもこんな答えが…。

「開業初勝利が地方交流だった厩舎は中央ではなかなか勝てないというジンクスがあるんだって。夏の小倉まで半年勝てなかったり、…中には1年という厩舎もあるそうだよ(苦笑)。」

そんなぁ。
それじゃ困りますよね。

「うん、困るよ(笑)。絶対になんとかしないとね!」

そうです。ここは20日、小倉競馬場でおこなわれる中京記念に出走するバトルバニヤンに
期待を託しましょう!

Photo

本当は先週行われるはずだった中京記念。
バトルバニヤンも当然小倉入りしており、とんぼ返りによる疲労が心配されました。

ところが…実はバトルバニヤンは”なぜか”木曜に栗東を出発していたので滞在先の小倉で一息つけたのです。
「馬主さんからの依頼で急遽、木曜に出発することになったんです。
 結果的にそのおかげで小倉で2泊できた。小倉で調教する余裕すらあったんですよ。」(千田師)

そのおかげで2週連続で小倉に向かうことになっても元気いっぱいです。
「2回輸送することでかえって馬体が絞れて効果的かも(苦笑)」と担当の市丸助手。
もともと小倉が大得意なバトルバニヤンだけに期待が高まります。

ちなみに千田師によると今週は木曜日の輸送は依頼されていないとか。
なんとも絶妙な”虫の知らせ”ですね…。

とにかく、頑張れバトルバニヤン!

| | コメント (1)


2011年3月 8日 (火)

ヒカルアマランサス

今週は中山牝馬S
池江厩舎から高野厩舎へ引き継がれたヒカルアマランサスの出番です!

ヒカルちゃんは環境の変化に敏感な女の子なので
レースを前に厩舎が変わることが心配で仕方ありませんでしたが。。

大丈夫みたいo(*^▽^*)o
高野先生もそのあたりをすごく気を遣っていらして
少しでもヒカルちゃんの走りやすい環境づくりに励んでいらっしゃいましたよ。
そして、担当の川辺さんが引き続き手掛けているから
ヒカルちゃんも引越してからも安心していられるんでしょうね。

1103021

週末の予想はここでチェック

わたしも参加しています

| | コメント (1)


2011年3月 6日 (日)

キャプテンベガ

弥生賞もいいですが。。

今日の注目は大阪城ステークスのキャプテンベガ

過去になく「馬が走ることに対して前向き」(大当助手)なんだとか。
1回でも重賞…いや、ひさびさに勝って欲しいなぁ。。

弥生賞の予想はこちらでみてね(*゚ー゚*)

1103031_2

| | コメント (2)


2011年3月 5日 (土)

レーヴディソール

チューリップ賞の本命はレーヴディソール以外に考えられません!

ちょっと小動物っぽい独特な可愛らしさからは
想像も出来ない切れ味の持ち主。

きれいに勝って桜花賞の華になって欲しいものです。

チューリップ賞・オーシャンS・弥生賞の予想はこちらで

1103031

| | コメント (2)


2011年3月 4日 (金)

サダムパテック

若い頃はやんちゃな馬が多いのに
サダムパテックは最初から古馬の風格。。

とはいえ、ものは言いようで
デビュー前は「落ち着いている」ではなく
「ボーッとしている」という評価だったとか(苦笑)

まぁまぁ、結果オーライ。
走って結果を出せば、すべての評価がプラスに変わるもの!

オーシャンS・チューリップ賞・弥生賞(土曜発表)の予想はこちらで(*゚▽゚)ノ

1103031_2

| | コメント (2)


2011年3月 3日 (木)

マルセリーナ

今朝の栗東トレセンは結構な雪が降っておりまして。

徘徊する身としては、雨が降っているより楽なんだけど。。
まぁ、寒かったデス

写真はマルセリーナ。
エルフィンSのあともずっと厩舎にいまして、元気です!

※詳しい記事は「競馬総合チャンネル ねぇさんのトレセン密着!」をお読みください

1103031

週末の予想はここでチェック

わたしも参加しています

| | コメント (2)


2011年3月 2日 (水)

ウインバリアシオン

今週は弥生賞ですね。

気になっているのはウインバリアシオン。
この中間は福永騎手がつきっきりでバリを「再教育」してました。

その成果も出ているみたいだし、楽しみデス

1103021

| | コメント (1)


2011年2月27日 (日)

記念撮影

2月で池江泰郎厩舎が解散。
というわけで、先週今週と記念撮影ウィークでした。

敏行さんと市川さんのディープコンビも今月でお別れ。
池江敏行助手は高野友和厩舎へ
市川明彦厩務員は千田輝彦厩舎へいきます。

馬は京都記念を勝ったトゥザグローリーですが、
こちらは池江泰寿厩舎へ転厩するので皆ばらばらになります。

Tothe01

敏行さんが乗って市川さんがひっぱる。
これまで当たり前に見てきた光景がもう見れなくなる。
だからこそ、いつも以上に写真に収めておきたくなりました。

Tothe02

というわけでわたしも厩舎の看板前で記念撮影。

ちょうどフジテレビの福原アナが来ていらして、
福原アナと倉田アナの写真の記念写真を撮影してあげたら、
かわりに福原アナがわたしの写真を撮ってくれました。

ありがとう、福原さん!

Ikees02

2月は池江先生も取材に引っ張りダコでして。
連日、バタバタと対応していらっしゃいました。

こちらはトゥザグローリーと福原アナと池江先生の記念写真。

Fukuharasan110223

先生は
「トゥザグローリーは秋には大成するよ!」
と太鼓判を押していました。

トゥザは本当によく食べてばかりいましたね。
泰寿厩舎へ行っても頑張ってね。

Ikees01

わたしが最初に池江先生とお会いしたのは1990年夏の函館。
メジロマックイーンがいた時代でした。

まだ真っ黒の角刈りだった池江先生、
そして21歳だったわたし…。

ともに年を重ねてきたわけですが、
ずっとずっと可愛がっていただき深く感謝しています。
ありがとうございました!

| | コメント (7)


2011年2月14日 (月)

トゥザグローリー、京都記念優勝で池江厩舎はJRA通算70勝目

1102132

京都11レースの京都記念、
トゥザグローリーが見事1番人気にこたえて優勝しました!

道中は3番手からレースを進め、4コーナーで外に出すと、
そのまま豪快に他馬を差し切って先頭へ躍り出るという、
ひじょうに強い内容でした。

1102131

騎乗したリスポリ騎手のコメントです。
「3コーナーを回ったあたりで勝てるのではないかと思いました。
 本当に強かったですね。
 僕は乗っているだけでした。
 乗せてくれたオーナーや厩舎スタッフの方々に感謝したいです。
 池江泰郎先生にも定年間際に勝利をプレゼント出来て本当に嬉しいです。」

1102133

1102136

この京都記念を制したことで、
池江泰郎厩舎はJRA通算重賞70勝目をあげました。

1102134

1102135

なお、トゥザグローリーを池江スタッフが競馬場へ送り出すのは、
この京都記念が最後になります。

1102137

池江調教師は東京競馬場へ行っていたため、
池江敏行助手が臨場で調教師のお立ち台へ。

1102138

市川厩務員にとってはJRA通算21勝目の重賞勝利とのことです。

1102139

 

レース後のトゥザグローリー。
疲れもほとんど見せず、ひじょうに余裕がありました。
さっそく食欲旺盛なところを見せるあたり、
いかにもトゥザらしい、と感じました。

「最後のレースだから絶対に勝ちたかったし、勝てると思っていました。
 これから、まだまだよくなる馬だと思います。」

と市川厩務員。

トゥザグローリーは3月1日をもって池江泰寿厩舎へ転厩します。
市川厩務員は千田厩舎へ行くので、
市川厩務員がトゥザグローリーを競馬場へ送り出すのはこれが最後です。

| | コメント (5)


2010年12月23日 (木)

Mr. Berry

Berry

昨日、ダノンシャンティの取材をしていて、

囲み取材が終わったあと、
さっきまで取材に答えていた立場のベリー騎手から

「誰か、カメラマンはいませんか?」

との問いかけが。
(もちろん、通訳さんが喋ってマス)

でも、残念ながら、
すでにカメラマンの姿は周辺にはなく…。

ちょっと残念そうなべリーさん。
「奥さんに写真を送りたいんだ。」

……そんなに寂しい顔をしなくても……
こうなったら、僭越ながらカメラマンも兼ねているわたしが名乗りでるしかない!

というわけで、急遽、撮影タイムとなりました。
で、そのときの写真がコレ。

さすが、アイルランドで待つ(たぶん、)奥さんに送るだけあって、
満面の笑みでしょ(^ ^)

すごくいいコトした気持ちになりました。

この写真、奥さんにちゃんと届いたかなぁ~??

なお。
そのときのダノンシャンティの取材の様子は
携帯有料サイト・競馬総合チャンネル内
「ねぇさんのトレセン密着!」でご覧ください。

| | コメント (3)


2010年12月23日 (木)

有馬記念 枠順発表

有馬記念の枠順、発表されましたね。

1枠1番 ウ゛ィクトワールピサ デムーロ (55.0)
1枠2番 ネウ゛ァブション 後藤浩輝 (57.0)
2枠3番 フォゲッタブル 岩田康誠 (57.0)
2枠4番 トーセンジョーダン 三浦皇成 (57.0)
3枠5番 ルーラーシップ ルメール(55.0)
3枠6番 ローズキングダム 武豊(55.0)
4枠7番 ブエナビスタ スミヨン(55.0)
4枠8番 メイショウベルーガ 蛯名正義(55.0)
5枠9番 ダノンシャンティ ベリー(55.0)
5枠10番 エイシンフラッシュ 内田博幸(55.0)
6枠11番 トゥザグローリー ウィリアムズ(55.0)
6枠12番 ドリームジャーニー 池添謙一(57.0)
7枠13番 オウケンブルースリ 横山典弘(57.0)
7枠14番 ペルーサ 安藤勝己(55.0)
8枠15番 レッドディザイア 四位洋文(55.0)
8枠16番 ジャミール 福永祐一(57.0)

これは。。
1枠1番のヴィクトワールピサの面白い。
ブエナは外過ぎない枠に入ってよかったですね。
トゥザグローリーとフォゲッタブルもあまり外ではないのでホッとしました。

※枠順は主催者は発表のものとご確認ください。

| | コメント (0)


2010年11月13日 (土)

お別れ

100519

先日、レーヴドリアンが亡くなりました。

腸ねん転を起こして、
二度の手術の甲斐なく、この世を去りました。。

馬は腹痛を起こしただけで、生死をさまよう動物…

不運としか、いいようがありません。

昨日、レーヴドリアンのいた馬房にお花をあげてきました。

亡くなった馬の馬房には祭壇が設けられていました。
はずされた蹄鉄が置いてあって、胸がキュッと締め付けられました。

生きているいまを、大切にしないといけませんね…

最後まで生きようとしたレーヴに、合掌。

10520

| | コメント (9)


2010年10月22日 (金)

アパパネ祝勝会

1010171

先日、アパパネを担当している福田くんをかこんで
秋華賞優勝祝勝会をやったよ。

といっても、
そういう理由をつけた単なる飲み会なんだけどね(苦笑)。

動じずにカイバをたくさん食べてゴールに向かってまい進する
アパパネの芯の強さをみんなで称えながら…

という理由をつけて(笑)、眠たくなるまでたくさん飲みました。

福田くんはかつて富士ステークスを勝ったサイレントプライドという馬を担当していて、

「プライドほど可愛い馬はいない!」

と愛してやまなかったのだけれども。

プライドはプライドとしておいておいて、
今ではすっかりアパパネ嬢に心奪われているみたい(笑)。

それは、単に「アパパネが走る馬だから」という理由ではなくて……

ご覧のとおり、アパパネと毎日仲良くしているから、のようです。

1010211

担当者さんと馬の関係というのは、千差万別だけれど。

相手もこちらも生き物だから、
やっぱり"仲良くする"というのはすっごく大事。

フォゲッタブルと市川さんもすごく仲がいいし、
ブエナビスタは山口さんには甘えるしね。

そんな、馬と人との信頼関係……すごく素敵です☆

最後にとても3歳牝馬のお尻とは思えない、
アパパネの立派なお尻をどうぞ!

※なお、アパパネは21日から乗り運動を再開しています。
 レース直後はさすがに疲れていたようですが、
 すでに「元気がよすぎて困るくらい」(福田調教厩務員)疲労は回復していますよ。

 もうしばらく、栗東滞在が続きますが、
 次はさらにもうちょっと絞れて一番いい状態になるのでは?
 と思います。

1010201_2

| | コメント (2)


2010年10月10日 (日)

今日はフォゲに頑張ってもらいましょう。

1010071

おはようございます。

昨日の大原ステークス、リルダヴァルが1年ぶりに勝ちましたね。

ほんとによかったぁ……

一年前の野路菊ステークスでの骨折。
たしかに辛い条件でもNHKマイル3着に好走しましたけど、
あれはリルダヴァルが東京のマイルが合っている、という理由も大きかったはずです。

結果的に1年経って、やっと完全に復調したな、という印象でした……………。

池江先生は菊花賞と天皇賞(秋)をダブルで登録し、
どうするかはオーナーサイドとじっくり相談して決めると言っていました。
距離的には天皇賞(秋)なんでしょうが、賞金面で出走はかなり微妙な線ですし。

(といっても、今年のダービーのように奇跡的なこともありますからね)

でも、無理はしないと思います。
「僕ももう4ヶ月半しかない。しっかりと勝ちを狙いたい」
と仰っていますしね。

池江先生はダービーは一度しか勝っていないけれど、
菊花賞はすでにメジロデュレン、メジロマックイーン、ディープインパクトで3勝していらっしゃいますから。

そんな菊花賞を熟知しておられる名伯楽の選択を待ちたいと思います。

今日は京都大賞典。
今週、追い切りでリルダヴァルをブッちぎったフォゲッタブル(写真)の復帰戦です。

本当によくなるのは、これを叩いた次だとは思いますが………
きっと根性のあるところを見せてくれるでしょう。

では、京都に行ってまいります。

| | コメント (1)


2010年10月 5日 (火)

アパパネ

9461E20F-FBEF-474E-935A-F8197DB7B961_1

アパパネ、明日追い切りです。
治療器の部品で遊んでるよ(^ー^)ノ

| | コメント (6)


2010年9月16日 (木)

アパパネってどんな鳥?

1009151_2

昨日、朝は市川さん(フォゲッタブルとトゥザグローリーの担当厩務員さん)に
「今朝は顔色いいね!」
といわれるほど回復していたのに、
夕方から急に咳き込んでブッ倒れていました。
松田博厩舎でブエナビスタが到着した様子をみた直後、
ほんっとひどい咳をしてしまい…。ご心配かけました。
(松田先生、すみません&ありがとうございます)

そして、今日は比較的快調…。
もうだいぶいいと思うんですけど。
振り返ってみると、9月はいつも寝込んでいる気がします。
交通事故で入院したのも9月だったしなぁ…。
今月はこれまでの整理やら、たまっている仕事の片付けに専念します。

さて。
ローズSではかなりの人気を背負うであろうアパパネですが、
「アパパネ」とはハワイの鳥の名前だそうです。
さてさて、アパパネってどんな鳥?

国枝師(写真)が着ているポロシャツにデザインされた赤い鳥がそうみたい。
ハワイに生息する体長13センチ程度のこの小鳥。
鳴き声がずいぶんと特徴的だそうですよ。聞いてみたいなぁ~。

ちなみに昨日の国枝師、
帽子もポロシャツもアパパネの優勝記念グッズを着用していましたよ。
まさにアパパネづくし。
この秋以降もまだまだ活躍が期待できるだけに、
この先、さらにグッズが増えること間違いなしでしょう。

国枝師にアパパネの体重増について直撃しました。ぜひ読んでね。
Keiba@nifty ねぇさんのトレセン密着!アパパネ国枝師を直撃

| | コメント (6)


2010年8月25日 (水)

いわおち

01

今朝、引退の決まったウインヴェロシティが北海道の牧場へ旅立ちました

ようやく本格化の兆し!が見えたところでの故障再発…。
うーん、辛いですね……。
池江先生もすごく残念がっていました。

そのウインヴェロシティですが、左の首のあたりにくぼみがありました。
これって何ですか?と市川厩務員に聞いたところ「いわおち」という筋肉のクボミだと教えてくれました。

「生まれつき、そういう馬がいるんです。
 このくらいなら競走能力にはまったく影響ありませんよ。」

なるほど。
毛づやがよくなればなるほど、このいわおちが目立つんですが、
やはりというか、ここ最近調子よさげなウインヴェロシティはさらにいわおちが目立っていたんですが…ね。
何度も言いますが、残念です。

ウインの引退馬は乗馬の世界で頑張っている馬も多いので、
ウインヴェロシティもその流れに乗って欲しいな、と思います。

| | コメント (1)


2010年8月24日 (火)

プール

1008196

暑いですね…

今日の午後、栗東は35度でした。
いったい、いつ涼しくなるのやら~

途方にくれつつも、まぁ永遠に続くわけもないのでもうちょっとだけ待ちましょ。

馬もプールを泳ぐんですよ~知ってました?
モデルさんはバトルバニヤンという馬で、今週の新潟記念に出走します。
バトルバニヤンがプールで泳ぐ写真をもっとみたい人はこちら!

実は彼には、長年好きな男がいまして…
ニュービギニングという馬なんですけど…
その件については、書くと長くなるので今度にしますけど。

そのニュービギニングが明日か明後日くらいに栗東に帰ってくるんです。
まぁ、バトルバニヤンが知るわけがありませんけど(笑)

到着したら、すぐにわかると思います。
バトルバニヤンはすごく匂いに敏感なんですよ~。
だから、ニュービギの匂いがわからないわけがないんです(笑)。

| | コメント (2)


2010年8月 5日 (木)

馬も大変

100805

おはようございます。

今朝の栗東も暑かったぁ。
朝いちばんの午前5時はまだマシなんだけど、
午前8時くらいになるとかな~り暑くなります。

馬もダルそう(苦笑)

写真はキャプテンベガ。
この方、お坊ちゃまで根性というものがあまりありません(泣)
かつてはクラシックを熱望されたSS×ベガ。
そろそろやる気が出てくれるといいんですけど…一発、ないかな(苦笑)

今週は関屋記念に出走。
新潟で少しは変わってちょうだい……




| | コメント (9)


2010年8月 2日 (月)

光(タキオン)より速い者はいるのだろうか――? ~ アグネスタキオン・長浜師インタビュー

2

アグネスタキオンについて、クラシック前に長浜師にインタビュー。これを聞いたとき、まさかダービーに出れないとは思いませんでした。(掲載 競馬フォーラム)

光(タキオン)より速い者はいるのだろうか――?

