本文へジャンプします。




2010年5月

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月29日 (土)

本日、午後6時30分すぎにラジオ出演

1005281_4

 トゥザグローリー(写真)もリルダヴァルも
東京競馬場につきました。
出迎え取材の様子は「池江泰郎厩舎 カウントダウンブログ」をみてね。

それにしても…さむいっ!!
雨も降りそうだし、季節が急に逆戻りしたかんじがします。

でも、せっかくだからダービーは雨が上がってほしいな。

それから、おしらせ。
本日、午後6時30分すぎに久々にラジオ日本に出演します。
内藤アナと一緒に日本ダービーを予想をしますよ☆

関東地方の皆さん、ぜひお耳でお会いしましょう!

| | コメント (1)


2010年5月29日 (土)

矢部美穂ちゃん

久し振りに矢部美穂ちゃんに会った。
なんだなんだ、近況報告などしあったりして楽しかった。

彼女はホントにしっかり者で根が優しいから。幸せになって欲しいです☆

| | コメント (2)


2010年5月29日 (土)

いよいよ明日は日本ダービー!

Photo

とうとう、明日は2010年日本ダービー。

毎年、この時期になると自然と気持ちが高ぶります。
その一方で、ちゃんと仕事を消化しないと!という冷静な自分もいます。

今年のダービーは池江先生公認で池江厩舎のカウントダウンブログをやらせていただいている手前、池江厩舎から出走するリルダヴァル(写真上)とトゥザグローリー(写真下)への思い入れもひとしおです。

2頭とも入厩当初からたくさん取材をさせていただきました。毎日の様子は「池江厩舎のカウントダウン ブログ」からごらんください。2頭ともキッチリ、ダービーをピークに仕上がりました。着をとりにいく競馬ではなく、果敢に勝ちに行く競馬をしてくることでしょう。2頭とも秋以降にもっともっとよくなるはずですが、現時点では最高に仕上げていますよ。

ちょうど今頃、リルダヴァルとトゥザグローリーは東京競馬場へ向けて出発しているはずです。これら一連の企画を池江先生に承諾していただくとき、「ファンの方に夢を与えてね」と言われました。そして厩舎スタッフの皆さんも忙しい中、度重なる取材に応じて下さっているおかげで記事を書けています。(ありがとうございます。)ダービーが終わるまで、池江先生に言われた言葉を胸に取材に努めたいと思います。

一方、わたしはお金をいただいて予想をするという立場でもあるので…予想はあくまでも予想。冷静につけました。本命はルーラーシップ。この馬の上積みに賭けます。(予想はiza!ブログをごらんください)

「リルダヴァルとトゥザグローリー ダービーまでの道」はまだ未完です。ダービーが終わるまでを粒さに書いていけたらと思っています。ダービー出走までに全部書き上げられなくてごめんね。リルとトゥザの話はまだまだ続きますので、こちらはマイペースでお付き合いくださいm(_ _)m

PC1 PC2 PC3 PC4 

携帯1 携帯2 携帯3 携帯4

では、いってまいります。

1005282


| | コメント (1)


2010年5月29日 (土)

日本ダービー 池江厩舎のコメントをまとめました。

池江調教師、池江厩舎スタッフ、福永祐一騎手のコメントをまとめました。

Ikee100526

 

池江泰郎調教師

「最後のダービー、2頭とも間に合って喜んでいます。水曜の追い切りをこの2頭の組み合わせにするのは当日の朝に決めまし た。リルダヴァルはすごく調教は走る馬ですから、トゥザグローリーがリルダヴァルの胸を借りました。トゥザグローリーにとっては、それまでにない時計を出 しています。さらなる状態アップとみていいでしょう。リルダヴァルは今回が一番いいんじゃないですか。
 これまで、もう必死で馬も人も全力投球で やってきましたからね。これが終わるとわたしのダービーはもう二度とないのでね、悔いのないように戦えたら、と思いますよ。応援よろしくお願いします。」