今年の皐月賞、主役は間違いなくアグネスタキオンだ。競馬関係者の誰もを納得させるほどの強さ。まだGⅠひとつ獲っていないのに早くも〝三冠〟〝史上最強馬〟の呼び声がかかるあたり、タダモノではない。その評価の高さは周囲だけでなく、長浜師本人に〝三冠〟を口にさせてしまうほどである。

「ラジオたんぱ賞(昨年12月23日)を終わってすぐ、『タキオンは三冠を意識させる馬』と公言してきました。厩舎を開業して14年になりますが、〝三冠〟という言葉を口にしたのはもちろんタキオンが初めてです。

 何故、そこまで言い切れるかといえば、タキオンという馬はレースに関することでのプレッシャーを全く感じさせないからです。持っているもの、天性の素質の違いを感じます。同じレースを使ってきた関係者の方に申し訳ないけれど、他の馬と一緒に競馬をしている感じがしない。タキオンが1頭だけで走っているように見えます。」

 プロ中のプロである長浜師をそこまで納得させてしまうタキオン。牧場時代からひと際目立つ存在だったというから、まさに超エリートコースを驀進中である。

「心配なのは脚元です。あの血統は兄弟全員脚元が弱い。だから、それさえクリアされれば馬に対して我々が感じるプレッシャーは何にもないんですよ。

でも、プレッシャーがある程度あったほうが緊張感があっていい。だったら、自分たち自身にプレッシャーをかけるにはどうするか――。それがあえて『三冠』を口にすることだったんです。」

アグネスゴールドがきさらぎ賞Sを優勝。そこで下したメンバー、そして今年の3歳馬たちの面々を見渡したとき、ゴールドを基準に力関係を考えるとタキオンがケタ違いに強いことを実感したという。

「実際に三冠を獲れる、獲れないは別にして、『三冠を獲れる可能性がある馬』だと言いました。そして、最初にそう言った後も実際に今までタキオンとゴールドは同世代の馬たちを負かしてきた。

2頭比べると、ゴールドは後方策一辺倒。去年、それでもフライトはダービーを勝ちましたけど、展開や頭数に左右されやすいですからね。

それに比べるとタキオンはレースに自在性がある。行こうと思えば行けるし、終いも切れる。そうなると、クラシックで三冠を狙うにはタキオンのほうが有利です。」

 しかも、弥生賞であれだけの道悪もこなしたのだから、最初に三冠発言をした時より、その自信は深まる一方だろう。

「そうですね。時々、フォームを崩したりして決して道悪が上手い訳ではありませんが、実際に勝ちましたからね。僕は道悪、頭数、展開などに左右されるようでは真のオープン馬ではないと思ってますが、その点、タキオンはそれをすべてクリアしています。

この馬の場合、どこがどう強いの問題じゃないんです。」

 これほど文句のつけるところのないタキオンだけに、早くも皐月賞、日本ダービー、菊花賞の先をも考えても不思議ないだろうと海外遠征について聞いてみた。すると、まず「もちろん考えます」という想像どおりの答えの後、意外な台詞が返ってきた。

「しかしね、せっかく日本にスターホースが誕生したらその馬は日本で活躍させたいと思うんですよ。今、日本競馬は数年に渡って売上が下がり、明らかに苦しいという現実があります。だからこそ、このままではいけない。スターホース同士の対決を日本の競馬の中でファンの方にお見せして、少しでも事態を改善できたらと思うんです。」

 弥生賞では場内に〝タキオンコール〟が響き渡った。まさにあれこそ、スターホース誕生の瞬間であった。そして、その声をかけたファンたちは心の中でスター同士の戦いを切に望んでいる。気が早い話がタキオンに望んでいるのは三冠以上に今の日本競馬界における孤高の帝王・テイエムオペラオーとの対決である。

「テイエムオペラオーは強い。関係者も努力されてるし、あそこまで勝ち続けたんだと思うけど、関心ばっかりはしていられんしね。」

物理的に可能なのは今年の宝塚記念。だが、さすがにそこでタキオンとの対決なさそう。

「さすがにまだタキオンは子供です。その前にまずフライトにテイエムオペラオーを倒してもらいたい。できることなら、テイエムオペラオーを一番最初に負かす馬になって欲しい。」

 ラジオたんぱ賞くらいまではタキオンが「ダービー馬・アグネスフライトの弟」と呼ばれていた。が、今ではまだ実際にGⅠひとつ手にしていないにもかかわらず、フライトのほが「タキオンの兄」と言われてしまっている。

「それについては、私も納得してしまう。それだけ、タキオンには弱点がないし、力強さがある。しかし、その反面ジレンマも感じているんです。実際にGⅠを、ダービーを勝ったのはフライトのほうなのだから。それを思うと一層、兄のメンツをかけてなんとかテイエムに勝たなきゃいかんな、と思うんです。」

取材中、厩舎で隣に並ぶフライトとタキオンを見せて頂いた。タキオンのほうがひとつ若いだけあってヤンチャである。顔つきなどは毛色も同じ全兄弟だけあってよく似ていた。

「確かに外見はよく似ている兄弟です。フライトのほうがきれいな明るい栗毛で、タキオンのほうが光沢はあるけどちょっと濃い栗色をしています。体つきはタキオンはまだ成長途上。フライトはきれいなスッとした馬だから、見た目の厚みや力強さがもっとついて欲しいですね。まだまだトモにも筋肉がつくはずです。

ですが、性格は結構違いますね。タキオンは普段はいろいろうるさい面があるけど、競馬に行ったら堂々としている。その点、フライトは普段でもおとなしい。」

 そう言いながらしばらくタキオンとフライトの様子を見せて頂いたが…。2頭並ぶと明らかにタキオンのほうが目立っていた。フライトが品よく大人しくしているのに対し、タキオンの態度は何一つとっても実に威風堂々としているのだ。見ている側を威圧するパワーはタキオンが上をいくことは素人でもわかるほどだ。

「比べると明らかにタキオンのほうが力強いですね。レースぶりも気性も。フライトにはタキオンと足して2で割るくらいの力強さが欲しい。その力強さが完全に備わっていないフライトにはオペラオーは強敵かもしれませんね。」

 ちなみに、アグネスフライトの体は古馬になってからの成長は「あまり変わってない」とのこと。

「デビュー当時から体はよかった馬なので、走るたびに変わった印象は少ない。脚質的にもあまり変化がない。最近は前で競馬をするように心がけているし、調教でもそのように仕向けている。今までのような追い込み一辺倒のレースパターンでは展開にかなり左右される。それがうまくいけばタキオンのようにスッと行きたい時に切れる脚を使えるようになるかな、と思う。」

 そういった兄の成長ぶりを聞くにつけ、まだ体も成長しきっていないタキオンには限りない可能性があるようにしか思えない。そう言うと、長浜師はニッコリと余裕の微笑みを見せた。

「なのに、タキオンは現時点でフライトに課せられた課題をクリアしているんですよ。」

 クローズアップすればするほど、強さしか見えてこないアグネスタキオン。となると、最後の興味はやはり兄弟対決か!?

「いやいや。その前にまず、フライトがテイエムオペラオーを倒さないことにはね。そうなった次の段階で〝兄弟対決〟ですよ。夏をどう過ごすかとか、順調に春を過ごし切れた時の課題はたくさんありますから。

 とにかく脚元を無事に春競馬を乗り切りたい。タキオンへの課題はそれに尽きます。」

| | コメント (3)


2010年7月30日 (金)

アグネスタキオンと思い出のデジタル化

先日のブログにコメント、メール、Twitterなどたくさんの熱い感想をいただきました。ありがとうございます!

いただいたコメントにもありましたが、アグネスタキオンは選りすぐりの名馬ですよね。この素直でドッシリと落ち着いた顔、ホントにいいでしょ?

栗東でも中山の出張馬房でも実に落ち着いていて、頼もしい男でした。わたしもあやかりたい。

皐月賞優勝時にレース後、ギャロップ大塚と一緒に中山の出張厩舎で記念撮影した写真、どこへ行ったかな(苦笑)。

しかし、こうやって20年の歴史の中の思い出を振り返るだけでかなりのネタになりますね!最近、古い写真をスキャンしてデジタル化しながら整理しているんですけど、その作業の途中で思い出が溢れすぎて手が止まる、止まる(苦笑)!

開業当時から付き合いのある国枝厩舎の出世馬ブラックホークは「GIを勝つまで追いかけるぞ!」と全国行脚のたびについていったりしましたよ。中京にいったら名古屋コーチンづくしとか、よく食べた(笑)。で、結局GIを勝ったのは遠征先ではなく家から近い中山と東京、というオチ(苦笑)。

日本調教馬ではじめて海外GIを勝ったシーキングザパールとか、その次週に優勝したタイキシャトルとか。メジロライアン、メジロマックイーン、メジロモントレー、サクラローレル、グラスワンダーなどなど。
思い出のデジタル化は着々と進んでいるので、少しづつアップしていきますね。

| | コメント (3)


2010年7月26日 (月)

おかげさまで21年目。

Photo

今朝、すごく久しぶりに昔Numberで一緒にお仕事した方から連絡をもらいました。
Twitter経由で偶然コンタクトが取れるようになって、
「そのうち電話で連絡を取り合いましょう」
と言いつつ、お互い着アリだけど取れないことの繰り返しだったの。

だけど、今朝はホントに偶然、時間が合ったみたいで。
近況報告などし合いながら、しばし雑談。
相手「あれ?もう競馬の仕事、どのくらいやってるの?」
わたし「……21年目です(汗)」

(苦笑)

そう、わたしはこの7月でいわゆる競馬サークル入りして21年目を迎えましたm(_ _)m
向こう見ずなわたしは、ただただ"競馬が好き"というだけでこの世界へ飛び込み…
現在にいたる、というかんじです。
これまでホント、いろんな方々に支えられてエッチラホッチラここまできました。
ありがとうございます

中央競馬というのは毎週毎週レースが終わるとリセットされる世界で。
1週間ごとにアッという間に時間が流れ過ぎます。
これからは(苦笑)その波に呑まれずに、日々をコツコツと積み重ねられたら……いいなぁ(笑)

この写真はアグネスタキオン。
皐月賞で引退してしまったけれど、ひじょうに垢抜けた馬でした!
ひと目見たらまた目で追いたくなるようなかんじで…。

こういう名馬との出会いと別れを繰り返していると………20年なんてアッという間なんですよ(苦笑)

| | コメント (4)


2010年7月23日 (金)

チビッコ記者

あっづーーーーーい!!!
栗東はあいかわらず灼熱地獄であります。

すれ違った岩田Jは眉間に縦ジワを寄せながら

「熱中症になるで」

ホントニヨ!!

倒れない程度に頑張りマス

さて、昨日は嬉しい武豊騎手調教復帰のニュースが。
記者会見の様子は「競馬総合チャンネル」のコラムに
ヤマニンウイスカーと一緒の様子はLegend Stableのほうに書きました。ぜひぜひ、ごらんくださいませ。

F527D2AE-2560-4255-B765-C3FF0BC5AE3F

そして、その調教騎乗の直後に豊さん、敏腕記者の取材を受けていましたよ。
この方、とある調教助手さんの息子さん。夏休みの宿題の自由研究でトレセンの仕事を”取材”してました。
5分ほど、豊さんも丁寧に受け答えしていましたよ。復帰初の取材は、実は我々報道陣への受け答えではなくこのチビッコ記者さんへのインタビューだったのです。

記者「騎手になったきっかけはなんですか?」
豊J「オヤジかな」

などなど。記者さんは一生懸命えんぴつでノートに豊さんの言葉を書き留めていましたよ。実に微笑ましいシーンでありました!

それにしても、たまたま現れたその日に武豊騎手を取材できるなんて、この息子さんは天性の記者としての才能がありますね!
記者の才能って文章をいかにうまく表現するか、ということより、スクープの現場に出くわすかというほうが大きいですからね~。ホントにすごい。

このあと、実はわたしもこのチビッコ記者さんから逆取材されています。
記者「この仕事をして嬉しいことはなんですか?」
わたし「やっぱり取材した馬が勝つことかな。」

いい夏休みの経験ができたでしょうか?
わたしもわずかですがその力添えができて嬉しかったなぁ。

こんな経験、大人にはできない子供だけの特権。
いっぱい子供にしかできないことを経験して素敵な大人になって欲しいな、と思いました。

| | コメント (1)


2010年7月20日 (火)

ただいま。

Photo_2

Twitterのイベントや懇親会、東京での打ち合わせ、
そして8月下旬発売の本を書いていたりして……かなりバタバタしてましたよ。

でも、ようやく仕事と疲労がひと段落。すっごく久しぶりに厩舎に行きました~!

すっごく久しぶりと言っても、
先週の水曜日は大井競馬場でバーディバーディを見て話しているし、
その後も予想もしているし、競馬と離れたわけではないんですけどね。

やっぱり厩舎に行くとホッとするのね。
たった1週間、離れただけで「ひさしぶり」と言って貰えるのは
ホントにありがたいです。

話題の中心はもっぱら夏の出張での遊びの計画…ばかり。
わたしもだいぶ大人しくなったのでそうそう飲みにはいきませんが。
8月になったら、ちょっとくらいは遊ぼうかな。

さて。
ちょっと前の栗東は大雨続きで大変だったようだけれど、
いまはすごくとにかく暑くて暑くて…これこそ猛暑。
どの厩舎もみんな工夫して暑さをしのいでますよ。

写真の西園厩舎のように、扇風機にミストを送り込んでいる厩舎もあれば、
天井からミストを噴射している厩舎もあります。
もちろん、扇風機だけのところも結構多いですね。
美浦の国枝厩舎ではスダレをかけていましたけど…まだやっているのかな?


| | コメント (0)


2010年7月13日 (火)

明日は大井競馬場でジャパンダートダービー!

100624

明日14日はジャパンダートダービー(大井競馬場)ですよ~☆

バーディバーディが池江厩舎ラストダービーを賭けて戦いマス。
めっちゃ楽しみですわぁ。

「このあとは放牧に出て秋にそなえるよ」
と池江先生はその後のプランを教えてくれました。

大井からそのまま牧場へ直行するから、
栗東の馬房にはしばらく帰らないことになるのね。

……ちょっぴりさみしいな(苦笑)。

大井でその姿を見たらしばしお別れかぁ。
しっかりと力強い走りを見守りたいと思います!

馬券は…バーディ軸じゃつかないよね(苦笑)。

100713

| | コメント (3)


2010年7月12日 (月)

セレクトセール

結局、行かずに家で見てます。

昔は当歳馬のほうが見ごたえあったけれど、
最近は初日の1歳馬のほうが面白いですね~

こういうご時勢ですし、
リスクを回避するためにも1歳馬のほうが買いやすい、
という声はよく聞きますしね。

わたしは1歳馬の馬体を見て、
アレコレ評価するのはあまり好きじゃないんだけど…
それなりに思うところはやはりあるじゃないですか。
でも、セレクトはどれも立派な体ですごいなぁと目を丸くするばかりデス

| | コメント (0)


2010年7月11日 (日)

明日はセレクトセール

明日は北海道でセレクトセール。
すでに調教師の皆さんや関係者さんたちは大勢北海道へ向かっています。

今年はセリの値段があまり高くならないだろう、ともっぱらの評判です。
先日、参考価格を見せてもらったんですが、やっぱり安い。
牡馬でも1000万ちょっと出せば面白そうな馬が買えるのでは?
というかんじです。

調教師の方々に予算とか目ぼしい馬とか軽~く取材したところ、
予算は「2000万」「牡馬で1200万」「2500万」
と、例年よりリーズナブルな(といってもじゅうぶん高いけど)作戦を立てていましたよ。

POG目線での注目は、やはりノーザンファームのディープインパクト産駒。
一方、社台ファームのハーツクライ産駒かな。

わたしも行く予定だったんですが…急遽、微妙なかんじに。
どうしましょうかね。

まぁ基本、いきあたりばったりの人なので…直前まで悩むことにします。

| | コメント (0)


2010年7月 3日 (土)

いい時代を共有できたという財産

トゥザグローリー

トゥザグローリー、福島に無事到着したようですね。
市川きゅう務員が写真を送ってくれましたよ。
市川さん、ありがとうございます!

トゥザグローリーは精神面がひじょうにタフ!
オンとオフの切り替えがひじょうにじょうずな馬なのです。
なので、長距離輸送のあいだも変に力を使いません。
賢いなぁ〜。

明日のトゥザグローリーの走りは、トゥザ自身も一番人気を背負っていますが、もうひとつ池江先生の史上4人目のJRA全10場重賞制覇という記録もかかっています!
この記録は長い歴史がなければなし得ないものですよね。
どれだけこの厩舎に競馬を楽しませてもらったことか、と思い出すだけで記憶が鮮明に蘇り、心が躍ります。
明日達成できたら嬉しいなぁ。
めっちゃめちゃ楽しみにしています!


それから、先日このブログに角居厩舎の松田くんの話を書きましたが、函館にいる本人それを見てくれたようでお礼の電話がかかってきましたよ。
Thank you!! 松田☆

今日、角居厩舎は函館で2頭使っているんですが、どちらも勝てず、特に2Rのサザンクロスレディが1番人気を背負ったのに勝てなかったことを嘆いていました。
でも、まぁそんな日もあるよ。としばし雑談。

松田くんはヴィクトワールピサを担当してますが、昔は森厩舎の一員として活躍していた時代もありましたっけ。そんな話をしていました。ホントいい時代でした。


ついさっき、オグリキャップが亡くなったことを知りました。時は常に流れます。だからこそ、いい時代を共有できた。というのは、すごく貴重な財産ですよね。
そんなことをシミジミと思わせてくれるそんな一日でありました。


| | コメント (1)


2010年7月 2日 (金)

ヴィクトワールピサと凱旋門賞 頑張れ、松田

Vpisa

ヴィクトワールピサをはじめ、
今年はたくさんの日本馬が凱旋門賞に登録していますね。

ヴィクトワールピサをてがける松田くん(写真左)も
かなり意気込んでいましたよ!

彼はやるときはやりますからね。楽しみです。

凱旋門賞までのプランは厩舎サイドが発表しているとおり。
いまは宮城県の山元トレセンで静養中ですが、
その後、ディープインパクトと同じように美浦での出国検疫を経て
8月13日に成田からフランスへ向かいます。

前哨戦は9月12日のニエユ賞(ロンシャン競馬場)。
10月3日の凱旋門賞本番に挑んだあとは帰国しJCに向かう模様です。

ディープインパクトのときは美浦での調教取材はもちろん、
成田までお見送りにいきましたっけ。

そういえばあの美浦滞在でディープインパクトの池江敏行助手や
ガルボの清水英調教師らと一緒に盆踊り見ながらビールの見ましたゎ。

楽しかったなぁ。懐かしい!!

そして、今。

あのときに成田からディープを乗せた飛行機が飛び立つ瞬間の動画を送り、
「一生の宝物にします!」と言ってくれた構成作家のKさんは急逝され、、
ディープインパクトの子供たちも続々とデビューしています。

時間は大切に過ごさなくてはね。

そして。
頑張れヴィクトワールピサ!
頑張れ、松田!!

| | コメント (0)


2010年7月 1日 (木)

今朝のブエナビスタ

1007011

今朝のブエナビスタです。

変わりありません。

近々、ノーザンファーム早来へ放牧に出る予定です。

| | コメント (2)


2010年6月28日 (月)

宝塚記念 ~ 省エネゆえに惜敗したブエナビスタ

1006271_2

宝塚記念を終えて…

ちょっと拍子抜けしちゃった、というのが本音です。
ブエナビスタが抜け出したものの、1頭出たら息を抜いてしまう。
そこをやや離れた外からナカヤマフェスタが強襲…!

ブエナビスタは最近"省エネ馬"になっていて、ゴール前でも1頭になると気を抜いてしまいます。
それが見事に裏目に出た格好になりました。
ほんと、大崩れはない馬だけど、そんな弱点があからさまになってしまった以上、
ブエナはこれを修正するか、それでも勝つように乗るのか、
とにかく何かをしていく必要があるのでしょうね。

わたしはそれでも、そんなブエナが大好きなんですが…。
とにかく、おつかれさまでした!

Photo

勝ったのは、よしとみさん。
柴田善臣騎手であります。

ほんと気さくで飾り気のないマイペースな方で常識人。
大好きな騎手ですし、今回はファインプレー。
でも、ブエナが負かされたのはちょっと悔しい。

100627_2

そして、ナカヤマフェスタ。
オーナーは長~い馬主歴の中で初のGI制覇だったそうですね。
宝塚歌劇が大好きだったという前馬主であり亡くなった娘さんが
後押ししてくれたのでは?という話(こちらで読めます)には泣きました…。

100627

イコピコもおつかれさま!
たてがみを丁寧に編んでいた姿がかわいらしかったな。
こちらはサマー2000シリーズですね。

100627_3

そして、アーネストリー。
まずは函館へ移動かな?
札幌記念、秋の天皇賞でどれだけ完成に近づくのか、期待しています。


| | コメント (5)


2010年6月28日 (月)

フォゲ おつかれさま

1006271

宝塚記念が終わりました…。

フォゲッタブルは10着でしたね。
おつかれさまでした!

このあとはお休みかな?
秋の長距離戦線での活躍に期待しています!!

| | コメント (0)


2010年6月26日 (土)

宝塚記念

100623

明日はいよいよ宝塚記念です。

ブエナビスタさまは、少々調子が悪かろうがキッチリ結果を出してくるデキル女です。
今回のように調子が整っていれば、まぁ…大きく崩れる可能性は低いでしょう。

問題は相手さがし!
その筆頭にあげたいのはアーネストリー。

100624

佐々木師はすでに世界遠征を頭に入れているほどの器。
とはいえ、「今回は通過点」(佐々木師)としているのが気になる…。

そして、イコピコ。

100624_2

きっちり間に合わせてきたな、という印象です。
しかし、このイコピコ。態度がどんどん尊大になっていきますね…内弁慶?

結果次第ではサマー2000シリーズに向かう予定。
アドマイヤメジャーと対決ですかね!?

そして、フォゲッタブル!

1006231

ブエナビスタはさておき、他メンバーとは実力差はないとみています。
しかも今日、土曜日のお天気はめっちゃめちゃ雨!
これは時計のかかって欲しいフォゲッタブルにはありがたい天の恵みですよ。

ちなみにこれ、マッサージ中にムダに動いて市川厩務員におこられている図です。
かわいいでしょ(笑)。

| | コメント (1)


2010年6月21日 (月)

アヴェンチュラ

1006201

20日、新馬勝ちしたアヴェンチュラです。
結果論ですけど、ひじょうに余裕のある勝ち方でした。強い!

福永騎手のコメントです。
「いい遊びがあります。オンとオフの切り替えが上手な馬ですし、まだまだ良くなると思いますよ。距離は延びた方が良さそうですね。」

角居調教師は
「まずはひとつ勝ててよかった。これでお休みできますね」
と、ローテーションに余裕ができたことを喜んでいましたよ。
このあとは北海道へ向かうそうです。

| | コメント (3)


2010年6月21日 (月)

リルダヴァル近況

20100620131018

リルダヴァルの写真を送っていただきました!
ありがとう~☆

もう1枚と最近の様子は Legend-Stable のほうに載せてありますんで、ぜひ見て下さいね。

| | コメント (0)


2010年6月11日 (金)

昨日は市川さんと飲み会でした!

Img_0534

昨日はフォゲッタブルとトゥザグローリーを担当している
市川明彦厩務員夫妻と飲み会でした!

ディープインパクトで有名な市川さんには
ほんとーーーーーーーーーーーにいつもお世話になりっぱなし。

先日もダービー出走のためにトゥザグローリーとリルダヴァルらを乗せた馬運車が
栗東トレセンを出発したときに「出発したよメール」を送ってくださるなど、
いつもいつも取材で全面的に協力してくださいます。

でも、なぜか今まで市川さんと飲む機会がなかったんですよ。

というわけで、不思議な初のみでした。
楽しかった~☆

結局、市川さんちに泊めていただいて。
仕事柄、早起きの市川さんは先に寝てしまい
わたしはヨメと布団でじゃれてました(笑)

Img_0531

先付

Img_0532

まこもだけ

Img_0535

たまねぎのなんだっけ?

| | コメント (2)


2010年6月 1日 (火)

宮本厩舎におじゃましました!

今日は宮本厩舎におじゃましました~☆

その様子が、あの有名ブログ「しろうと女房の厩舎日記」に載ってます。
リンクはこちら!

インタビューのあいだ、奥さまがずっと近くにいらしたのですが、
宮本先生が奥さまにちょっとした過去のできごとの確認を求めたり、
奥さまが宮本先生に「こんなこともあったじゃない」と助言されたりと
すご~く仲睦まじいご夫婦でした。

信頼しあってるよきパートナーなんだなぁ、と見ていて心がホッコリしました。

そのあと、お友達の☆ちゃんとミナクサでランチ。
彼女は11月22日にわたしが紹介した友達と結婚するんですよ。

「日取りは、いい夫婦の日にしました!」

と☆ちゃん。
わたしが紹介したもの同士がくっついて、結婚することはよくあるので、
キューピットとしてはこういう報告を聞くとほど嬉しいことはありません。

パートナーっていいもんですね。

| | コメント (3)


2010年5月29日 (土)

本日、午後6時30分すぎにラジオ出演

1005281_4

 トゥザグローリー(写真)もリルダヴァルも
東京競馬場につきました。
出迎え取材の様子は「池江泰郎厩舎 カウントダウンブログ」をみてね。

それにしても…さむいっ!!
雨も降りそうだし、季節が急に逆戻りしたかんじがします。

でも、せっかくだからダービーは雨が上がってほしいな。

それから、おしらせ。
本日、午後6時30分すぎに久々にラジオ日本に出演します。
内藤アナと一緒に日本ダービーを予想をしますよ☆

関東地方の皆さん、ぜひお耳でお会いしましょう!

| | コメント (1)


2010年5月29日 (土)

いよいよ明日は日本ダービー!

Photo

とうとう、明日は2010年日本ダービー。

毎年、この時期になると自然と気持ちが高ぶります。
その一方で、ちゃんと仕事を消化しないと!という冷静な自分もいます。

今年のダービーは池江先生公認で池江厩舎のカウントダウンブログをやらせていただいている手前、池江厩舎から出走するリルダヴァル(写真上)とトゥザグローリー(写真下)への思い入れもひとしおです。

2頭とも入厩当初からたくさん取材をさせていただきました。毎日の様子は「池江厩舎のカウントダウン ブログ」からごらんください。2頭ともキッチリ、ダービーをピークに仕上がりました。着をとりにいく競馬ではなく、果敢に勝ちに行く競馬をしてくることでしょう。2頭とも秋以降にもっともっとよくなるはずですが、現時点では最高に仕上げていますよ。

ちょうど今頃、リルダヴァルとトゥザグローリーは東京競馬場へ向けて出発しているはずです。これら一連の企画を池江先生に承諾していただくとき、「ファンの方に夢を与えてね」と言われました。そして厩舎スタッフの皆さんも忙しい中、度重なる取材に応じて下さっているおかげで記事を書けています。(ありがとうございます。)ダービーが終わるまで、池江先生に言われた言葉を胸に取材に努めたいと思います。

一方、わたしはお金をいただいて予想をするという立場でもあるので…予想はあくまでも予想。冷静につけました。本命はルーラーシップ。この馬の上積みに賭けます。(予想はiza!ブログをごらんください)

「リルダヴァルとトゥザグローリー ダービーまでの道」はまだ未完です。ダービーが終わるまでを粒さに書いていけたらと思っています。ダービー出走までに全部書き上げられなくてごめんね。リルとトゥザの話はまだまだ続きますので、こちらはマイペースでお付き合いくださいm(_ _)m

PC1 PC2 PC3 PC4 

携帯1 携帯2 携帯3 携帯4

では、いってまいります。

1005282


| | コメント (1)


2010年5月29日 (土)

日本ダービー 池江厩舎のコメントをまとめました。

池江調教師、池江厩舎スタッフ、福永祐一騎手のコメントをまとめました。

Ikee100526

 

池江泰郎調教師

「最後のダービー、2頭とも間に合って喜んでいます。水曜の追い切りをこの2頭の組み合わせにするのは当日の朝に決めまし た。リルダヴァルはすごく調教は走る馬ですから、トゥザグローリーがリルダヴァルの胸を借りました。トゥザグローリーにとっては、それまでにない時計を出 しています。さらなる状態アップとみていいでしょう。リルダヴァルは今回が一番いいんじゃないですか。
 これまで、もう必死で馬も人も全力投球で やってきましたからね。これが終わるとわたしのダービーはもう二度とないのでね、悔いのないように戦えたら、と思いますよ。応援よろしくお願いします。」

Tothe100423

市川明彦厩務員(トゥザグローリー担当)
「馬体はここ2週間でそれまで立って手入れしていたのが背伸びしなければならないくらい背丈も成長 しているので、前走と比べて馬体重の変動以上に筋肉は引き締まっています。精神面がひじょうに強くタフで、ディープインパクト以来の手ごたえを感じます。 僕の厩務員人生の集大成といえる馬でダービーに出走できるのは嬉しいですね。」

100519

池江敏行調教助手(トゥザグローリー担当)
「調教は親方の指示どおりに乗れたと思います。なかなか体を絞りにくい馬なので、なるべく汗をか くように遅い時間に調教していました。ひと追いごとに徐々によくなっていますね。伸びしろはまだあるし、上積みは十分見込めます。秋以降はもっとよくなる と思いますが、現時点ではこれがベストといえる状態ですよ。」

Photo_3

片山裕也調教助手(リルダヴァル担当)
「半年の骨折休養後、春の目標はダービーに出ることだったので運よく出走できてよかったです。毎日杯 から中2週と常識的にはキツいローテーションが続きましたが、NHKマイルC以上に状態は上向いています。皐月、NHKはそれぞれベストを尽くしました が、結果的にはあのGI戦が調教がわりになったように思います。出るからには勝つ気持ちで仕上げました。持ち乗りになって初めてのダービーですし楽しみで す。」

Photo_4

福永祐一騎手(リルダヴァルに騎乗)
「NHKマイルCから下降線をたどるのかと思っていたら、逆によくなっていますね。今回の追い切りはこ れまでまたがった中で一番躍動感がありました。どうなるかわからないけれど、GIは1着にならないとやっている意味が無い。スタートもいいので出たとこで 折り合いをつけて最後どれだけ伸ばせるか、というイメージを持っています。
 具体的な作戦?いや、ダービーはそこまで細かいことを考えたらイカン 気がする。どれだけ自分の馬の力を信じて乗れるか、だと思います。」

村本善之調教助手(元騎手)
「ダービーは競馬の祭典。池江厩舎がはじめてダービーに参戦したヤマニンアーデンに乗っていたが、あの馬はもう ちょっと距離が短いほうがいい馬で相手にならなかった…。あれから23年、池江厩舎もいよいよこれが最後のダービーになる。リルダヴァルとトゥザグロー リー、2頭とも間に合って本当によかったよ。」

※詳細や続報は「池江厩舎 カウントダウンブログ」をごらんください。


| | コメント (0)


2010年5月27日 (木)

ダービーの本命、決めました!

100527

迷っていたけど、今朝の取材で決めました。

ルーラーシップです!

| | コメント (2)


2010年5月26日 (水)

國廣陽子ちゃんの写真展!

Kunihiro

馬の愛らしい表情をとらえるのがめっちゃめちゃ得意な写真家・國廣陽子さんの写真展が今日から新橋 Gate J Tokyoで開催されています。

上の写真でこちらを向いているのはウオッカ。
優駿の表紙のアパパネの写真も目がクリッとしていて愛らしかった!

彼女の写真は、美しいだけじゃなくて、温かくてホッとさせられるんです。

そして、彼女自身もひたむきですごく頑張り屋さん。大好きです。

陽子ちゃん、これからも頑張ってね。ていうか、体壊さないように。応援してます。

國廣陽子さんのブログはこちら!

| | コメント (1)


2010年5月26日 (水)

正直、ダービーの印をつけたくない。

Ikee100526

今朝、池江先生のトゥザグローリーとリルダヴァルについて
インタビューしながら、その熱い言葉にウルッときてしまった花岡です。。

※そのインタビューの様子はこちらです。

「みんな"最後、最後"というからね。
俺が走るんじゃないのに、熱くなっちゃったよ」

なんて、インタビューを終えた池江先生が清清しい笑顔を見せる。。。

もう、気持ちは

◎リルダヴァル

100526

◎トゥザグローリー

1005262

です!

でも…、常識的にはどーみてもヴィクワールピサの完成度が高いし、
美浦のペルーサの上積みも恐ろしいし、
マツクニローテで挑むダノンシャンティは強すぎる。。。
ヒルノダムールも成長しているし、
ルーラーシップは調子を上げているワケですよぉ

うーん、困りました。
てか、正直。今年のダービーは印をつけたくありません。

いま、池江先生公認で池江厩舎のカウントダウンブログをやらせていただいたり、
これまでの歴史を振り返る「Legend Stable 池江厩舎の軌跡」を書かせていただいて
いるじゃないですか。
これをきっかけに、厩舎スタッフの方々に頻繁に話を聞いていることもあり、
池江厩舎の馬への思い入れが強くなっているし、
実際、トゥザもリル、2頭ともすごくよくなっている。

今朝はトゥザグローリーの市川厩務員とリルダヴァルの片山助手と一緒に
追い切りを見ていたんですが…。

………ド迫力!!

トゥザは520キロの大きな体をいかしたさらにパワーアップした力強い走り、
リルは2歳時を彷彿させる素軽い動きでここにきて再びパンとしてきた印象さえあります。

でも、やっぱり皐月賞の強さを考えるとヴィクトワールピサに◎をつけるべきかな…

という競馬予想家としての常識的な気持ちもあります。

ダービーがものすごく待ち遠しい反面、
印をつけるのが本当にイヤになってきました(苦笑)

| | コメント (1)


2010年5月23日 (日)

アパパネおめでとう☆

Apapanechan

オークスはアパパネとサンテミリオンの同着優勝。

何回も写真を引き伸ばして引き伸ばしてみたけれど、
その差はなかったようですね。

両方とも関東馬ですが、アパパネは栗東にも二度もきていたし、
担当の福田調教厩務員は長い長いお友達、
国枝先生にも開業当時からお世話になりっぱなしなので嬉しい限りです。

おめでとうございます!

ちなみにアパパネ陣営、最初は負けたと思って2着の枠場に入ろうとしましたが、
経験豊かな某助手が「大丈夫、1着だよ」と1着の枠場へ誘導したそうですよ。

ちなみに、今日の東京の馬場は内側3、4頭分があまりよくなかったそうです。

「それでも、全体的にはまだ馬場はいいほうですよ。
 アパパネは桜花賞のときとは違ってムキムキしたかんじがなくなってきたけど、
 その分距離が持ちそうな体になっていましたからね。
 今日は落ち着きもあって状態もよかった。
 自分の力をしっかり出してくれました。
 レース後の状態も変わりないですよ。大丈夫です。」(福田調教厩務員)

秋、また栗東にきてくれるといいな。

とにかく、今日はおめでとうございました~☆

| | コメント (2)


2010年5月23日 (日)

心霊写真じゃないですよ!

1005222

昨日は京都競馬に行ってきました。

池江厩舎の馬が4頭出ていたんだけど、
どれか1頭くらい勝つかな?
と思って応援に行ったのです。

惜しい競馬が続いたあと、
勝ったのはリアルプリンス

優勝後、かけつけたらこんな写真が撮れました。

馬の右側にいる物体(!)は岩田騎手。
シュタッと忍者のように馬から下りてました(笑)。

うちのカメラ(Lumix G1)は少々条件が悪くてもシャッターを押せてしまうので
一部の動きだけが図抜けて速いとこんな写真が撮れてしまいます。

普通に馬を撮っていても脚が1本だけ写ってない(動きが速すぎて)なんてザラだもの。

心霊写真じゃないですよ!

| | コメント (1)


2010年5月22日 (土)

フジとサクラ

Photo

意図したわけではないのに、本命対抗が"フジ"と"サクラ"になりました。
先日、Twitterで偶然拝見した写真を思い出し、すごくご縁を感じました。

予想はiza!ブログ「ねぇさんのロマうま」をご覧くださ い!

撮影された@katsu325さんのお写真はこちら!
http://twitpic.com/1osjfj

美しい写真がたくさんあります

| | コメント (0)


2010年5月21日 (金)

オークスの本命

1005201

オークスの本命馬は取材した関西馬の中から決めました。

今週の競馬総合チャンネルで書いたとおり、
取材した中でもこの3頭のどれにするか、すごく迷いました。

オウケンサクラ、ショウリュウムーン、そしてシンメイフジ。

はじめはオウケンサクラを本命にするつもりだったんです。
そのタフな気性は絶対に2400が合うし、血統も魅力だったから。

ショウリュウムーンも捨てがたく、困るに困った。
馬なりで迫力満点の追い切りを見せていて、めっちゃいいかんじ。

でも、追い切りで思わず他の手をとめて見入ってしまったのはシンメイフジ。
その抜群の動きを見て、すぐさま乗っていた岩田騎手の話を聞きにいき、
さらに厩舎へ取材に駆けつけましたよ。

馬房にいたシンメイフジは実に大人しく、人懐こくて可愛いの。
クイクイと甘えて近寄ってくるシンメイフジの首筋を撫でたら…うわっカシミヤの肌触り。

「100のデキだと思っていた桜花賞は、今思えば80だった」
と担当の佐藤助手もかなりの手ごたえを感じている様子でした。

これはいい。
ひじょうに落ち着きもあるし、この性格なら2400は大丈夫そう。
というわけで、あの縁起のいい白毛馬ホワイトベッセルと同じ馬房に住む彼女に本命を託すことに決めました!

予想はiza!ブログ「ねぇさんのロマうま」をご覧ください!

1005202

| | コメント (2)


2010年5月20日 (木)

勝ったと思った

10519

100519_2

今朝の栗東は小雨だったのですが、
ブエナビスタ(写真上)もヒカルアマランサス(写真下)も"いつもどおり"運動してました。

"いつもどおり"を繰り返せることが、実はすごく大事だしイイコトなんですよね。
その積み重ねを超えた先に競馬があるのですから。

ちなみに結果としてヴィクトリアマイルで1、2着となった2頭ですが、
レース中はちょっとしたエピソードがありました。

ブエナビスタを担当している山口厩務員とヒカルアマランサスを持ち乗りする川辺助手。
この2人は旧知の仲で、ともにゲートへ行っていた都合で2人一緒に移動するバスでは隣同士に座り、テレビでヴィクトリアマイルを観戦していました。

直線。一瞬、ヒカルアマランサスの勢いが止まった?
と思いきや、馬群の真ん真ん中で再び"グイッ"とバネを利かせて鋭く伸びだし…。
しかも、まわりにヒカル以上に勢いのある馬の姿は見えない。

「ヤッタ!!」

川辺助手は思わず隣の山口厩務員に抱きつき、グイグイと伸びるヒカルの脚色を見守ったそうです。
しかし、そこへ外から突っ込むのは山口厩務員のブエナビスタ。

「え…?エーーー??」

ゴールの瞬間、テレビにはヒカルアマランサスが明らかに優勢に映り、周囲は川辺助手に「おめでとう」の嵐。
ブエナビスタの山口厩務員でさえも「ブエナはハナ負けした」と思ったそうです。

しかし…。
バスを降りて、川辺助手がどっちが勝ったかをJRAの方に確認すると
「ブエナビスタ」
という返事。

「ヌカ喜びだったなぁ。シューっと気持ちが覚めたよ。
 血圧が300から100に落ちた気分(苦笑)」(川辺助手)

テレビカメラの映す角度によって、かなり見え方が違うとはいえ…すごく罪作りな映像ですよね(苦笑)。

終わってみればブエナビスタが精神力で克服した勝利でした。

「まぁ、あの馬に負けたなら仕方ない。ヒカルはよく頑張った。」(川辺助手)
「ヒカルの勢いは凄かった。それをかわしたブエナビスタの精神力は本当にたいしたものだ。」(山口厩務員)

ライバルと愛馬を称えあう川辺助手と山口厩務員。
もしも2頭同着でも喜びを分け合ったに違いないな、と思わせるふたりでありました。

| | コメント (1)


2010年5月20日 (木)

可愛い!

100519

可愛い!

と感じさせるモノは見ているだけで心が和みますよね。

ダービー出走予定のレーヴドリアン、

芦毛というだけで可愛いのに、
シャワーを浴びたあとにプルプルと露をはらう仕草が…

めちゃめちゃ可愛い!

癒しショットです~

| | コメント (1)


2010年5月18日 (火)

さくらとサクラ

2

プロゴルファーの横峯さくらさんが宮崎県の口蹄疫被害に対して1200万円を寄付した、というニュースを聞きました。

中小企業診断士えんさんのブログによると、横峯さんは同スコアのライバルが決めたパーパットを素直に称えるほどのお人よしだそうですね。

それを聞いて、彼女がすごく好きになりました。
これからゴルフ中継を見るのが楽しみです。
めちゃめちゃ彼女に親近感が沸くだろうなぁ。

そして、競馬のサクラさまも大好きです。

今週はオークス。
わたしはオウケンサクラを本命に推す予定。
彼女はまだ若いからか気分屋な面もあるけれど、
少々のことではへこたれない”いい根性”の持ち主です。
レースでも決して自分に有利な流れではなくても、走りぬく強さ。

ほんとうにタフ!