Tothe100423

市川明彦厩務員(トゥザグローリー担当)
「馬体はここ2週間でそれまで立って手入れしていたのが背伸びしなければならないくらい背丈も成長 しているので、前走と比べて馬体重の変動以上に筋肉は引き締まっています。精神面がひじょうに強くタフで、ディープインパクト以来の手ごたえを感じます。 僕の厩務員人生の集大成といえる馬でダービーに出走できるのは嬉しいですね。」

100519

池江敏行調教助手(トゥザグローリー担当)
「調教は親方の指示どおりに乗れたと思います。なかなか体を絞りにくい馬なので、なるべく汗をか くように遅い時間に調教していました。ひと追いごとに徐々によくなっていますね。伸びしろはまだあるし、上積みは十分見込めます。秋以降はもっとよくなる と思いますが、現時点ではこれがベストといえる状態ですよ。」

Photo_3

片山裕也調教助手(リルダヴァル担当)
「半年の骨折休養後、春の目標はダービーに出ることだったので運よく出走できてよかったです。毎日杯 から中2週と常識的にはキツいローテーションが続きましたが、NHKマイルC以上に状態は上向いています。皐月、NHKはそれぞれベストを尽くしました が、結果的にはあのGI戦が調教がわりになったように思います。出るからには勝つ気持ちで仕上げました。持ち乗りになって初めてのダービーですし楽しみで す。」

Photo_4

福永祐一騎手(リルダヴァルに騎乗)
「NHKマイルCから下降線をたどるのかと思っていたら、逆によくなっていますね。今回の追い切りはこ れまでまたがった中で一番躍動感がありました。どうなるかわからないけれど、GIは1着にならないとやっている意味が無い。スタートもいいので出たとこで 折り合いをつけて最後どれだけ伸ばせるか、というイメージを持っています。
 具体的な作戦?いや、ダービーはそこまで細かいことを考えたらイカン 気がする。どれだけ自分の馬の力を信じて乗れるか、だと思います。」

村本善之調教助手(元騎手)
「ダービーは競馬の祭典。池江厩舎がはじめてダービーに参戦したヤマニンアーデンに乗っていたが、あの馬はもう ちょっと距離が短いほうがいい馬で相手にならなかった…。あれから23年、池江厩舎もいよいよこれが最後のダービーになる。リルダヴァルとトゥザグロー リー、2頭とも間に合って本当によかったよ。」

※詳細や続報は「池江厩舎 カウントダウンブログ」をごらんください。


| | コメント (0)


2010年5月27日 (木)

ダービーの本命、決めました!

100527

迷っていたけど、今朝の取材で決めました。

ルーラーシップです!

| | コメント (2)


2010年5月26日 (水)

國廣陽子ちゃんの写真展!

Kunihiro

馬の愛らしい表情をとらえるのがめっちゃめちゃ得意な写真家・國廣陽子さんの写真展が今日から新橋 Gate J Tokyoで開催されています。

上の写真でこちらを向いているのはウオッカ。
優駿の表紙のアパパネの写真も目がクリッとしていて愛らしかった!

彼女の写真は、美しいだけじゃなくて、温かくてホッとさせられるんです。

そして、彼女自身もひたむきですごく頑張り屋さん。大好きです。

陽子ちゃん、これからも頑張ってね。ていうか、体壊さないように。応援してます。

國廣陽子さんのブログはこちら!

| | コメント (1)


2010年5月26日 (水)

正直、ダービーの印をつけたくない。

Ikee100526

今朝、池江先生のトゥザグローリーとリルダヴァルについて
インタビューしながら、その熱い言葉にウルッときてしまった花岡です。。

※そのインタビューの様子はこちらです。

「みんな"最後、最後"というからね。
俺が走るんじゃないのに、熱くなっちゃったよ」

なんて、インタビューを終えた池江先生が清清しい笑顔を見せる。。。

もう、気持ちは

◎リルダヴァル

100526

◎トゥザグローリー

1005262

です!