レースも世の中も理不尽なことっていっぱいあるじゃないですか。
でも、サクラはそれを乗り越え、
相手を蹴落とすのではなく自分の力で結果を出すのです。

さくらとサクラ、
その心の強さには感服します。

追伸)
サクラさまを撫でていると不思議と気持ちも落ち着きます。
うまくいえないけど、なんだろうね。この安心感は。。

| | コメント (3)


2010年5月17日 (月)

2010年 日本ダービー出走ボーダーライン(5月17日現在)

日本ダービーの出走ボーダー、今年は例年になく下がりそうです。

皐月賞1着 ヴィクトワールピサ 角居
皐月賞2着 ヒルノダムール   昆
皐月賞3着 エイシンフラッシュ 藤原英
皐月賞4着 ローズキングダム 橋口
青葉賞1着 ペルーサ      藤沢和
青葉賞2着 トゥザグローリー  池江郎
プリンシパル1 ルーラーシップ   角居
7750万 ダノンシャンティ  松田国
4200万 ゲシュタルト     長浜
3900万 アリゼオ       堀
3600万 サンライズプリンス 音無
3300万 ハンソデバンド   尾形
2950万 コスモファントム  宮
2800万 サンディエゴシチー 作田
2000万 シャイン      川村
1850万 トーセンアレス   鈴木康
1700万 レーヴドリアン   松田博
1200万 リルダヴァル    池江郎
 900万 トウカイメロディ  後藤
 900万 ビートブラック   中村
 900万 メイショウウズシオ 飯田明
 400万 タニノエポット   村山

※5月17日現在、900万の馬から1頭抽選で出走が可能です。

ただし、来週の昇竜Sの優勝馬には収得賞金950万が加算されるので、その馬の動向によってはボーダーが引き上がります。

※トゥザグローリーは戸崎圭太騎手に決まりました。

※リルダヴァルが日本ダービーへ出走できる!という話をしたときの池江師の反応は「Legend Stable 池江泰郎厩舎カウントダウンブログ」をお読みください。

| | コメント (0)


2010年5月17日 (月)

言霊

Img_0389
オカルト大好きな花岡です。

先週の金曜日のこと、
ヒカルアマランサスちゃんの前にいたら、池江先生がニコニコしながらやってきて
「ビックリさせてみようか!」
というのです。
ヒカルちゃんは二日後の日曜日、ヴィクトリアマイルで人気実力ともに安定上位のブエナビスタとレッドディザイアを相手に戦うことになっていたのですが、戦前の評価はこの2頭に割って入るのは難しいのでは?というものだったのです。

でも、池江先生は違うんですよね。
たしかにヒカルちゃんの体調はよかった。(当日はマイナス体重だったけれど、栗東にいる段階ではカイバもよく食べていたんですよ!)
だからこそ、相手が強いのは重々承知の上で"諦めない"。
「競馬だからね、自分の今できることを精一杯やれば何が起こるかわからないよ。」

そして、日曜日。
ヒカルアマランサスはゴール寸前までブエナビスタやレッドディザイアを差し置いて果敢に先頭を走りました。最後の最後はブエナにかわされてしまったけれど、2着に大健闘したのです。

2着。。。。。。。。。。
競馬では一番悔しい着順ですけど…本当によく頑張ったなぁと思います。

と同時に、あれだけ劇走した上に戦前から体重も減らしていたので、いまのコンディションが気になります。
すごい脚で追い込んだ京都牝馬Sのあと、しばらくカイバを食べれませんでしたから…。明日、さっそく大仕事を終えたヒカルちゃんの様子をうかがいに行ってこようと思います。

Photo

一方、ドバイ帰りのブエナねえさんは、最近精神面の貫禄が増したように思えます。

もともと走りこんで筋肉がつくタイプだけに今回のヴィクトリアマイルは100%のデキには遠いものでした。

でも、彼女は精神面がひじょうに強い。
自分のやるべき仕事が何なのか、ちゃんとわかっていらっしゃる。
だから、少々のことで泣き言いわないわけですよ。

相手関係の能力差、そして彼女の精神力を加味して自信をもって本命をつけたという次第です。

もともと心身ともに強い馬だったけれど、さらにパワーアップしています!
おそるべし、ブエナビスタ。尊敬に値します。

わたしもブエナねえさんのように強い女になるよう、自分をもっとコントロールしよう。

| | コメント (1)


2010年5月14日 (金)

2010年 日本ダービー出走ボーダーライン(5月13日現在)

日本ダービーの出走ボーダー、今年は例年になく下がりそうです。

皐月賞1着 ヴィクトワールピサ 角居
皐月賞2着 ヒルノダムール   昆
皐月賞3着 エイシンフラッシュ 藤原英
皐月賞4着 ローズキングダム 橋口
青葉賞1着 ペルーサ      藤沢和
青葉賞2着 トゥザグローリー  池江郎
プリンシパル1 ルーラーシップ   角居
7750万 ダノンシャンティ  松田国
4200万 ゲシュタルト     長浜
3900万 アリゼオ       堀
3600万 サンライズプリンス 音無
3300万 ハンソデバンド   尾形
2950万 コスモファントム  宮
2800万 サンディエゴシチー 作田
2000万 シャイン      川村
1850万 トーセンアレス   鈴木康
1700万 レーヴドリアン   松田博
1200万 リルダヴァル    池江郎

ただし、来週の昇竜Sの優勝馬には収得賞金950万が加算されるので、その馬の動向によってはボーダーが引き上がります。

※リルダヴァルが日本ダービーへ出走できるかも!という朗報。
 池江師の反応は「Legend Stable 池江泰郎厩舎カウントダウンブログ」をお読みください。

| | コメント (1)


2010年5月11日 (火)

トゥザグローリー、日本ダービーの騎手決定

100511

トゥザグローリー、日本ダービーの騎手は岩田康誠騎手に決定!

今日の様子やコメントは
「池江厩舎カウントダウンブログ ~ 今日の池江厩舎」

をお読みください。よろしくお願いします!

| | コメント (1)


2010年5月 9日 (日)

2010年 日本ダービー出走ボーダーライン

※その後、改訂版が出ています。トップページより最新のボーダー表をご覧ください。

7頭の優先出走権での出走枠が埋まりました。

皐月賞1着 ヴィクトワールピサ 角居
皐月賞2着 ヒルノダムール   昆
皐月賞3着 エイシンフラッシュ 藤原英
皐月賞4着 ローズキングダム 橋口
青葉賞1着 ペルーサ      藤沢和
青葉賞2着 トゥザグローリー  池江郎
プリンシパル1 ルーラーシップ   角居

以下は賞金順。11頭まで出走できます。

5400万 エイシンアポロン  岡田
4200万 ゲシュタルト     長浜
3900万 アリゼオ       堀
3600万 サンライズプリンス 音無
3300万 ハンソデバンド   尾形
3250万 バーディバーディ 池江郎(ユニコーンSと両睨み)
3150万 ダノンシャンティ  松田国
2950万 コスモファントム  宮
2850万 コスモセンサー  西園
2800万 サンディエゴシチー 作田
2350万 ガルボ        清水英
2350万 ネオヴァンドーム  藤原英(回避の見込)

なお、NHKマイルCの1、2着馬は、
1着で4600万、2着で1850万円が追加されます。
リルダヴァルは現在1200万ですから、
1着で5800万、2着で3050万になります。
獲得賞金900万の馬は
1着なら5500万、2着なら2750万なので、
今年のボーダーは2800万前後になりそうですね。

| | コメント (3)


2010年5月 9日 (日)

ルーラーシップも日本ダービーへ

1005081

昨日のプリシンパルSを勝ったルーラーシップです。

横山典騎手は
「飛びの大きい乗りやすい馬ですが、
現状フットワークが無駄に大きいので、
それを小出しにしながら最後に繋がるように乗った」
とコメント。
まさに勝利に導くための”職人芸”ですね。

「乗っている方としてはそんなにビュンと行っている感じも
なかったが、終わってみれば圧勝でした」

と、実に危なげない、あっけない勝利でありました。

| | コメント (0)


2010年5月 5日 (水)

リルダヴァルと池江先生

Liledaval100418k1

さて、やっぱり今週はリルダヴァルです。
池江厩舎に来たその日から見てきたし、
小倉まで新馬戦を見に行った馬なので思い入れはめちゃめちゃあります。

今朝は福永騎手を背にCWで追い切られていますが…

なぜポリではなくCW?そして勝算は??

そのあたり、こちら(池江厩舎のカウントダウンブログ)に書きましたんで、
ぜひぜひお読みください。

実はこの企画、池江先生にお願いして実現しました。
池江厩舎が終わる(終わってほしくないけど!)まであと299日、
300日を切ったわけですが、この大切な毎日を追いかけていきたい。
ということで、急遽つくりました。

ちょっと前から、池江先生にメッセージをください、とか
呼びかけていましたけど、これはその企画の一環なのです。
卒業アルバムのような、先生へ贈るメッセージ集をつくりたいな、
と思っています。

今のコンテンツは「今日の池江厩舎」「メッセージ集」ですが、
もう少し増やす予定です。

短期間の企画ですが、目一杯頑張りますのでぜひ見てください!

PC
http://www.legend-stable.jp/
Mobile
http://www.legend-stable.jp/m/

それにしても。。
「花岡 リルダヴァル」という検索が結構あるようでビックリしました(笑)

| | コメント (4)


2010年5月 2日 (日)

よかった、よかった

よかった、よかった
昨日の青葉賞でトゥザグローリーがダービー出走の権利を確保しました。

レース直後のトゥザグローリーは
「追われたにもかかわらず、
息の入りが早すぎるくらいだった」(市川厩務員)
そうです。

「520キロまで絞れたとはいえ、まだ太め残りですね。
能力の85%くらいしか出してません。」
と、現時点ではまだまだ余力がある状態とのことです。

初戦から500万下までが中2週、
500万下から青葉賞までが中3週、
青葉賞からダービーまでも中3週ですが、
青葉賞が土曜日である分だけレース間隔が長くなります。
「今まででレース間隔が長い分だけ、
より一層の上積みが見込めます。
次、楽しみにしていてください。」(市川厩務員)

はい、めっちゃめちゃ楽しみにしています。
この写真、先週撮ったものですが、
今のトゥザヴィクトリーと市川さんの境遇にはピッタリのメモリアルフォトになりました。

思い返せば金曜の朝、
池江先生とこれから先、
ダービーまでに権利が欲しい馬たち…
ゴールスキーやリルダヴァルについてあれこれと話ながらも
「今週は、やるよ!」
と一緒に両手で力強くガッツポーズで気合をつけてました。

土曜の早朝にフォゲッタブルの前日追いを含めた調教をおこない、
そのまま青葉賞のために東京競馬場へ行ってそのまま日帰りし、
今朝は来週NHKマイルに出走するリルダヴァルなどの調教を行い、
午後は京都競馬場へ足を運ぶはずです。

69歳ですよ!
すごい体力です。
「慣れているから、大丈夫だよ」
と、池江先生は言いますけどホントにすごいと思うわぁ。

今日の天皇賞(春)では
「今週は、やるよ!」
の締めくくりが見れるものと信じています。
めっちゃ楽しみデス!

このブログも、見返すと、
すっかり池江厩舎ブログになっていますね(笑)

わたし自身、池江先生と池江厩舎が大好きなので、
自然とこうなってしまうようです、はい。

| | コメント (2)


2010年4月30日 (金)

いってらっしゃい!

Tothe100430

今日の午前10時前、
トゥザグローリーが東京競馬場へ向かって出発しました。

相変わらず落ち着き払っていて動じるところがありません。
長距離輸送もあの性格ならまったく問題にしないでしょう。

いってらっしゃい!

| | コメント (2)


2010年4月23日 (金)

フォゲッタブルが見事なまでに変わった!

Img_0279

今朝、フォゲッタブルは朝一番に坂路コースを走った後、いつものポリトラックコースではなく芝コースでキャンターを消化しました。この異例のコース変更は、木曜夕方に池江師から出されたものでした。
水曜日の追い切りでガッチリと気合が乗りレースに向けて完全に気持ちが入ったものの、次の追い切りまではまだ日があるため、余りある気持ちを走りにぶつけることができません。「だからといって、プールに入れてリラックスさせるというのも違うと思うんです」(市川厩務員)。そんな中、池江師はあえて芝コースを選んで走らせたのです。

朝6時すぎに坂路コースを1ハロン20-20程度で上ったフォゲッタブルは、そのまま芝コースへ移動。15-15程度のスピードで「必死で抑えなければならないほど絶好の手ごたえ」(池江助手)で駆け抜けました。その姿を見て、驚き慌てて取材に来た記者もいたそうですよ。

「水曜の追い切りでの変化も大きかったけれど、今日芝コースに入れたことで見事なまでに思い切り変わったよ。」(池江助手)
「顔を見てもわかるでしょ?今日の調教のおかげで馬がすごくスッキリしましたよ。」(市川厩務員)
天皇賞まであと9日。フォゲッタブルの心身は、天皇賞(春)に向けてさらに研ぎ澄まされていくでしょう。

なお、来週28日のフォゲッタブルとトゥザグローリーの追い切りには内田騎手が跨ることになりました。
バーディバーディの次走は5月4日兵庫チャンピオンシップ。
リルダヴァルはNHKマイルCの他に京都新聞杯にも登録される予定です。

| | コメント (1)


2010年4月17日 (土)

明日は皐月賞!

明日は皐月賞。

中山競馬場には最初にヴィクトワールピサたちが到着。

お昼すぎにリルダヴァルがつき、

P1060350

マイラーズCで僚馬リーチザクラウンが優勝したちょっと後くらいに

ローズキングダムが到着しました。

P1060353

完成度と利口さではヴィクトワールピサが抜けていると思います。

でも、本命はあえてリルダヴァル。新馬のころのいい雰囲気が戻ってきました!

毎日杯を見ていたとき、正直いって

「あぁ、リルも普通の馬になっちゃったのかな?」

と心が折れていたんですが…。

最近の追い切りで沈むフットワークと見た目以上に速い時計を出すリルが

戻ってきましたよ!明日が楽しみです。

なお、来年2月末で定年を迎える池江泰郎調教師へのメッセージを集めています。

メールアドレス message@legend-stable.jp までお送りいただいたメールは
個人情報等を編集した後、ココログ Massage to LegendStable に順次掲載していますよ。

メッセージと一緒にお名前(ペンネームでもモチロンOK!)を書き添えてくださいね。

皆さんの熱いメッセージお待ちしてます!!

| | コメント (3)


2010年4月12日 (月)

桜花賞

Okasyo

桜花賞は関東馬・アパパネが制しました。

スタートは「出しにいった」(蛯名騎手)こともあり、少々掛かり気味。
最後までもつかな?と心配しましたが、なんのなんの。
直線では、外に持ち出した後にグイッと伸びて鮮やかに1着でゴール板を駆け抜けました。

写真は表彰式直前のアパパネと福田調教厩務員のツーショット。
福田調教厩務員が優しそうに嬉しそうにアパパネを見ている姿、
めちゃめちゃほほえましぃ。
見ているだけで喜びが伝わってきますネ。

「追い切りの後、結構カイバを食べているのにスーッと体が痩せてきたんですよ。
 だから当日はマイナス体重かな?と思ったら、プラス体重。
 体が引き締まってスッキリしているのにちゃんと身になっているんですね。
 レースでは毎回、ちゃんと走るタイプなのでその分ちゃんと疲れる。
 今回もそうなるでしょうね。ほんとに偉いコです。」(福田調教厩務員)

ちなみに。
関東のジョッキーが桜花賞を制したのはエルプスの木藤騎手以来25年ぶりとのこと。

国枝栄調教師も初クラシック制覇となりました。
「桜花賞はGIの中でも華やかなレース。
 生産者さんは誰もがクラシックを目指して馬を生み育てているから。
 そういうレースを勝てるのはまた違う嬉しさがあるね。
 次走はオーナーと相談して決めますがオークスを考えています。」(国枝師)

Img_0206

| | コメント (2)


2010年4月10日 (土)

残念!葉桜

 Img_0168

明日は桜花賞。
舞台の阪神競馬場は桜が満開!!

…と、いきたいところですが。。。

若干、葉桜(涙)

なんとなぁく薄紅色の桜に緑が混じって、
微妙な色合いになってます。

…まぁ、でも散り始めだから、ヨシとしましょう。

桜花賞の印はiza!ブログでご覧ください

| | コメント (1)


2010年4月 5日 (月)

トゥザグローリー 2勝目

Img_0120

昨日はトゥザグローリーの2勝目を見に阪神競馬場まで行ってきました。

「2勝目を見に行く」

と、絶対勝つだろ、くらいの意気込みで行ったわけですが・・・。

体を見たら、やっぱりまだまだ緩~い!

それは週中の取材で十分わかっていたことなんだけどね。

実際、競馬本番になると、大丈夫かな?と不安がよぎります。

結果はもちろん、難なく圧勝。

福永騎手も
「まだまだ余裕があるね。
 これから使っていったほうがよくなるはず」
と、未完成ながら楽勝したトゥザの素質を褒めていました。

池江先生も
「やれやれというかんじだね」
と、勝って胸をなでおろした、というかんじでしたよ。

次はダービーの権利取りに向かいます。

| | コメント (1)


2010年4月 4日 (日)

阪神の桜は七分咲き

84F84485-ED39-44FF-B669-C28770C38D14

今日は阪神競馬場に来ています。

競馬場まわりの桜は七分咲きといったところかな?

1DACDFD9-3E63-4589-833E-FB388BAB1C93


こちらは場内、事務所脇の桜。

まだ蕾も目立ちますね。


ちなみにジョッキーの話によると、
向こう正面もまだまだ咲き揃っていないようです。


来春は桜花賞‼
満開になりますように☆

| | コメント (2)


2010年3月31日 (水)

フォゲッタブル 天皇賞(春)の鞍上は…

先週土曜、毎日杯での武豊騎手の落馬は痛ましかった。。

本当に危ない落ち方をしていたけれど、
多重事故にならなかったのは不幸中の幸いでした。

そして、昨日手術をしたという武豊騎手ですが、
一日でも早い復帰への体づくりを始めているとか。

日本ダービーはもちろん、天皇賞(春)も乗りたい、
というモチベーションで復帰を目指しているそうですよ。

武豊騎手の自宅って
きっとすごいトレーニング&リハビリマシーンがあるんだろうなぁ。。

41歳!ですが、
きっと不屈の精神で早々に復帰してくるでしょう。


一方、フォゲッタブルの池江泰郎調教師は

「天皇賞のフォゲッタブルの鞍上は
 豊が復帰できなかった場合は内田博でいく」

と発表。

「もちろん豊騎手の復帰を期待しているけれど、
だからといって、ただ待っているわけにはいかない」

勝負の世界は厳しいのであります。

さてさて、
当のフォゲですが、今週あたりから時計を出し始めますよ。

プールや運動だけでは元気が有り余りすぎるみたい。
一時は結構おとなしかったんですが、
今思えば元気がなかったんですね。

今は手入れする市川厩務員を噛んで甘えたりして(笑)
かなりやんちゃな仕草が戻ってきました。

100331

| | コメント (3)


2010年3月20日 (土)

シンメイフジの集中力

10031702

今日のフラワーCで桜花賞の出走馬がおおかた決まりますね。

賞金的にはすでに出走はほぼ確定的なシンメイフジ。
ここを叩いて本番、というストーリーなので、
まだ切符を確保していない陣営よりはかな〜り余裕はあると思われます。

でもね。
精神的にはそうでもなさそう。
今回の課題は「集中力を最後まで維持できるか」(安田隆師)

阪神JFは1番人気を背負いながらも5着に負けてしまったんだけど。
このときは集中力が途切れてしまったのが敗因だけど、
実はその背景にはちょっとかわいそうな事情もあったんです。

あのレースはアパパネがゲート入りを少しだけ手こずっていて。
アパパネをゲートに入れるための係の人が
必要以上に長いムチで刺激したり声を出したりしていたの。
でも、この行為でアパパネ自身より刺激を受けちゃったのがシンメイフジ。
うまくレースに集中できずに負けてしまったのね。
2歳牝馬は、人間で言うと卒業間近の女子中学生くらいの精神状態。
ちょっとしたことで大きくブレてしまうのですよ。

今回、シンメイフジは集中力を増すためにブリンカーを着用します。
きちんと最後まで、気持ちが途切れることなく走り、結果を出せるのか。
それが今回、彼女にとっての最大の課題なのです。

フラワーC / 阪神大賞典 / スプリングS の予想と自信の1鞍はumajinに掲載
無料ですべてを楽しみ尽くそう! UMAJIN.net

↑PCからの無料登録はこちら↑

↓携帯からの無料登録はこちら↓
登録料金!
予想に役立つ
情報が満載!

| | コメント (0)


2010年3月15日 (月)

トゥザグローリー 強かったぁ

100311

昨日の新馬戦、トゥザグローリーはきっちり勝ち上がりましたね。
まだ太い体での出走。予定では今週は除外されて来週の1800でデビュー。
と、目論んでいたけれど、除外はされずにデビューに至りました。
それだけに、もしも仕上がり切っている新馬向きの馬がいたら大丈夫かな?
と不安もありましたが、なんてことなかったですね。
除外させずに早々にデビューさせるとは
神様は彼を早々に世間様にお披露目したかったようです。

このトゥザグローリーはお母さんのトゥザヴィクトリー同様、池江泰郎厩舎の所属馬。
先日、ラジオ関西「umajinサタデー」の打ち合わせでディレクターのS女史に

「花岡さん、池江厩舎大好きでしょ」

と聞かれまして。
もちろん、即答してしまいました。

「はいっ!もちろん大好きです☆」

池江先生にはメジロマックイーンがいたころからお世話になりっぱなし。
池江先生も函館で初めてお会いした頃のことを覚えていて下さっていて、
ほんとありがたい限りです。。

天皇賞(春)を狙うフォゲッタブル、
ヴィクトリアマイルを狙うヒカルアマランサス、
桜花賞出走権利を獲得したレディアルバローザ、
日本ダービーを狙うリルダヴァル、バーディバーディ、
ほかにもキングストリートにピイラニハイウェイなどなどなどなど

大レースを狙う高額条件馬が目白押し!
いままさに全盛期ってかんじで来年定年でこの厩舎がなくなるなんて
信じられない。。

大まじめに、池江厩舎、存続してくれませんかね?

先日競馬ブックに「調教師の定年撤回を要求!」
という趣旨の投稿を見かけて大きくうなずいてました。

そもそも、池江先生はJRAの財産で宝物のはずで、
ディープインパクトなどでさまざまな貢献をされてきたのに
ずいぶん前に決めた規則に縛られて引退だなんてかわいそう過ぎます。。

そもそも定年制度が決まった頃とは、時代をだいぶ様変わりしているんですよ!
その頃は年寄りの調教師がスタンドで囲碁や将棋をやって暇つぶしをしていたような時代で、
いろんな話し合いがもたれた後に「調教師定年制度」が決まりました。

道楽年寄調教師がいるおかげで若くて熱意のある人材が調教師なれないのはよくない!!

という声も当時は聞かれていましたっけ。
でも、もうその頃とは明らかに時代が違いますよね。

もう調教時間中に囲碁や将棋をして暇をつぶす調教師なんていない。
そして何より、池江先生ご自身が本当にすこぶるお元気。
本当に馬がお好きで、昨年なんてもうセリにかけられる若駒を預かれないのに
セレクトセールに足を運んでいらっしゃいましたもん。
しかも、毎朝札幌競馬場で調教をご覧になった後、牧場まで往復されてまで。。

それほど馬が大好きな池江先生が調教師という仕事を辞められるのは
すごくすごく残念で仕方がない。

今からでもこの制度、特例で変わってくれないんかな?

と、本気で考えてます。

| | コメント (2)


2010年3月13日 (土)

umajinサタデー

Umajin

今日はラジオ関西umajinサタデー」に呼んでいただきまして、
明日のフィリーズレビューについての女子トーク?をしてきました。

パーソナリティは高井大輔さんとサチカナエさん。
高井さんとはトレセンで何度もすれ違っていてはいたけど、
ちゃんとお話する機会はなかなかなかったなぁ。

サチカナエさんは「ぷっちょ」のCMの声のお姉さんとのこと。
お土産に限定版ぷっちょをいただきまして☆
それがなんと、偶然なことに「信州限定りんご味ぷっちょ」!
長野県生まれのわたしにピッタリ過ぎて、めっちゃ驚いた!!!

番組はゆるいながらも予想はバッチリ☆という流れで
あっという間の30分でした〜 楽しかった☆

※写真はiPhoneで撮影。光量が足りないせいかブレブレ(苦笑)

| | コメント (1)


2010年3月 5日 (金)

アパパネちゃん

Photo

チューリップ賞出走のアパパネちゃんです。

昨日書いたオウケンサクラとうってかわって、
こちらは「アパパネちゃん」と、
ちゃんづけで呼びたいほど可愛らしい女の子。

円らな瞳で見つめられると、
思わずグッと見つめ返したくなる、
抱きしめたくなるような愛らしさを持っています。

ドバイ出張中の國廣陽子さん(頑張ってね!)のブログにも
可愛らしいアパパネちゃんの写真が載ってますよ☆

ほんと、かわいらしい☆
見ているだけで癒されるのであります☆☆☆


花岡貴子の予想が一番早く見れるのはumajin.net
今週はチューリップ賞/オーシャンS/弥生賞を予想
土日それぞれ厳選した1レースだけを選んだ「自信の1鞍」も好評!

無料ですべてを楽しみ尽くそう! UMAJIN.net

↑PCからの無料登録はこちら↑

↓携帯からの無料登録はこちら↓
登録料金!
予想に役立つ
情報が満載!

| | コメント (3)


2010年3月 4日 (木)

サクラさま

100303

3月、いよいよクラシック本番☆
今週はチューリップ賞。

阪神JFを勝ったアパパネちゃんを本命にするか、
それとも松田博調教師がその素質に惚れ込むラフォルジュルネを推すか、
はたまた気が強く気高い女オウケンサクラに賭けるか、考え中デス。

今晩、ウオッカさまがドバイでお走りになりますが、
ウオッカは「さま」をつけるのがナチュラルと感じられるほど、
ひじょうに気高く、凛として、強い。

そんな雰囲気がオウケンサクラにもあって、
成績はまだまだウオッカさまには遠く及びませんけど、

なんか頼れるかんじ。。
姉御とかそういう面倒見のよさはなくて、
勝手にひとりで強い、悪運とかも振り払ってしまうような
芯の真の強さ、みたいな。
そんなものを感じるのであります。

これで成績が伴えば、心置きなく「サクラさま」と呼んでしまうんだけれど、
まだ今の段階では、自分のブログでそっとつぶやくのが精一杯であります。。

花岡貴子の予想が一番早く見れるのはumajin.net
今週はチューリップ賞/オーシャンS/弥生賞を予想
土日それぞれ厳選した1レースだけを選んだ「自信の1鞍」も好評!

無料ですべてを楽しみ尽くそう! UMAJIN.net

↑PCからの無料登録はこちら↑

↓携帯からの無料登録はこちら↓
登録料金!
予想に役立つ
情報が満載!


| | コメント (3)


2010年2月15日 (月)

ぜひ見直したい、スーニの左回りの実力

100211

今週はフェブラリーS。GIです。

このメンバーなら再びスーニを見直すのも面白いなぁ
と思っています。
左回りは得意だし、ダートの短距離は滅法強い。
坂路では前へ前へと気持ちを全面に出した
気合いの入った走りを見せていますよ。

まだ中央の重賞が未勝利なのが信じられませんが。。
JBCスプリント優勝馬だけに中央初重賞制覇がGI!
なんて偉業を果たすのも夢ではなさそうですよ。


花岡貴子の予想が一番早く見れるのはumajin.net
フェブラリーSの予想は金曜発表予定/土日の自信の1鞍を公開
無料ですべてを楽しみ尽くそう! UMAJIN.net

↑PCからの無料登録はこちら↑

↓携帯からの無料登録はこちら↓
登録料金!
予想に役立つ
情報が満載!

| | コメント (12)


2010年2月13日 (土)

インペリアルマーチとオープンの壁

100210

明日のきさらぎ賞、
結構、重い印を打ったものの大丈夫かな?
と気になっているのがインペリアルマーチ。

初戦は能力だけで勝ったようなものなので、
期待が集まるのはわかるんですけど、2番人気とは。。

今日のフサイチセブンもそうですけど、
高い素質を秘めているものの、まだコレというほど
実績を残していない馬が人気を集め過ぎるのはちょっとこわい。

たま〜に、まれ〜にディープインパクトみたいな馬もいますけど、
あれほど突出した馬が毎年何頭も出てくるわけがないですからね。

やっぱりオープンには大きな壁があると思います。

さて。
インペリアルマーチですが、
そのオープンの壁をあっさり突き破ることができるでしょうか?
もちろん、それができたなら超大物なのですが、、結果はいかに?

花岡貴子の予想が一番早く見れるのはumajin.net
きさらぎ賞/ダイヤモンドS/土日の自信の1鞍を公開
無料ですべてを楽しみ尽くそう! UMAJIN.net

↑PCからの無料登録はこちら↑

↓携帯からの無料登録はこちら↓
登録料金!
予想に役立つ
情報が満載!


| | コメント (2)


2010年2月12日 (金)

今週の新馬戦はハートビートソングに注目

100210

先週の新馬戦はグリッターウイングが余裕残しの2着。
次は勝てそうですね!
注目している馬がいい結果を出してくれるのは嬉しいかぎりです。

さて、今週の新馬戦の注目は平田厩舎のハートビートソング。
調教でかなりいい動きをみせていますよ。

先週は坂路で52.7-39.2-26.1-13.4、
今週も坂路で51.5-38.2-25.3-13.0の好時計を叩き出しています。

いいですねぇ〜☆

もっと前にデビューの予定もあったんですが、傷腫れで延期に。
再び乗り込んで、まずまず仕上がりました。

見てのとおり、まだちょっと体に余裕がありますが、
新馬戦ですしこんなもんでしょう。大丈夫。


花岡貴子の予想が一番早く見れるのはumajin.net
バレンタインS/きさらぎ賞/ダイヤモンドS/土日の自信の1鞍を公開
無料ですべてを楽しみ尽くそう! UMAJIN.net

↑PCからの無料登録はこちら↑

↓携帯からの無料登録はこちら↓
登録料金!
予想に役立つ
情報が満載!

| | コメント (2)


2010年2月11日 (木)

調教師試験、合格の面々

Photo

昨日、調教師試験の合格者が発表されました。

関西では、騎手だった角田さん、牧田さん、日吉さん、千田さん、
そして松田国厩舎で調教助手をつとめる高野さんが合格されました。おめでとうございます☆

騎手の方はみなさん馴染みがあると思うんですが、
調教助手の方はよくわからないですよね。

今回の写真が高野さんですが、彼はひじょうにまじめで黙々と働く方です。
※ちなみにこの写真でまたがっているのはダノンシャンティ。

高野さんのような人が調教師になるのはめっちゃ嬉しいし頼もしいです。

来年の開業、楽しみにしています☆

| | コメント (4)


2010年2月 5日 (金)

土曜日の新馬戦 面白そうなグリッターウイング

Photo

明日の土曜日の新馬戦、
おもしろうなのが友道厩舎のグリッターウイング。

攻め時計はまずまずなのですが、友道調教師の評価は
「血統的にたたいてからのほうがよさそうだけど。。」
と控え目。。ですが、この馬はとにかくひるまない。

砂を被ろうが、大きな土のかたまりが飛んでこようが、
とにかく一心不乱で前に進もうとするそうです。

当然、馬ごみも平気。
少頭数のダート戦ですが、どんな状況になっても
一生懸命走りそうなので人気次第では買いたい1頭です。

花岡貴子の予想が一番早く見れるのはumajin.net
小倉大賞典/共同通信杯/シルクロードS/あれば自信の1鞍を公開
無料ですべてを楽しみ尽くそう! UMAJIN.net

↑PCからの無料登録はこちら↑

↓携帯からの無料登録はこちら↓
登録料金!
予想に役立つ
情報が満載!

| | コメント (1)


2010年1月25日 (月)

マイナス0度ってどのくらい寒いの?

と、たまーに聞かれます。
とはいえ、即答できずに困っていました。

そこで。こちらをご覧ください!

Photo

先週水曜の午前7時すぎ、
ハードな調教が終わった直後のゴールスキーくんです。

見て、湯気たってるでしょ?

この日、ゴールスキーは目前に迫った若駒Sに向けて猛特訓。
めっちゃ調教で走るウインブシドウという馬と併せて走った直後の写真です。
ハードに目一杯追われた直後だ、っというのがリアルにわかるでしょ?
そして、力を振り絞って走り終えた直後はこのくらい湯気が立つほど寒いのです。。

もちろん、普通に人同士が会話しているときの息も真っ白になります☆
おわかりいただけたかな?

| | コメント (6)


2010年1月15日 (金)

ウオッカ 栗東に早めに帰厩

ウオッカさま、もう栗東に戻っているようです。
寒い中、また力強く坂路を上る彼女の姿が見れますね!

ちなみにブエナビスタは23日に戻る予定です。

| | コメント (3)


2010年1月15日 (金)

ゴールスキー

ゴールスキー
内田騎手が落馬負傷してしまったので
若駒Sに出走予定のゴールスキーの鞍上が宙に浮いてしまったわけですが。

ルメール騎手に決まりました。
先のことはわからないとはいえ、
ワンポイントでもすぐにいい騎手をおさえられたのは何よりです。

ゴールスキーは昨日も追い切られていて、いたって順調。
若駒Sでのルーラーシップとの対決が楽しみ。

| | コメント (4)


2010年1月14日 (木)

マイナス0度

マイナス0度
栗東も本格的に寒くなってまいりまして。
マイナス気温を連発するようになりました。

マイナス0度
なかなか見ない表示でしょ。

これだけ寒いと、
鼻は赤くなるわ、
耳たぶや指の先は感覚がなくなるわ、
もうさんざんです。

さて。
今週の競馬総合チャンネルはまずブエナビスタの近況。
そして、ヒラボクロイヤル/フライトオブスワン/ジュエルオブナイル/サクラメガプリティといった三歳馬についてふれてます。
ではでは!

| | コメント (3)


2010年1月13日 (水)

ウオッカ 19 日に栗東帰厩

2年連続年度代表馬に輝いたウオッカが19日、栗東トレセンに帰厩します。

角居厩舎の清山助手によると、ドバイへ出国するのは2月中旬。それまでのあいだに坂路やウッドチップコースなど施設が充実した栗東トレセンで強めの調教を行うとのことでした。

ドバイワールドカップに向けて、いよいよ始動ですね。

| | コメント (1)


2010年1月 3日 (日)

本格的に仕事はじめ

今年の年末年始は普通のお仕事をしている人にとっては
三が日が金〜日だから、あまり休めず損な日程だそうですね。

我々競馬業界は、
厩舎スタッフはお正月だからといってあまり休めない(休まない?)のですが、
騎手や調教師さんは結構旅行に行ったりしてお休みしてます。

取材陣は?というと、
有馬記念と金杯のあいだが多ければ多いほどノンビリできる、
というかんじで毎年を過ごしております。

だから、今回の年末年始は結構のんびりできました。

次回もスケジュールを見るかぎり、
金杯を元旦にやる!みたいに状況が大きく変わらないかぎり、
のんびりできるはずの日程です。

うーん、早くも年末が楽しみ(笑)!!

さて、わたしは今日から本格的に仕事はじめ。
フリーなんで実質年中無休なんですが、
まぁそんな調子で年末年始はゆったり過ごしてました。

そのせいか、やはりというか、
本格的に仕事を再開するのはPowerいりますね(汗)。

厩舎まわりに、取材に、原稿書き・・・
今年もこの繰り返しなわけですが。

何やら世の中もいろんなことが起きそうな気配ぷんぷんなので、
とにかく健やかに淡々と過ごせたらいいなぁ。。。
と、思っております。

| | コメント (6)


2009年12月28日 (月)

さよなら、ゴッホ

さよなら、ゴッホ
マツリダゴッホ(右)はこれが引退レース。
僚馬のマイネルキッツ(左)に先着されて
いいところがなかった(涙)

…世代交代、かな。
おつかれさまでした

| | コメント (4)


2009年12月28日 (月)

有馬記念

有馬記念
今日で2009年の中央競馬も終わりです。
みなさんはいかがでしたか?

わたしの本命・フォゲッタブルは4着・・・。
初めて強いメンバーと対戦したことを思えば善戦かな。
来春の天皇賞を楽しみにすることにします。

勝ったドリームジャーニーは我慢する競馬を
しっかり覚えて、経験値をしっかり積み上げた成果が出たのだと思います。
横綱相撲でした。おめでとうございます。
池添ジョッキーが声をあげて泣いていたけど、
やっぱり積み重ねてきたものが一気にこみ上げたのが
すごく伝わってきて、見ていてもらい泣きしちゃいました。
こうやってジョッキーが一緒になって馬を育てていく姿っていいなぁ。
ウオッカの天皇賞と同じく、
こういう風景、好きです。

ブエナビスタは先行しても強かったですね。
来年は先行→差しのブエナが見れるかな?

| | コメント (1)


2009年12月28日 (月)

スゴいね、オーちゃん

井上オークスが有馬記念、ドリームジャーニーの単を300000円当てましたw(°O°)w

スプリンターズSで10000円からスタート。
先週のローズキングダムで27万ちょいになったので、7万足してこの金額になったそうです……

おめ!勝負師!!

| | コメント (1)


2009年12月26日 (土)

サクラさんちのエルくんに寄せる期待

サクラさんちのエルくんに寄せる期待
今日は有馬記念の前の大一番
ラジオNIKKEI杯2歳Sが行われます。

来年のダービーに向けて大物が競う注目レース!

予想の本命はハイラップを淡々と刻み相手をねじ伏せる
ヴィクトワールピサ(こいつは強い!)にしたんですが。。。

応援したいのはサクラエルドール。
お世話になっているサクラさんちのお馬さんです。

エルドールはすごく真面目な秀才タイプ。
コツコツと課題をこなしながら着実に強くなっていく勤勉クンなのです。
写真は先週、パートナーの福永騎手が調教に乗っていたところ。
でも、福永騎手はあいにく怪我をされて乗れません。
今日のパートナーは藤岡お兄ちゃん。
素の力を引き出すのが上手なジョッキーなのでエルとは合うと思われます。

さて、相手は強いですけど、どこまでやれるかな?

| | コメント (0)


2009年12月24日 (木)

高飛車なブエナを見習いたい

高飛車なブエナを見習いたい
おつかれです。。。

今日、というか昨日(23日)は仕事三昧の一日。。。
嬉しい悲鳴なんだけど、へとへとデス(笑)

朝イチはブエナビスタの取材に行って、
昼は調教師さんのインタビューして、
家で光ケーブルの工事に立ち会って、
夕方はフォゲの顔を見に行って、
夕暮れはマック愛好者の某調教師さんとMacbook Pro談義。

こんな一日中、予定が立て込んだ日は珍しいんですけどね。
しかも祝日だっちゅーの。

と、いいつつ、まだまだ予定は残っていて。。。原稿、最後の1本を仕上げます。
さっき、さすがに疲れて仮眠しちゃったのでやってしまわなくちゃ。
まだ働くの?と思うかもしれないけど。
これは、さすがに疲れて寝てしまったわたしが悪いから仕方ないの。

で。
明日、というか今日(24日)分の朝、
またトレセンに取材にいって、競馬総合チャンネルの取材を仕上げて、、、
もぅ、そのまま、、、寝ようかな(苦笑)

今日はクリスマスイブなんですけど、ね。
ちょっと最近仕事ジャンキーです。

……デートしたい。
じゃ、なくて。今日でなくていいからデートしよ。
何のために生きてるのか、わからなくなっちゃうもん。

さて(苦笑)
写真はちょっと最近高飛車なブエナちゃんです。
彼女は賢くて、最近は写真撮影も手短にしか撮らせません。
こんな自信たっぷり。主導権を完全に握っているようの態度、しばらくとってないなぁ。

ブエナを見習いたい。
でも、わたしには残念ながら無理そうデス(苦笑)。

| | コメント (4)


2009年12月22日 (火)

有馬記念の本命、現在の一番手は・・・

有馬記念の本命、現在の一番手は・・・
フォゲッタブル!

6回コーナーをまわる中山でうまく息を入れられそうだし、
最後のコーナーでは先頭を射程圏に入れたレース運びができそうだから。

菊花賞→ステイヤーズS→そして、今
と、ドンドン良くなってますよ。

明日の追い切り取材が楽しみ!
というわけで、栗東に帰ってきました(*^_^*)

| | コメント (4)


2009年12月20日 (日)

あとは、運次第

あとは、運次第
朝日杯FSの本命・ローズキングダムです。
この馬、名前にローズがつく”薔薇一族”ですが…

”薔薇一族”とは?