でも…、常識的にはどーみてもヴィクワールピサの完成度が高いし、
美浦のペルーサの上積みも恐ろしいし、
マツクニローテで挑むダノンシャンティは強すぎる。。。
ヒルノダムールも成長しているし、
ルーラーシップは調子を上げているワケですよぉ

うーん、困りました。
てか、正直。今年のダービーは印をつけたくありません。

いま、池江先生公認で池江厩舎のカウントダウンブログをやらせていただいたり、
これまでの歴史を振り返る「Legend Stable 池江厩舎の軌跡」を書かせていただいて
いるじゃないですか。
これをきっかけに、厩舎スタッフの方々に頻繁に話を聞いていることもあり、
池江厩舎の馬への思い入れが強くなっているし、
実際、トゥザもリル、2頭ともすごくよくなっている。

今朝はトゥザグローリーの市川厩務員とリルダヴァルの片山助手と一緒に
追い切りを見ていたんですが…。

………ド迫力!!

トゥザは520キロの大きな体をいかしたさらにパワーアップした力強い走り、
リルは2歳時を彷彿させる素軽い動きでここにきて再びパンとしてきた印象さえあります。

でも、やっぱり皐月賞の強さを考えるとヴィクトワールピサに◎をつけるべきかな…

という競馬予想家としての常識的な気持ちもあります。

ダービーがものすごく待ち遠しい反面、
印をつけるのが本当にイヤになってきました(苦笑)

| | コメント (1)


2010年5月24日 (月)

和風フレンチ french o・mo・ya 草津追分店

Photo

最近、友達とひさしぶりに外食する機会が増えてます。

今日はたまたまO調教師に奥さんに誘われて、
南草津で和風フレンチをいただきました。

Photo_2

じゃがいもととろろ昆布のスープ。
ほっくりした味だった。

Photo_3

で、メインはすずき。

Photo_4

デザートもいただきました。

女ともだちというのは大事だな~と改めて思う今日このごろです。

【おみせデータ】

french o・mo・ya 草津追分店
滋賀県草津市追分町字丸尾1092-3
TEL/FAX 077-566-8866 (水曜定休)

| | コメント (0)


2010年5月23日 (日)

アパパネおめでとう☆

Apapanechan

オークスはアパパネとサンテミリオンの同着優勝。

何回も写真を引き伸ばして引き伸ばしてみたけれど、
その差はなかったようですね。

両方とも関東馬ですが、アパパネは栗東にも二度もきていたし、
担当の福田調教厩務員は長い長いお友達、
国枝先生にも開業当時からお世話になりっぱなしなので嬉しい限りです。

おめでとうございます!

ちなみにアパパネ陣営、最初は負けたと思って2着の枠場に入ろうとしましたが、
経験豊かな某助手が「大丈夫、1着だよ」と1着の枠場へ誘導したそうですよ。

ちなみに、今日の東京の馬場は内側3、4頭分があまりよくなかったそうです。

「それでも、全体的にはまだ馬場はいいほうですよ。
 アパパネは桜花賞のときとは違ってムキムキしたかんじがなくなってきたけど、
 その分距離が持ちそうな体になっていましたからね。
 今日は落ち着きもあって状態もよかった。
 自分の力をしっかり出してくれました。
 レース後の状態も変わりないですよ。大丈夫です。」(福田調教厩務員)

秋、また栗東にきてくれるといいな。

とにかく、今日はおめでとうございました~☆

| | コメント (2)


2010年5月23日 (日)

心霊写真じゃないですよ!

1005222

昨日は京都競馬に行ってきました。

池江厩舎の馬が4頭出ていたんだけど、
どれか1頭くらい勝つかな?
と思って応援に行ったのです。

惜しい競馬が続いたあと、
勝ったのはリアルプリンス

優勝後、かけつけたらこんな写真が撮れました。

馬の右側にいる物体(!)は岩田騎手。
シュタッと忍者のように馬から下りてました(笑)。

うちのカメラ(Lumix G1)は少々条件が悪くてもシャッターを押せてしまうので
一部の動きだけが図抜けて速いとこんな写真が撮れてしまいます。

普通に馬を撮っていても脚が1本だけ写ってない(動きが速すぎて)なんてザラだもの。

心霊写真じゃないですよ!

| | コメント (1)


2010年5月22日 (土)

フジとサクラ

Photo

意図したわけではないのに、本命対抗が"フジ"と"サクラ"になりました。
先日、Twitterで偶然拝見した写真を思い出し、すごくご縁を感じました。

予想はiza!ブログ「ねぇさんのロマうま」をご覧くださ い!