1993年、フランスから輸入された「ローザネイ」という繁殖牝馬を基礎牝馬とする一族のことをいいます。

ローザネイの産駒はこんなかんじで
http://db.netkeiba.com/horse/mare/000a006411/
ローズキングダムの母ローズバド(オークス、エリザベス女王杯、秋華賞2着)や祖母のロゼカラー(秋華賞3着、オークス4着)を筆頭に、ロサードやヴィータローザなどがいます。
母ローズバドの全弟にあたるローゼンクロイツ(菊花賞3着、金鯱賞優勝)の存在も忘れちゃいけませんね。

ただ、この血統は重賞では活躍するのにGIでは2着、3着どまりで勝ちきれないのが特徴。…これは嬉しくない!
そして、この血統を代々預かるのはローズキングダムも管理する橋口調教師。この歯がゆさを誰よりもわかっているだけに、なんとかローズキングダムくんには打破して欲しいところでしょう。

というわけで、今日朝日杯を勝てれば"悲願のGI制覇"となるわけです。

橋口師は「状態は文句ない。あとは運次第」と力をこめて話していました。

薔薇一族とGIの壁。
これを乗り越える"運"はあるのかな?

もう、あとは運次第。

| | コメント (2)


2009年12月13日 (日)

アパパネ優勝

アパパネ優勝
阪神ジュベナイルフィリーズはアパパネが切れ味を武器に優勝

スタートはよすぎるくらいで最初はやや引っかかっていましたが、向こう正面過ぎたあたりでやや落ち着きましたね。

その後もやや危なっかしかったけど、終いで切れる脚を使えるだけの余力はしっかり残っていたようです。よかった。

ほんと、アパパネは走ることに対して気持ちが前向き。

周囲に馬がいなければ、距離に関係なくビュンビュンと飛ばしてしまうようなタイプですから。。。

オークスというより、明らかに桜花賞向きですね。

来春、楽しみが増えました。

ただ。ゲートはなかなか入らなくて係員さんにムチをビシビシ入れられて可哀想でした(涙)

18番枠なので、厩舎の担当者が枠入れできない決まり。

なので、担当の福田厩務員は見守ることしかできなかったそうです。

そして、実はそのトバッチリを受けたのは1番人気のシンメイフジ。

ムチの音に驚いてしまったみたい。。。

でも、レース後も無事な様子だったので次に期待します。

| | コメント (2)


2009年12月12日 (土)

BOSSはいかが?

BOSSはいかが?
いま栗東でも新型インフルエンザなど風邪全般が流行ってます。

もうすぐ忘年会シーズンに突入!という大事な?時だし、
なんとか体調は維持しておきたいですね。

今週のGIは阪神ジュベナイルフィリーズですが、
わたしの本命は国枝厩舎のアパパネ。

ひじょうにスピード豊かで完成度の高い女の子です。
それでいて落ち着きがあるのがイイですね。

写真を撮っていても、
こちらを意識する余裕があるくらい普段は落ち着いています。

(あ、でもレースにいくと結構カーッと燃える女です!)

ちなみに、管理する国枝先生にカメラを向けたら、
先生ったら余裕で缶コーヒーを手にポーズ(笑)

こちらも余裕。
なんか、いい雰囲気です。

| | コメント (2)


2009年12月 6日 (日)

オウケンブルースリ放牧

オウケンブルースリ放牧
来週、オウケンブルースリが放牧に出ます。行き先は山元トレセン。
2010年の天皇賞(春)にそなえて万全を期しての充電です。

いつもおっとりしていて
愛くるしい萌え〜な表情のオウケンとしばし会えないのは寂しいですが。。。

しっかりリフレッシュして帰ってくるのを楽しみに待ってます!

| | コメント (8)


2009年12月 5日 (土)

フォゲ優勝

フォゲ優勝
フォゲッタブル、ステイヤーズS優勝です
おめでとうございます

担当の市川厩務員によると
「本気で走ったのは最後の1ハロンだけかも。
 レース後の息の入りはディープインパクト並に早かった」
そうですよ。
つい4〜5ヶ月前までは、レース後の火曜日でも
バテていた馬がこれほどたくましく成長するとはビックリ!

次は有馬記念になるでしょうが、
無事に駒を進めてほしいものです。

それにしても。
池江厩舎はここ数週、不運が続きました。
短期とはいえトゥザグローリーの戦線離脱、
ダノンパッションの故障など、、、
ピイラニは勝ったけれど、
来年のダービーを狙う2歳馬の暗いニュースが
続いただけに本当によかったデス。

明日も3頭使ってますけど、
ゴールデンブーツTのキングストリートとドリームライナー
連闘のウインブシドウ(京都4R2歳未勝利)がどれもおもしろい。
特に2歳牡馬のウインは来年のためにも勝ってほしいです。
もともと年末に強い厩舎ですしネ、楽しみ。

来週は池江先生の笑顔がみれるといいな。

| | コメント (1)


2009年12月 4日 (金)

ブエナちゃん

ブエナちゃん
12月。。。
かなり寒くなってきました!

でも、ブエナビスタは元気いっぱい
調教のピッチを徐々に上げて有馬記念に向けて始動しましたよ

追いかけたんだけど、ちょっと遅くてお尻だけ

| | コメント (1)


2009年11月29日 (日)

ウオッカ ジャパンカップ優勝

ウオッカ ジャパンカップ優勝
最後のゴール前、

ウオッカは自分から首を伸ばして勝ちにいった

こんな馬、滅多にいない

おめでとうございました

| | コメント (3)


2009年11月29日 (日)

やっぱり気になる萌えオウケン

やっぱり気になる萌えオウケン
今日はジャパンカップ。

やっぱり気になるなぁ。。。オウケンブルースリ

先日、オウケンは萌える、と書いたけど
わたしのオウケンコレクションの中では可愛さの足りない写真だったナァと反省して

こっちのほうが可愛い!

勇ましい名前とのギャップが何ともいえず、素敵♪

| | コメント (0)


2009年11月28日 (土)

NOステッキ

NOステッキ
京都2歳Sはヴィクトワールピサが優勝。

NOステッキ。
「肩ムチだけ」と武豊騎手。

強い!

| | コメント (2)


2009年11月26日 (木)

萌えよオウケンブルースリ

萌えよオウケンブルースリ
基本的に競走馬というのは戦うのが仕事なので勇ましいものだけど。。。

萌え〜な、おウマさんもいます

ジャパンCの有力馬オウケンブルースリは
2009年一番の萌え〜ホース!

円らなまん丸な瞳、
栗毛に真っ白な鼻筋、
そして何よりポーッとした癒しの表情、、、

可愛い!!!

いつも萌え〜なオウケンブルースリの姿に癒されてマス

| | コメント (3)


2009年11月25日 (水)

ウオッカさま

ウオッカさま
これ、心霊写真じゃありません(涙)
真ん中の緑っぽいのが直線で抜け出したウオッカ。。。

今朝、いちばんのウオッカさまの追い切り

3頭併せだったんですが、ラストはスッと2頭だけで抜け出して上がり11秒7

強い!!

でも、また舌を越していたのが気になりました。。。

この”舌を越す”ってどういう現象なんですか?
とある調教師の先生に伺ったら

「馬にもよるけど、ハミを引っ張りすぎてる場合もある」

なんて言ってました。

真相をウオッカさまが喋ってはくれないから、
写真と一緒で闇の中、なんだけど。

詳しいレポートは、競馬総合チャンネルで書いたので
ぜひぜひご覧ください。

| | コメント (4)


2009年11月22日 (日)

今日はマイルCS

これまで関東に住んでいたときは、

高松宮記念、エリザベス女王杯やマイルCS

といったちょっと地味目のGIには足を運べずにいました。

でも、せっかくなので

今年はGIを全部見る!

と決めていたの。なんとか果たせそう。
(今思えば、高松宮記念に足を運んだのがよかった)

今日の本命はカンパニーなんだけど、
天皇賞のときほど自信ない。。。。。

詳しい予想は izaブログのほうを見てください!

| | コメント (3)


2009年11月19日 (木)

荻野くんとエリザベス女王杯

昨日は、仲間うちでお鍋をした。
その中に騎手の荻野くんもいた。

荻野くんといえば、
エリザベス女王杯で大波乱の主役になったクイーンスプマンテと2着のテイエムプリキュア
どちらも騎乗したことのあるジョッキーだ。

しかし、その日。
荻野くんは福島にいた。。。。。

クイーンスプマンテもこの秋、
声はかかっていたのだが、
諸所の事情により乗れず、、、

テイエムプリキュアも定量戦だしもうすぐ引退ということで熊沢さんに託し、、、

どちらも結果的にご縁がない、というか譲ってしまった格好だった、らしい。

エリザベス女王杯の日、
ただでさえ遠い福島から栗東へ帰る荻野くんの足取りは重かった。

レースを終えて、携帯の電源を入れたら
「GI制覇、おめでとう!」
「すごかったね、プリキュア」
と、荻野くんが乗っていると信じてやまない知り合いからの祝福メールの山、山、山!!

新幹線に乗れば、電光メッセージボードにニュース速報
「大波乱!エリザベス女王杯はクイーンスプマンテ優勝」

お弁当を食べたら、あたった?のか、精神的なものなのか、
気持ち悪くなる始末。。。。。。

それでも、なんとか栗東の寮にたどりついた。

そこで向かえてくれた先輩が一言。
「一緒にエリザベス女王杯のVTRみようや」

嫌です、と断ったんだけど、
「俺がみたいし」と先輩に言われて結局一緒に見ることになった荻野くんでありました。

で、先輩は一言。
「お前が乗ったら、1着も2着もなかったな」

そんなこと言われても、殴りにいかない荻野くん。
ホントに人が良すぎるよ。まったく、もぅ。

で、昨日の鍋の席でも、
「お前が乗ったら、ブエナビスタが勝ってたなw」

といわれてた(苦笑)。
それでも、言い返せずに苦笑いする荻野くん。

もっと、悔しさを前面に出しちゃってもいいのになぁ。
ほんと、人がよくて優しいヤツなのです。

| | コメント (2)


2009年11月18日 (水)

ウオッカ 乗り替わり

おはようございます

今朝、ウオッカのJC1週前追い切りがルメール騎乗で行われました。

ウオッカ、ジャパンCはルメール騎手に乗り替わりです。

「レースに向けて感触をつかんでもらうために乗ってもらいました」(清山助手)

※角居厩舎に確認済みの情報です。
 コメント、いくつか削除させていただきましたがご了承ください。

| | コメント (8)


2009年11月15日 (日)

「最高に乗ったな」

エリザベス女王杯はクイーンスプマンテのアッと驚く逃げ切り勝ち。

ブエナビスタは3着

レース直後、吹っ切れたようなちょっとさみしい笑顔の松田博先生と目が合ってひとこと。

「最高に乗ったな」

これに尽きます。

| | コメント (3)


2009年11月15日 (日)

ダノンパッションの応援と女王杯の観戦

Img_0449

ども!
京都競馬場です

今日はダノンパッションの応援とエリザベス女王杯の観戦にきました

馬券は、、、あまりにオッズつかないし、全然買ってない

ダノンパッション、自己条件ならあっさり強かったですね(^-^)

レースの直後もケロッとしていて余裕でしたよ

次は朝日杯かラジオNIKKEIです

それにしても、晴れてよかった

今日はブエナビスタに勝って欲しいな

| | コメント (1)


2009年11月 7日 (土)

今日はエルの応援にきました

Img_0403

今日は東京競馬場にサクラエルドールの応援にきました

エルはすごく利口で無駄なことをしない優等生

今日はスタートでつまづくアクシデントもあったんですが、
慌てることなく、福永騎手のリードに任せて二番手に控える競馬 

直線でステッキを入れられてからグイッと伸びましたね

完勝でした(≧▼≦)

「来年に向けて、この一勝は大きい」

と笑顔の福永騎手

「次に東京にくるのはダービーにしたい」

と友道師はゆったりしたローテーションを示唆していました。

まだトモもパンとしていないし成長途上ですが、

堅実にクラシック路線に乗りつつあります。

| | コメント (6)


2009年11月 6日 (金)

JBC

JBC
ちょっと前の話ですが。

チーム角居のふたりと一緒に名古屋競馬場まで行ってきました。

栗東を昼過ぎに出て、高速飛ばせば3時出走のスプリントに間に合った。

近いな、栗東って便利(^^)v

メインはヴァーミリアンが内から抜け出して優勝してたけど、

馬券はオール3桁の低配当でガチガチ(@_@;)

いくらヴァーミリアンがかたくても、これは買えない!

というわけで、
ドテ焼き食べて、
ふたりはビール飲んで(わたしは運転だったかポカリスエット)、
叫んで、
写真撮ったりして、
すっかりファンとして観光してました(●^ー^●)

あ。豊さん、こっち向いた!

騒ぎすぎてごめんなさい(-人-)

| | コメント (1)


2009年11月 2日 (月)

ウオッカについて思うこと

ウオッカについて思うこと
昨日の天皇賞(秋)、カンパニー本命が当たったのは嬉しかったんですけど・・・
ウオッカの3着は、予想していたといはいえショックでした。

春や昨年の頃のような迫力がないなぁ、と思ってはいたものの。
それが現実となって負けてしまう姿を見ると・・・すごく残念です。

やっぱり、あれだけ強いウオッカも女の子なんですね。
古牝馬に特有の「体がお母さんになりがたっている」現象なのかもしれません。

レース後、厩舎にサクラメガワンダー(次走に期待!)の様子を見に行く途中で
何度となく角居先生とすれ違い、挨拶したんですけど。
ひじょうに清清しいというか、スッキリした表情でウオッカが馬房へ戻る姿を確認していました。

先週の水曜日、追い切りを終えた後は「勝たなければ」と言いつつ、
ひじょうに表情が硬かった角居先生でしたけど。
昨日のレース後は、「やるべきことはやった」と顔に書いてあるようなスッキリした表情を見せていました。

角居先生はレース後、はっきりと
「個人的には、あまり負けるのもかわいそう」
と口にしていたけれど。
具体的な今後については、まだ結論は出ていないようです。

でも、もうウオッカは新しい大事な役目を果たすための準備をする時期に来たのかもしれませんね。

| | コメント (6)


2009年11月 1日 (日)

今日は天皇賞( 秋)

今日は天皇賞(<br />
 秋)
東京競馬場に到着。

取材でお世話になっているすべての馬を応援したいところですが…

個人的にはサクラの2頭の走りを楽しみにしています。

写真は友道調教師とサクラメガワンダー。
メガはまだピークではないけれど、なかなかの仕上がりです。

| | コメント (1)


2009年10月29日 (木)

イコピコ、アルゼンチンはやめです

おはようございます。

先日、発表されたイコピコのアルゼンチン共和国杯出走はなくなりました。

予定どおり、ジャパンCを目指して調整されます。

| | コメント (3)


2009年10月22日 (木)

ブエナビスタ

ブエナビスタ
運動中のブエナビスタです。

大人しく、すごくゆっくり歩いていました。

…ちょっとお疲れ?

次走はエリザベス女王杯かジャパンCです。

| | コメント (1)


2009年10月21日 (水)

これからイコピコ記者会見

これからイコピコ記者会見
今週は菊花賞。

イコピコの取材で厩舎にいたら、
アッという間に時間が過ぎまして。

8時25分。
あと五分で共同記者会見の時間、、、

どーしよ、かなり急いでも着くのギリギリです!

すごく急ぎ足で歩いていたら(速歩)、
後ろからバイクに追い抜かれる感覚。

あ、会見の主役の西園調教師じゃないですか!

追い抜かれる=私は会見に間に合わない!

の図式が浮かび、焦る焦るっ

なのに、西園調教師は追い抜きながら前にいた池江調
教師の車を指差して

「乗せて行ってもらいなよ」

と、からかう(涙)

池江先生とは行き先違うし(汗)
いま、乗せて行って欲しいのは、あなたですから‼

、、、という私の心の叫びも届かず、
バイクは過ぎ去ってしまいました(涙)

また、速歩再開。

でも五分後、会見会場についたら
スタート時間が10分延びてた!

よかったぁ〜(ほっ)

一息つけるので、栄養ドリンクのカルピス割りを飲ん
でます(笑)

ピーチっぽい雰囲気で好きなんです。

| | コメント (1)


2009年10月17日 (土)

ブエナ 三冠とれるかな?

ブエナ 三冠とれるかな?
いよいよ明日は秋華賞!

ブエナビスタの牝馬三冠がかかった一戦です。

わたしはモチロン彼女を本命にしましたよ。

いろんなとこに書きましたけど、
とにかく陣営はかなり自信をもっているし
何より彼女自身の動きがいい。

決して見栄えのする体ではありませんが、
それなりにお尻にも幅が出てシッカリしてきていますからね

枠順やコース特性を考えると決して有利な条件ではないけれど。。。

大丈夫。
ブエナの持ち前の勝負根性でハラハラさせながらも
キッチリ勝ってくれるでしょう。

| | コメント (0)


2009年10月 9日 (金)

オウケンブルースリ

オウケンブルースリ
京都大賞典に出走予定のオウケンブルースリです。

可愛いでしょ!?
牡馬なのにすごくやさしい顔をしてます。

癒し系です〜☆

担当の塩津助手が
「昨年のジャパンCの前よりいい状態」
というように、かなり好調みたいです。期待してます。

| | コメント (2)


2009年10月 8日 (木)

今朝の調教は10 時スタート

今朝の調教は10<br />
 時スタート
おはようございます。

栗東は昨晩から早朝にかけて台風通過。

とりあえず雨はあがりましだけど、
風はまだ強いかな。

調教は10時スタートです。

| | コメント (4)


2009年10月 4日 (日)

惨敗でした

スプリンターズSはゴール前、
ビービーガルダンとローレルゲレイロが接戦の末、
ローレルゲレイロが優勝!

わたしが本命にしたマルカフェニックスは8着

応援していたソルジャーズソングは10着でした…残念!

振り返ってみれば、
スリープレスナイトがいないだけで、
まずまず順当な結果でした。

穴、狙いすぎちゃいましたね。。。

UMAJINポートアイランドの予想はバッチリだったんですが。。。

ごめんなさい。
また、来週がんばります。

| | コメント (2)


2009年10月 4日 (日)

ソルジャーズソング

ソルジャーズソング
願っていた良馬場になりました(^-^)

中山千二、得意です!
頑張れ〜

| | コメント (1)


2009年10月 4日 (日)

スプリンターズS

スプリンターズS
本命のマルカフェニックスです

いい感じ(*´∇`)

| | コメント (7)


2009年9月30日 (水)

イコピコ

イコピコ
神戸新聞杯をレコードで勝ったイコピコ。
大金星でした〜☆

速い時計で走った後なので、しっかり今日まで休養。
木曜(明日)から乗り始める予定です。

しっかり脚を冷やして、リラックスしているイコピコくん。
菊花賞もベストコンディションで出走して欲しいなぁ。

| | コメント (5)


2009年9月25日 (金)

今日、リルは放牧に出ました

今朝、野路菊ステークスで骨折したリルダヴァルが休養のため、北海道へ旅立ちました。

池江先生はさすがにショックを隠せない様子で肩を落としていました。。。

「レース直後も翌朝も、とくに問題がある様子はなかった。
だから安心して(21日の阪神)競馬に行ったんだ。
そしたら、午後になって右膝がモヤッとしている、と報告が入った。
すぐにレントゲンを撮ったところ、剥離骨折が判明したんだよ…。」

ただ、歩様は普通だし、骨折の程度としては比較的軽めなのが不幸中の幸い。

「内視鏡で剥離した小さな骨を取り除き、患部をケアする手術をします。
いまは技術も確立されているから、早期に後遺症なく戻せるでしょう。
年内は難しいが、来春早々には栗東に戻して半年後にはレースに使えるように仕上げたい。」

そして、リルダヴァルの力量には確信を持っている池江先生は

「またこの馬でウイナーズサークルに立ちたい」

と、リルがいなくなったばかりの馬房の前で力強く話していました。

成長期の戦線離脱は本当に痛いですが…、リルが無事に戻ってくることを信じて待ちましょう。

※リルダヴァルについては、このブログの他に競馬総合チャンネルで書いています。
栗東に入った日から見続けているので、すでに結構なボリュームがあります。
興味のある方はぜひ読んでください。

ちなみにトゥザグローリーは来週ゲート試験を受けますよ。
この馬、本当によく食べてます!元気で何より。

今週デビューのイカイカブラウンもなかなかいい動きでした。請うご期待!!

| | コメント (4)


2009年9月23日 (水)

全治6ヶ月

全治6ヶ月
リルダヴァルが骨折してしまいました。

全治6ヶ月の診断です。。。

ダービーを強く意識させる馬なだけに、

すっっっっっごくショックなんですけど、

いくら悲しんだところでリルの骨折が早く治るわけではないので。。。

患部の早期回復を祈りつつ、また明日から新たなスター候補生を探して参ります。

| | コメント (3)


2009年9月21日 (月)

リルダヴァル、余裕の2連勝

リルダヴァル、余裕の2連勝
昨日は阪神競馬場に行ってました。

新馬戦を勝ったあと、池江先生に
「この馬は来年、厩舎で一番の馬になるかもしれないね」
と言わせたリルダヴァル。

2戦目の野路菊ステークスも強い、強い!