撮影された@katsu325さんのお写真はこちら!
http://twitpic.com/1osjfj

美しい写真がたくさんあります

| | コメント (0)


2010年5月21日 (金)

オークスの本命

1005201

オークスの本命馬は取材した関西馬の中から決めました。

今週の競馬総合チャンネルで書いたとおり、
取材した中でもこの3頭のどれにするか、すごく迷いました。

オウケンサクラ、ショウリュウムーン、そしてシンメイフジ。

はじめはオウケンサクラを本命にするつもりだったんです。
そのタフな気性は絶対に2400が合うし、血統も魅力だったから。

ショウリュウムーンも捨てがたく、困るに困った。
馬なりで迫力満点の追い切りを見せていて、めっちゃいいかんじ。

でも、追い切りで思わず他の手をとめて見入ってしまったのはシンメイフジ。
その抜群の動きを見て、すぐさま乗っていた岩田騎手の話を聞きにいき、
さらに厩舎へ取材に駆けつけましたよ。

馬房にいたシンメイフジは実に大人しく、人懐こくて可愛いの。
クイクイと甘えて近寄ってくるシンメイフジの首筋を撫でたら…うわっカシミヤの肌触り。

「100のデキだと思っていた桜花賞は、今思えば80だった」
と担当の佐藤助手もかなりの手ごたえを感じている様子でした。

これはいい。
ひじょうに落ち着きもあるし、この性格なら2400は大丈夫そう。
というわけで、あの縁起のいい白毛馬ホワイトベッセルと同じ馬房に住む彼女に本命を託すことに決めました!

予想はiza!ブログ「ねぇさんのロマうま」をご覧ください!

1005202

| | コメント (2)


2010年5月20日 (木)

勝ったと思った

10519

100519_2

今朝の栗東は小雨だったのですが、
ブエナビスタ(写真上)もヒカルアマランサス(写真下)も"いつもどおり"運動してました。

"いつもどおり"を繰り返せることが、実はすごく大事だしイイコトなんですよね。
その積み重ねを超えた先に競馬があるのですから。

ちなみに結果としてヴィクトリアマイルで1、2着となった2頭ですが、
レース中はちょっとしたエピソードがありました。

ブエナビスタを担当している山口厩務員とヒカルアマランサスを持ち乗りする川辺助手。
この2人は旧知の仲で、ともにゲートへ行っていた都合で2人一緒に移動するバスでは隣同士に座り、テレビでヴィクトリアマイルを観戦していました。

直線。一瞬、ヒカルアマランサスの勢いが止まった?
と思いきや、馬群の真ん真ん中で再び"グイッ"とバネを利かせて鋭く伸びだし…。
しかも、まわりにヒカル以上に勢いのある馬の姿は見えない。

「ヤッタ!!」

川辺助手は思わず隣の山口厩務員に抱きつき、グイグイと伸びるヒカルの脚色を見守ったそうです。
しかし、そこへ外から突っ込むのは山口厩務員のブエナビスタ。

「え…?エーーー??」

ゴールの瞬間、テレビにはヒカルアマランサスが明らかに優勢に映り、周囲は川辺助手に「おめでとう」の嵐。
ブエナビスタの山口厩務員でさえも「ブエナはハナ負けした」と思ったそうです。

しかし…。
バスを降りて、川辺助手がどっちが勝ったかをJRAの方に確認すると
「ブエナビスタ」
という返事。

「ヌカ喜びだったなぁ。シューっと気持ちが覚めたよ。
 血圧が300から100に落ちた気分(苦笑)」(川辺助手)

テレビカメラの映す角度によって、かなり見え方が違うとはいえ…すごく罪作りな映像ですよね(苦笑)。

終わってみればブエナビスタが精神力で克服した勝利でした。

「まぁ、あの馬に負けたなら仕方ない。ヒカルはよく頑張った。」(川辺助手)
「ヒカルの勢いは凄かった。それをかわしたブエナビスタの精神力は本当にたいしたものだ。」(山口厩務員)

ライバルと愛馬を称えあう川辺助手と山口厩務員。
もしも2頭同着でも喜びを分け合ったに違いないな、と思わせるふたりでありました。

| | コメント (1)


2010年5月20日 (木)

可愛い!