道中は難なく折り合って、直線の坂も実に軽やかに駆け上がる。

「あの阪神の坂をムキになることなく、力まずに上がってこないのがいいね」

と池江先生は大満足の表情でした。

武豊騎手も「すべてにおいていい。スター候補だね」と絶賛していましたよ。

このまま無事にいってくれれば、、、来年がすごく楽しみです。

| | コメント (3)


2009年9月18日 (金)

20日、リルダヴァルが出走します

Photo

20日、リルダヴァルが野路菊ステークスに出走します!

やっと2戦目なんですね〜。

もうだいぶ取材を重ねていますが、
見るたびに心身ともにたくましく成長してます。

新馬戦のころから比べてもシッカリしてきていますよ。

今週の競馬がすごく楽しみ!!

詳しいことは今週の競馬総合チャンネルにいっぱい書きました
リルダヴァルに興味のある方はぜひぜひお読みくださいね。

同じ日のローズSは同じく池江厩舎からヒカルアマランサスが
すごーく調子がいい。

相手は強いですけど、秋華賞の権利をとってくれるといいな。

※ちなみにリルの後ろにいる芦毛はアプレザンレーヴですよ〜。

| | コメント (2)


2009年9月16日 (水)

アドマイヤメジャー かなりいい手ごたえ

アドマイヤメジャー かなりいい手ごたえ
シルバーウィークですか。。。
いろいろ名前がつくのは結構なことだと思うんですが、
ゴールデンウィーク以外はどうもとってつけたような感じがして馴染みません。。。

新しいものを受け付けられないのは、年をとった証拠!?
いやー、それとは違う感覚だと思うんだけどなぁ。。

以上、いまだに新馬戦を「メイクデビュー」と呼ぶのに躊躇するワタクシの戯言でした。

さて、今週は3場で3重賞が行われますが。
セントライト記念のアドマイヤメジャーが、すごくいい気配なんですよ〜。
戻ってきてから結構、急ピッチで乗り込まれていたので
もしかしてちょっと急仕上げ?なんて思ったりもしたんですが。
なんのなんの、全然大丈夫そうですよ。
「競馬が楽しみ」と友道調教師も自信をのぞかせていましたよ!

阪神のメインはローズS。
今週のKeiba@niftyfでは3頭の娘たちを出走させる藤原英調教師のお話をとりあげています。
ぜひぜひお読みください。

| | コメント (5)


2009年9月 3日 (木)

リルダヴァル野路菊Sへ向けて初の追い切り

リルダヴァル野路菊Sへ向けて初の追い切り
今朝はリルダヴァルが新馬勝ちのあと、
はじめての追い切られました。

午前5時前、坂路コースでの追い切り。
このとおり、まだ暗〜い中での調教でした。
(光量が足りず、ブレブレでごめんなさい)

時計は531-383-250-126。
「ひっぱったまま」(騎乗した片山助手)なのに、この時計ですよ。
すごいなぁ〜。
札幌へ行っている池江師の指示より少し速かったそうですが、
時計を聞いて池江師も納得しているとのことでした。

よく坂路を速く上ることだけが得意な馬もいますが、
リルの場合はちゃんと折り合うので普段はかなり遅い時計を出しています。
そのあたり、緩急がつくのがリルの武器でしょう。

次走は野路菊S、鞍上は武豊騎手に決定しました。
あと2週間、待ち遠しいですね!

さて。
今日の競馬総合チャンネルはアンライバルド、フィールドルージュなどです。
ぜひぜひ読んでください!

| | コメント (4)


2009年9月 2日 (水)

今朝は思い切り寝坊しましたー

Photo

今朝から仕事再開。
とはいえ、けっこうゆっくり起きて(苦笑)のんびり取材〜。

栗東は今週まで5時に追い切りスタートなので、
いつもなら4時前に起きるわけですが。
今日は5時の目覚ましでは起きれず、かなりグズッてました。
でも、いかん!と自分を奮い立たせてトレセンへ。

すると、函館や札幌、小倉から人もたくさん帰ってきて、
同時に久しぶりに馴染みの馬たちとも会えました。
とくにフィールドルージュも戻ってきていて嬉しかったなぁ。。。

いいことがひとつあると、
ひとつ前の辛いことはすぐに忘れてしまう現金な性格であります。

さて。今日のKeiba@niftyでは、
松田国厩舎の阪神デビュー組を取り上げています。
写真はその中の1頭、ダノンハラショー。
この写真は厩舎に戻る直前の様子なのですが、
厩舎に戻る列の中にいる2歳馬のうち半分は下を向いていました。
ハードなトレーニングに疲れてるからかな?
いま、自分も疲れ気味なので少々同情しちゃったりします。

でも、そんなことは言ってられない。
明日は注目馬の新馬勝ち後、初の追い切りが予定されているし
ちゃんと早起きしますよ、ぜったいに。
しばらくは禁酒&早寝早起きかなー。

| | コメント (2)


2009年8月29日 (土)

かぼちゃ

P1040187

おはようございます。

急にむしょうに泣きたくなることってありませんか?
わたしは数ヶ月に1回くらい、あるんです。。。
そういうときは映画見て、思い切り泣いちゃう。

昨晩は
「ニューシネマパラダイス」と「いま、会いにゆきます」

を見て泣きました。。。

人を想い続ける気持ちは、大切にしていきたいなぁ。

と改めて思いながら、泣くだけ泣いたらスッキリしましたー。ストレス解消!

さて。
27日、栗東にミッキーパンプキンが戻ってきました。
かぼちゃくん、相変わらず敏感で前向きな性格で、
声をかけるとすぐにこっちを向いてくれました。

放牧から帰ってきたばかりだというのに、
体はスリム。しっかり仕上がってますね。
帰厩後、10日くらいでレースに出れそうな雰囲気です。

とはいえ、実際にレースを走るのはまだまだ先でしょう。
次走は未定ですが、クラスが準オープンになったので、
9月21日に西宮Sあたりが目標になりそうですが、
神戸新聞杯も候補レースの中にあるようです。

ではでは、今日も競馬ですね。
札幌のしらかばSのエプソムアーロンと小倉TVQ杯のピイラニハイウェイの
単複勝って見守ることにします。
朱鷺Sの予想はumajin.netさんで書いてますので、ぜひぜひ見てください。

今日もいいことがありますように。

| | コメント (1)


2009年8月27日 (木)

まだまだ諦めません!

P1040174

昨日、涼しくなってきた。。。なんて書いたばかりだというのに、
またまた暑いっ!30℃超に逆戻りです。

それでも早朝の暑さはお盆前に比べたらマシなんですけどね。
いま栗東は毎朝5時から追い切られていますが、
大切な馬は暑さを考慮して1番最初に乗られることが多かったんです。
でも、お盆すぎからはだいぶ日差しも和らいだということで、
7時から8時くらいの後半の追い切りに組まれたりしていますよ。

写真は先週、新潟の阿賀野川Sで2着に頑張ったフォゲッタブルです。
先週のレース前、陣営は
「もうこの阿賀野川Sで結果が出ないようならいったん休養させるかも」
と、菊花賞に向けての今後を思案していたのですが。
広い新潟コースが合ったんですね~。後方から2着に頑張りました。

ということで、菊花賞に向けてまだまだ諦めていませんよ。
「以前はレース後の疲れがうまく取れずに手を焼いたが、
 ここ3走はレース後の疲労回復も他の馬並みになってきた。」
と池江助手。
次走は美作特別(9月21日、阪神芝2000m、1000万下)か神戸新聞杯(9月27日、阪神芝2400m、GII)とのこと。
ちなみに、神戸新聞杯はアンライバルド、リーチザクラウン、アントニオバローズら実績馬はもちろん、池江厩舎からはアプレザンレーヴ、ヤマニンウイスカーが出走を予定しています。
かなり強力なメンバーですね。どうなりますやら。

さて。
今週の競馬総合チャンネル「ねぇさんのトレセン密着!」はリルダヴァル最新情報とアントニオバローズです。リルは今日も元気いっぱいでしたよ。ではでは。

| | コメント (3)


2009年8月26日 (水)

秋の気配が感じられる今日このごろです。

ここ1週間でグッと夏から秋への変化が感じられませんか?

栗東はだいぶ涼しくなりました。
ちょっと前まで午前7時を過ぎると日がジリジリと暑く刺していたというのに。
もうすぐそこまで近づいた「秋」を感じさせるほど、日の光が柔らかくなりました。

今週のKeiba@niftyは池江寿厩舎の2歳馬についてです。
日曜の新潟芝1800m戦でデビュー予定のジャポニズム。
若干、除外の可能性もあるようですが…さて、どうでしょう。
あとは運次第。

| | コメント (2)


2009年8月25日 (火)

新潟記念は5000万円のかかった3頭に注目~!

おはようございます。
フランス出張がなくなってしまい、ちょっぴり残念な今日この頃。
でも、ブエナは国内なら変わらず女王様でいてくれそうです。
慣れた獣医の先生の手厚いケアの下で秋華賞での好走を期待することにします。

それにしても先週は池江厩舎サマサマでした!
リルダヴァルの強さは前回書きましたけど、
その前のレースで4角大きく外に膨らんだ(弾かれたんですね)のに
2着に食い込んだメルヴェイユドールも強かった!!
着差は半馬身。4角の不利がなければなぁ(惜)。

札幌記念のサクラオリオンもよく頑張りましたよね。
いま、サマー2000シリーズは単独首位です。
サマーシリーズは" 優勝者だけに "褒賞金として
馬主に4000万円、厩舎関係者に1000万円が贈られます。
そう、1位にならないと何も貰えないんです。

札幌記念終了時、サクラオリオンのポイントは15点。
ライバルは新潟記念に出走を予定している3頭。
10点のダンスアジョイ、9点のホッコーパドゥシャ、5点のアルコセニョーラ。
彼らのいずれかが優勝するとシリーズチャンピオンです。
アルコセニョーラが優勝した場合、15点で同点ですが、
前走2着なので札幌記念3着のサクラオリオンより上位になります。

今週の新潟記念は、5000万円のかかったこの3頭に注目~!

| | コメント (4)


2009年8月23日 (日)

モノが違った!リルダヴァル

モノが違った!リルダヴァル
小倉の新馬戦。リルダヴァルは着差以上の圧勝でした。
ホントにいいものを見せてもらいました。
小倉まで来てよかったです(^^)v

道中は最後方から数頭の位置取り。
まだ遊び遊び走っている感じがありました。

1000m通過は先頭が1分3秒7のスローな展開でしたが、
リルダヴァルはそんなのお構い無し。

4コーナー手前から軽くひとまくりで上がり34秒0。
最後は抑えていたほど。

本気で追われたらどれだけ弾けるんだろう?

というほど余裕のある1勝目でした。

レース後はすぐに息が入っていましたよ。

ただ、パドックでは馬っ気を出していたし、
ゲートは鳴きながら出ているし。
全体の時計も決して速くないなど課題はありますが…、

クラシックを意識させる馬であることは間違いないでしょう!

このまま怪我なく、無事にクラシックを迎えて欲しいものです。

| | コメント (3)


2009年8月22日 (土)

無事、小倉につきました。

無事、小倉につきました。
「小倉はカラッとして気持ちがいい暑さだ」

と、ある調教師さんが言っていたのですが・・・。
いやー、わたしには普通に栗東以上にジメジメと暑い(苦笑)。

そういえばその先生は大の小倉好きでした。
”好き、という気持ち” がそう感じさせるのかな?
気持ちってホントに重要ですよね〜。

写真は今日、新馬勝ちしたメイショウデイムです。

| | コメント (1)


2009年8月21日 (金)

ミッキードリームもすごく楽しみなんです。

Photo

今週の新馬戦は、結構取材を重ねた馬が出走するので特に目が離せません。

これは音無厩舎のミッキードリーム。
春先、育成牧場にいる頃に見に行った馬なんですが、
やはりというか、この頃に比べて幼さも抜けてしっかりしてきているようです。

シャンとしてていいですね!
すごく背中が柔らかく、バネがあるとグリーンウッドでも評価が高かったです。

人気になるであろうリルダヴァルやリディルも楽しみですが、
このミッキードリームの走りにも注目しています。

今週の競馬総合チャンネル「ねぇさんのトレセン密着!」では
リルダヴァルとジャポニズム、アドマイヤメジャーとアンライバルドなどの近況を
書いています。ぜひ読んでくださいね。

| | コメント (0)


2009年8月19日 (水)

リルダヴァル、今週デビューに変更。

リルダヴァル、今週デビューに変更。
池江厩舎のリルダヴァル、デビューが今週に変更になりました。

日曜の小倉、芝1800m。ジョッキーは鮫島父です。

| | コメント (3)


2009年8月16日 (日)

東京競馬場 秋が楽しみ!

東京競馬場 秋が楽しみ!
昨日、今日と実家でのんびりさせてもらってます。

でも、競馬もやはり気になるので…東京競馬場にきています。

馬は走ってないけど競馬は見れるんですよ

芝はしっかり伸びていていました。秋が待ち遠しいです!

| | コメント (5)


2009年8月13日 (木)

はじめまして、カザンリクです

Img_9836_2

今朝の栗東は天気雨。
虹が出ないかな〜と空を見上げたけど、
顔に雨ツブがかかるだけでダメでした。。。残念。
ちなみに函館は大雨だったみたいですよ。寒いだろうなぁ。

さて、今週は2歳の特別レース、フェニックス賞が行われます。
カレンナホホエミ、人気ですけど素直に逆らわないほうがよさそうですよ。
福永騎手騎乗の食っちゃ寝王子・エーシンホワイティも好気配。
ただ、気持〜ち太いかな?今朝3時に栗東を出発し、
午後2時に小倉に到着したそうです。
普段より4時間多くかかりましたけどお盆だから仕方ないかな。

今日の競馬総合チャンネル「ねぇさんのトレセン密着!」ではリルダヴァル最新情報とアプレザンレーヴ、ファリダットです。昨日、栗東へ入厩したばかりのファリダットの全弟・カザンリクくん(写真)にもふれていますよ。お楽しみに!

| | コメント (0)


2009年8月12日 (水)

今週のKeiba@nifty は平田修厩舎の2歳馬です

今週のKeiba@nifty<br />
 は平田修厩舎の2歳馬です
今日の栗東は。。。晴れ!暑い!!

とくに午後になってかなり日差しが強くなりました。
夏真っ盛りといったかんじ。
それ故に暑さを考慮する馬ほど朝一番の午前5時から乗り始めています。

北九州記念に出走予定のマルカフェニックスは
追い切りの後に大好きな砂浴びをしに砂場へ行っていましたよ。
遊ぶだけ遊んだから、砂を食べ始めて今度は喉が渇いたみたいでした。
夏女カノヤザクラ嬢も絶好調ですが、こちらも状態のよさなら負けていませんよ。

さて、今日のKeiba@nifty「調教師(せんせー)教えて!」は平田修調教師です。
今年の2歳勢はこれまで以上に良血揃い。
使いだしのタイミングなど気になりますよね。
左のリンクからぜひぜひお読みくださいませ。

| | コメント (0)


2009年8月 9日 (日)

気になる内田博騎手の騎乗停止について

気になる内田博騎手の騎乗停止についてです。

イギリス時間8日、アスコット競馬場で行われた
「ドバイデューティーフリー シャーガーカップ」に出場している内田博騎手。
シャーガーカップはジョッキーたちが出場国別にチームを組み戦うレース。
日本勢は世界選抜チームの中に入り、
アイルランド/イギリス/ヨーロッパの各チームと戦います。

で今回、選ばれた内田博騎手もその中で戦ったのですが、
「6Rで鞭の使用について騎乗停止の制裁を受けた」(JRAロンドン事務所)とのこと。

具体的にはどのようなことをしたのかというと、
「連続して叩いてしまった。日本では騎乗停止の対象にはならない使用法。
 本人も『勝負のかかった最終戦なので熱くなってしまった』と言っていた」
(マネージャー談)

思わず、熱中してしまったんですね。(ちなみにこのレース3着でした)

で、問題は日本でいつ騎乗停止になるかということ。
30日、新潟記念やリルダヴァルの新馬戦に騎乗予定ですが、乗れないの!?

「本人が帰国後、日数や日程が決定しますが、
 15日16日は騎乗できると決まっています。」(マネージャー談)

うーん、かなり微妙な状況です。
内田騎手帰国後、JRAからの発表を待つばかりです。

| | コメント (2)


2009年8月 6日 (木)

今日のおやつは夏みかんではない" みかん"でした

今日のおやつは夏みかんではない"<br />
 みかん"でした
今朝の栗東はくもり。ちょっとだけ雨。
昨日、今日と涼しい日が続いてよかったです。

とはいえ、ちょっと運動すると着替えが必要なほど汗が出ますよ。
この夏、まだ小倉には足を運んでいませんが、
橋口先生の話では栗東よりぜーんぜん涼しいそうです。いいなぁ。

「朝は半袖では寒いくらいだよ」

とのこと。
俄然、行ってみたくなりました!!

今日はそんなお話を聞きつつ、橋口先生のところでみかんをいただきました。
九州出身の橋口先生らしく、日向からのいただきものとのことですが。

なんと。
夏みかんではない"みかん"だったのです。
どこからどうみても、缶ビール135ml缶の上にちょうどよく乗っかるサイズのみかん。
味もほどよく酸味が利いた冬によく食べるみかんですよ。

普段、冬にしか食べないものを冷やして夏に食べるとは、粋ですよね。
冷凍みかんとも違ってジューシーですごく新鮮な気持ちになりました。

橋口先生、いつもご馳走さまです!

というわけで、昨日Keiba@niftyに書いた橋口厩舎2歳馬の追加取材をしました。
それも加味してちょっと修正したので、昨日ご覧になった方も
もう一度読んでいただけると助かります。
※写真は橋口厩舎期待の新馬・リディルです。

競馬総合チャンネルは
スマートプラン、スマートメビウス、ビーチランデブーの松田国厩舎2歳勢、
ダノンゴーゴーとウォータクティクスの近況に触れてます。
こちらもあわせてよろしくお願いします。

| | コメント (1)


2009年8月 5日 (水)

ズルいんですよ、結局

ズルいんですよ、結局
今朝の栗東はほどほどよいお天気。
今週は真夏日を予告されていたけれど、
太陽が隠れる曇りだとかなり涼しくてホッとしますね。

で、今朝は関屋記念に出走予定のキャプテンベガの様子を見てきました(写真)

デビューのころから血統のよさと垢抜けた馬体で注目を集め続けてきましたが・・・
どうも集中力が足りない。
レースで本気を出せない。
出し方を知らない?というよりは、まぁズルいんですよ、結局。

知らないという点では、競走馬というものがレース生活を終えたあと
どうなっていくのかをまったくわかっていませんね、キャプテンベガは。

今のままでは乗馬、せいぜいアテ馬。
種牡馬になったとしても相手はどこまでかしら?
という第二の人生が待っているとはツユしらず、
レースでもさほど本気で走らず、トレセン生活を満喫している様子です。。。

・・・・・・・かなしい

でも、今回の調教はひと味違いますよ。
先週の土曜日のこと、
担当の大當助手がゴール板過ぎても追い続けるというテクニックで
キャプテンベガくんに「最後まで気持ちを緩ませるんじゃないよ!」と
教え込んでいました。

今週の水曜は前に目標になる馬がいたので、
目一杯からちょっと割り引いた程度の追い切りになりましたが、
「土曜日にきっちり追ったので大丈夫」(大當助手)と臨戦態勢バッチリです。

あとは。。。。本番でやる気が出るか出ないか。
もう理屈じゃないんですよね。ここまでくると。
ベガさまのお気持ちひとつといったかんじです(涙)。

| | コメント (4)


2009年8月 1日 (土)

森厩舎、今週の新馬と世界的良血

森厩舎、今週の新馬と世界的良血
明日の新馬戦、カワカミプリンセスの弟メイショウホンマルが注目されていますが、

そのひとつ前、3Rダートの新馬戦もお忘れなく。

森厩舎のメモリーアンジェロの仕上がりが良さそうですよ。

今の時期の2歳戦は仕上がり具合が重要ですからね!

ちなみに森厩舎の2歳馬には父はキングマンボ、全姉のラシアンリズムはヨーロッパでマイルを中心GI4勝をあげている
超良血のリアライズトロイカ(写真)がいますが、彼は現在放牧中。

いったん栗東に入ったんですが、ゲート試験に合格して再び放牧に出ました。

森調教師によると
「10月くらいに栗東に戻してデビューの予定」
とのことです。

| | コメント (2)


2009年8月 1日 (土)

フォゲッタブル

フォゲッタブル
今日の小倉のメーン高千穂特別にフォゲッタブルが登場。

いただいたコメントにもありましたが、やっと普通のテレビに映る時間に走りますね。嬉しい。

秋に向けて、レースぶりにめちゃめちゃ期待が高まります!!

ですが、、、フォゲッタブル(写真)は午前9時すぎの時点で単勝1倍台の1番人気とは。

正直、まだそこまで絶対的に頼れる器ではないと思うのです、残念ながら。

54キロだし、ジョッキーは豊さんだし、勝てる要素は十分ありますけど。

小回りの小倉2000で抜け出せるかな?少頭数なのは救いですが。

3倍台ならともかく、1倍台は狙いにくいなぁ。

わたしは今回は気持ちだけ応援することにします。

| | コメント (1)


2009年7月31日 (金)

リルダヴァルのデビュー戦、8月30日新潟に再設定

Img_9737_2

今朝、リルダヴァル(写真)に担当の片山助手がまたがっていなかったので
あれ〜?どうしたんだろう?
と思っていたら。
もう一頭の担当馬ピイラニハイウェイを連れて小倉に行ったそうです。

今週の池江郎厩舎の小倉出陣は4頭。
菊花賞を目指すフォゲッタブルも出陣。
午前4時に栗東から小倉に旅立ちました。
フォゲッタブルについては「やっと実が入ってきたね」と池江師。
秋に向けて時間がないから、賞金を積み重ねなくてはね。

さて。
リルダヴァルに話を戻すと。

臨時に担当している川辺助手が「これはすごいぞ」と目を丸くしていました。
抜群に背中が柔らかく、乗って歩いているときの感触がたまらなくいいそうです。

馬場で乗った村本助手もかなりの好感触を得ているよう。

結構辛口のスタッフが揃って誉めるのは珍しいので、
めちゃめちゃ期待が高まってます!!

「全身ゴムまりのような馬だよ。
 新潟の3週目、芝1800mを目標にしようと思っている」(池江師)

一時はコズミで馬場入りを控え、
デビューの予定も白紙になってしまいましたが、
大事に至らずよかったですね。

入厩当時は馬っ気がすごくて鳴いてばかりいたのに、
今では担当さんじゃない人に手入れされても悪させずにちゃんとしています。

わたしが目の前に近づいても全然平気でした。

顔つきはこのとおり、まだまだ子供でちょっとおっかないけど、
ちゃんと進歩してますよ。

| | コメント (2)


2009年7月23日 (木)

リルダヴァル

今日、リルダヴァルが坂路入りを再開しましたよ。

デビューはいったん延期になりましたが、無事が一番ですもんね!

詳細は競馬総合チャンネルをご覧ください。

エーシンホワイティやグランドチャペルなどの近況も書いてます

| | コメント (3)


2009年7月22日 (水)

今朝は坂路閉鎖!でも、日食は見れて喜悲こもごも

Img_9649

昨晩、かなりの雨が降ったので今日はどうなるかな?と心配していましたが。。。

雨自体は午前5時の開門から10分〜15分してやみましたが。。。

いや、びっくり。
坂路に小川ができてしまって、閉鎖されてしまいました。

木が折れた、なんて情報も入ってますけど、これは未確認。
JRA栗東トレセンに確認したところ、

「坂路の400メートル地点に小川のような水路ができてしまいました。
 ウッドチップも流れたので、急遽閉鎖となりました。」

とのこと。
なお、今は復旧作業にあたっており、

「明日は坂路が使える予定」

とのことでした。よかった。
とはいえ、急に大量の雨が降るゲリラ雷雨への今後の対処は?
と聞いたところ、

「うーん、何ともいえませんね。
 現段階では、これといった策はありません。」

とのことでした。


話題は変わって、日食見えましたか??

栗東はあいにくの曇り空であきらめていたんですが。。。
午前11時すぎごろ、雲と雲の合間からちょっとだけ見えました!!
せっかくなので見れて記念になりました。

2010年1月15日は西日本では部分食(金環食)が見れるとのこと。
いやー、待ち遠しいデス。


| | コメント (2)


2009年7月21日 (火)

栗東はまだまだ梅雨の真っ最中

今朝の栗東は降ったりやんだりのお天気でした。

沖縄や九州南部、関東甲信越地方はもう梅雨が明けたというけれど、
こちら栗東はまだまだまっただ中というかんじ。

しかも、今朝は小倉←→広島間で山陽新幹線がストップするほど
大雨が降っているというではありませんか。。。

栗東もこれからさらに雨足が強くなるのかも。

予報では明日の朝は曇りのようですが、
今日午後から明日にかけてはかなりしっかり降るみたい。

明日は馬場悪化を敬遠して追い切りを延期する陣営も結構いるでしょうね。

| | コメント (1)


2009年7月19日 (日)

手作りミスト扇風機

手作りミスト扇風機
おはようございます。

きのうの新馬、カレンナホホエミは着差以上に強かったっですね〜(^-^)
橋口師が言っていたとおり、ホント優等生でした。
次は小倉2歳Sへ向かう予定ですが、
そのあたりもすべて計算どおりといった印象です。

さて。
今日の中央競馬は新潟・小倉の両メーンで西園厩舎から目が離せませんね。
アイビスSDのエイシンタイガーもコスモベルも、博多Sのシルポートも
栗東ではこんな変わった仕掛けの扇風機で涼んでいます。

タンクの水を扇風機で送り込む装置??
おおきなミスト扇風機?????

まだまだ暑い日々は続きますが、
わたしもエアコンに頼らずに工夫して暑さをしのがなくては(☆。☆)

| | コメント (0)


2009年7月17日 (金)

新コーナー「自信の一鞍」できました!

いつも重賞の予想はiza!さん、
土日のメーン3鞍の予想はumajinさんに書いています。

そしてさらに。
今週から、土日のうちで一番自信があるレースをumajinさんで発表することになりました。

その名も「自信の一鞍」。

毎週じゃないけど、すごく自信があるときだけ掲載します。

その第一週の今週は。。。



ありますよ!!

小倉の新馬戦です。

登録(無料です)すればOKなのでぜひ見てくださいね。

http://www.uma-jin.net/

| | コメント (0)


2009年7月16日 (木)

宮古島のパイナップル

宮古島のパイナップル
おはようございます。
今朝の栗東は昨日よりは涼しいかな。
とはいえ、時間を追うごとに暑くなります。。。

今朝は橋口先生のところへお邪魔しました。
息子さんが宮古島のお土産で買ってきたというパイナップルをいただいたんですけど。

甘すぎず、ほどよく酸っぱくて美味しい!
暑さを冷ましてくれるような、すごく爽やかな味わいでした。

ごちそうさまでした!!


今週は新馬2頭がデビューする予定の橋口厩舎ですけど、
カレンナホホエミにかなり期待しているようでしたよ。

詳しい話は競馬総合チャンネルに書くので興味のあるかたはぜひ読んでくださいね。

| | コメント (4)


2009年7月15日 (水)

リルダヴァルもシャワー浴びてます

リルダヴァルもシャワー浴びてます
おはようございます。

今日のトレセンは調教師の先生がぜーんぜんいません。
北海道でセレクトセールが行われているので当然なんですが。

引退までカウントダウンのこの先生はいるかな〜?

なんて思いきや・・・甘かった。
やはり、北海道でした。

今日のKeiba@nifty 「調教師(せんせー)、教えて!」ではこの厩舎について書きますね。

それにして、暑い。日光が熱く肌を刺します。

あ、リルダヴァルがシャワー浴びてます。
気持ちよさそう。。。。。

| | コメント (1)


2009年7月14日 (火)

ラヴェリータ

P1030478

明日の川崎、
スパーキングレディーカップ。

ラヴェリータが出走します!!

芦毛の愛らしい彼女、
厩舎ではめっちゃ大人しくて愛嬌満点なのに、
イザ戦いとなると急にスイッチが切り替わったように"戦士"になるんですよっ。

真のツンデレです、この女は!!

川崎までいけないので、ネットで熱~く応援しときます|∀・)

| | コメント (1)


2009年7月14日 (火)

ディープの弟は1億6500万円なり

今日もセレクトセールを見てました。家で。

注目はやっぱり
ウインドインハーヘアの0歳馬

ご存知、ディープインパクトの弟くんです
お父さんはダイワスカーレットの半兄でもあるダイワメジャー。

5000万円から500万単位で競られていて、
あっという間に1億の大台を突破。

この生まれて半年もたたない(1月27日生まれ)彼は、
結局1億6500万で落札されました。。。

チャームポイントはパパと同じ左前脚以外の白いソックスかな。

そのちょっと前にダンスパートナーの子供が競られてたんだけど、

このお坊ちゃん、自分が5000万で競られていることもつゆ知らず、

ウンチしてた。。。。。(○゚ε゚○)

でも、目元がお母さんそっくりでなかなか気が強そうでしたよ。

| | コメント (2)


2009年7月13日 (月)

セレクトセール2009 馬1頭が1億4500万円!!

ネットでセレクトセール2009見てます。
セレクトセール 会場ライブはこちら

こんなご時世でも100万、10万単位で刻まれるセリを見てると、
お金があるところにはあるんだな〜とシミジミ思いますわ。

中でも、注目はやっぱりアドマイヤムーンの半弟。

マイケイティーズの2008


な、
なんと、145,000,000円!!!


ビッグレッドファームさんが落札してました。

来年には彼もトレセンに入ってくるわけですが。
馬自身は自分が1.5億だってことをぜーんぜんお分かりでないのよね。

ただ、担当者が値段を意識しているときは馬も

自分が大事にされてるなー
特別扱いされてるなー

ってことが、わかることもあるみたい。


セレクトセール 日本競走馬協会

| | コメント (1)


2009年7月12日 (日)

七夕、めっちゃ痛っ!

七夕賞、うわぁー悔しいっ!!

勝ったミヤビランベリと2着アルコセニョーラ中心に狙ったところまではOK。
でも、13・ホッコーパドゥーシャがないよ。。。

馬券総合倶楽部やiza!の予想は当てましたが、
日経トレンディネットの予想ははずしてしまいました。。。

ゴメンナサイm(_ _)m

狙いそうで狙い損ねる、
最後に選ばなかった馬がきちゃった!
というのはホントめっちゃ悔しいゎぁーー(><)

七夕賞3着のホッコーパドゥーシャは、

・調子のいいウチパクさん乗っている
・浜田厩舎から村山厩舎に移ってから成績Up
・馬が福島上手

しかも村山l厩舎には木曜朝、取材に行ってるじゃない。。。

馬単はしっかりとったものの、
3連単をちょっとだけ狙い損ねるというのは、
足の小指を柱の角にカスッてぶつけたくらいメッチャ痛いです(涙)

| | コメント (2)


2009年7月12日 (日)

勝ったのはマイネアロマ

勝ったのはマイネアロマ
今日の阪神の新馬戦、勝ったのはロージズインメイの子・マイネアロマ(写真)。

見習いの松山騎手を乗せて3キロ軽い51キロで走れたし、
早い時期から本格的なトレーニングを開始するマイネル軍団はやはり2歳戦は強いなぁ。

ダノンアンチョも好位から渋太く粘ったけれど、少しだけ負けてしまった。
でも、メドは立ちましたね。次も狙います!

札幌ではベッラレイアの姪にあたるピーチブローフィズが完勝。
プレミアムストーンも勝った森厩舎は早くも2歳馬で3勝ですか!
すごいなぁ。
でも、もっと走りそうなリアライズトロイカやアグネスティンクルは
ゲート試験が受かっただけでまだ出走してませんからね。
今後も目が離せません。

| | コメント (0)


2009年7月11日 (土)

素質馬が集まる明日の新馬戦

Kamidanomi

今日の新馬戦、ヴェラブランカはいいところナシで負けちゃいました。。。

やっぱり距離が短かったかな。

調教で出来るかぎりは仕上げたとはいえ、
実際のレースを走ることで仕上がるタイプなのかもしれませんね。

勝ったカリビアンペガサスはスタートがすごくよかった。
森厩舎は今年、札幌でも新馬勝ちしているように使い出しも早くて初戦から大いに狙えそうです。

ちなみに明日も阪神でカミダノミ(写真)を出走させますね。
こちらはカリビアンほど初戦向きではなさそうですけど、面白そうです。

とにかく明日の阪神新馬芝1800メートル戦は厩舎の期待馬が顔をそろえます。

友道厩舎のラプリマステラと橋口厩舎のローザミスティカはそれぞれ調教師さんが来春のクラシックを意識しているし、

角居厩舎のダノンアンチョは550キロなのにバランスが取れた身のこなしをする素質馬。体がかなり大きいのに動きは重苦しくない。

この3頭は競馬総合チャンネルの連載でだいぶ前から追いかけていますが、

現時点での仕上がり具合ではダノンが面白い!

とはいえ、結果よりも内容と彼らの伸びしろをじっくり見ておきたいレースになりそうで、すごく楽しみデス。

| | コメント (1)


2009年7月10日 (金)

お腹まわりもスッキリ!ヴェラブランカ

お腹まわりもスッキリ!ヴェラブランカ
阪神・土曜日の新馬戦。
やっとやっとヴェラブランカが出走できます〜(>▽<)

当初は1週目に予定されていたけれど、
僚馬ダノンパッションのデビューが優先されたので、
とりあえず「待て」ということになり。。。
先週は福島芝1800m戦を予定し馬房を確保したのに抽選に漏れ、、、
やっとやっと、今週こそは待ちに待ったデビュー戦を迎えることになりました。

結局、丸3週間も出走が延びたわけで、
普通ならこんな状況になったら馬が疲れてしまうことも珍しくありません。
徐々に追い切りがハードな内容になっていき、
レースを迎えるというプロセスは馬自身も知っていますからね。

でも、ヴェラちゃんは偉かった!
いつ出走か、というぴりぴりした状況でもマイペースを崩さず、
ちゃんと調教にもついていき、いい状態で平行線を保ちましたから。

「まだ一度もレースを使っていないから、
 レースが終わった後はラクをさせる、
 というプロセスを馬自身がわかっていない。
 でも、今回に限ってはそれがよかったんじゃないか。」
 (担当の川辺助手)

入厩当初は500キロを超えていましたが、
現在は500キロをやや切るからだ。
「おそらく490キロくらいで出走の予定」(川辺助手)
とのことでした。

体は3週前に比べて、ややお腹まわりがスッキリしたなぁ、という印象。

乗り込み量と仕上がり具合という点では相当なものです。

人気を集めるでしょうが、ここは素直に彼女の練習量の多さを買いたいものです。

| | コメント (0)


2009年7月 7日 (火)

チーム・フォゲッタブルは健在デス

Photo

先週の日曜にも書きましたけど、
フォゲッタブルが500万下を卒業してホントによかった!

フォゲッタブルはディープインパクトのオーナー金子氏が
エアグルーヴの子供を2億5725円で買い、
ディープインパクトに携わった厩舎・スタッフに預けた、
ということでずいぶん話題になりましたよね。

はい、実際わたしもさせていただきました。

でもまぁ、新馬はデルフォイに敗れて5着。
2戦目で未勝利は勝ち上がったけど、そのあとが時間がかかった。。。

「もう、いい加減そろそろなんとかしないと」

最近、担当の市川厩務員とフォゲッタブルの話をするたび、
そんな言葉が出てきていたし、調教担当の池江助手も

「秋から本格化すると思うんやけどなぁ。でも、そろそろ」

なんて言っていたので、今回は"そろそろ"どうなんかなぁ?と思っていたところでした。

フォゲッタブルをめぐって厩舎サイドは
ディープインパクトをまったく同じスタッフで育てる、
という方針を示していましたが。

それは今でも変わりませんよ。

ディープインパクトのときみたいに、池江助手が毎日毎日乗っていますから。


チームディープならぬ、チーム・フォゲッタブルは健在デス。


秋の目標は神戸新聞杯。

「まだまだ諦めてませんよ~!!」

と、池江助手。

諦めたらすべてが終わりですもんね。

秋に向けて、楽しみがまたひとつ増えました。

| | コメント (1)


2009年7月 3日 (金)

坂路。今度はわかるかな?

Img_9471_4

さっきの記事、わかりにくかったので写真を大きくしてみました。

| | コメント (1)


2009年7月 3日 (金)

坂路コース

坂路コース
坂の途中、右側にある「0」の標識がゴールです。

ずいぶん頂上の手前にあるでしょ?

ここからスピードを緩めて、カーブしながら下ります。

ちなみに手前から2頭目はキャプテントゥーレ。

夏の新潟か札幌で復帰予定です。

| | コメント (2)


2009年7月 3日 (金)

早朝の坂路

早朝の坂路
おはようございます。

今朝は坂路のスタンドにきています。

お馬さんたちは坂を駆け上がる前に

厩舎ごとにウォーミングアップ中。

| | コメント (0)


2009年7月 1日 (水)

久しぶりに3時半に起きました

今週から栗東トレセンの馬場開門時間は午前5時になりました。

その時間から追い切りが始まるのであって、厩舎の仕事自体はその1、2時間前から始まります。

取材するわたしの仕事始めはもうちょっと遅めでいいんだけど、
でもやっぱり準備があるので3時半には起きないと、、、ってかんじ。

東京に住んでいたころは、この時間に寝ていたくらいなのにな(苦笑)

せっかく栗東にいるので頑張って起きてます。

その反動だわ、、、今日はもう眠たいzzz

昼寝もしたのにな

もうギブです。おやすみなさい〜☆

| | コメント (1)


2009年6月29日 (月)

宝塚記念

宝塚記念
宝塚記念が晴れ、良馬場で行われたのは4年ぶり。

あのスイープトウショウが勝ったとき以来なんですね。

そして、このときの優勝ジョッキーも池添謙一騎手でした。

池添騎手、この中間は携帯の天気予報サイトを一日何度も見て、

お天気をチェックしていたとのこと。

願い通じて、理想の馬場状態で競馬ができて何よりです。

実に迷いのない、思い切ったプレーをするので大好きです。

昨年のオークス、トールポピーで制して以来のGI制覇となりました。

おめでとうございます。

そして、ドリームジャーニー。

完勝でした!精神的にかなり強くなったように思います。

恐れ入りました。

良馬場なら、という条件こそつきますが、もっと信頼していこうと思います。

秋はオールカマー→天皇賞・秋→香港ヴァースというスケジュールで挑むと、

池江寿師から発表がありました。

ウオッカ様との対決、楽しみです!!

男の子、がんばってほしいなぁ。

| | コメント (2)


2009年6月25日 (木)

よく食べよく寝るエーシンホワイティ

よく食べよく寝るエーシンホワイティ
今週の新馬戦、楽しみなエーシンホワイティの様子を見てきました。

福永騎手がかなり期待をかけているようで、楽しみな一頭。

厩舎では、いつも食べてるか寝ているかってかんじで、マイペースぶりを発揮していますよ。 

リラックスするハウツーを心得ているのは、めっちゃいいことですよね。

| | コメント (1)


2009年6月24日 (水)

今朝の栗東は雨、ときどき曇り

今朝の栗東は雨、ときどき曇り
こんにちは。
縁あって今日からココログにお世話になることになりました。

ブログも家もかなりの"引越し魔"なわたし。
家なんて更新の手続き、1回しかしたことないほど移動しまくってました。
でも、今はもうじゅうぶん。ようやく落ち着き場所を見つけたかんじです。
ブログも同じ。ここが終の棲家かな。
というわけで、とにかくスタートです。末永くよろしくお願いします。

さて、今日の栗東のお天気は雨、ときどき曇り。
とくに朝一番は結構強い雨降りでしたよ。
8時すぎにいったんやんだものの、またポツポツ降ったり降らなかったり。
ごらんのように水たまりもたくさんできてました。

ちなみにこの馬は宝塚記念出走予定のモンテクリスエス。
今回はちょっと距離が短いかな。でも、元気いっぱいです。

| | コメント (4)