100519

可愛い!

と感じさせるモノは見ているだけで心が和みますよね。

ダービー出走予定のレーヴドリアン、

芦毛というだけで可愛いのに、
シャワーを浴びたあとにプルプルと露をはらう仕草が…

めちゃめちゃ可愛い!

癒しショットです~

| | コメント (1)


2010年5月18日 (火)

さくらとサクラ

2

プロゴルファーの横峯さくらさんが宮崎県の口蹄疫被害に対して1200万円を寄付した、というニュースを聞きました。

中小企業診断士えんさんのブログによると、横峯さんは同スコアのライバルが決めたパーパットを素直に称えるほどのお人よしだそうですね。

それを聞いて、彼女がすごく好きになりました。
これからゴルフ中継を見るのが楽しみです。
めちゃめちゃ彼女に親近感が沸くだろうなぁ。

そして、競馬のサクラさまも大好きです。

今週はオークス。
わたしはオウケンサクラを本命に推す予定。
彼女はまだ若いからか気分屋な面もあるけれど、
少々のことではへこたれない”いい根性”の持ち主です。
レースでも決して自分に有利な流れではなくても、走りぬく強さ。

ほんとうにタフ!

レースも世の中も理不尽なことっていっぱいあるじゃないですか。
でも、サクラはそれを乗り越え、
相手を蹴落とすのではなく自分の力で結果を出すのです。

さくらとサクラ、
その心の強さには感服します。

追伸)
サクラさまを撫でていると不思議と気持ちも落ち着きます。
うまくいえないけど、なんだろうね。この安心感は。。

| | コメント (3)


2010年5月17日 (月)

2010年 日本ダービー出走ボーダーライン(5月17日現在)

日本ダービーの出走ボーダー、今年は例年になく下がりそうです。

皐月賞1着 ヴィクトワールピサ 角居
皐月賞2着 ヒルノダムール   昆
皐月賞3着 エイシンフラッシュ 藤原英
皐月賞4着 ローズキングダム 橋口
青葉賞1着 ペルーサ      藤沢和
青葉賞2着 トゥザグローリー  池江郎
プリンシパル1 ルーラーシップ   角居
7750万 ダノンシャンティ  松田国
4200万 ゲシュタルト     長浜
3900万 アリゼオ       堀
3600万 サンライズプリンス 音無
3300万 ハンソデバンド   尾形
2950万 コスモファントム  宮
2800万 サンディエゴシチー 作田
2000万 シャイン      川村
1850万 トーセンアレス   鈴木康
1700万 レーヴドリアン   松田博
1200万 リルダヴァル    池江郎
 900万 トウカイメロディ  後藤
 900万 ビートブラック   中村
 900万 メイショウウズシオ 飯田明
 400万 タニノエポット   村山

※5月17日現在、900万の馬から1頭抽選で出走が可能です。

ただし、来週の昇竜Sの優勝馬には収得賞金950万が加算されるので、その馬の動向によってはボーダーが引き上がります。

※トゥザグローリーは戸崎圭太騎手に決まりました。

※リルダヴァルが日本ダービーへ出走できる!という話をしたときの池江師の反応は「Legend Stable 池江泰郎厩舎カウントダウンブログ」をお読みください。

| | コメント (0)


2010年5月17日 (月)

言霊

Img_0389
オカルト大好きな花岡です。

先週の金曜日のこと、
ヒカルアマランサスちゃんの前にいたら、池江先生がニコニコしながらやってきて
「ビックリさせてみようか!」
というのです。
ヒカルちゃんは二日後の日曜日、ヴィクトリアマイルで人気実力ともに安定上位のブエナビスタとレッドディザイアを相手に戦うことになっていたのですが、戦前の評価はこの2頭に割って入るのは難しいのでは?というものだったのです。

でも、池江先生は違うんですよね。
たしかにヒカルちゃんの体調はよかった。(当日はマイナス体重だったけれど、栗東にいる段階ではカイバもよく食べていたんですよ!)
だからこそ、相手が強いのは重々承知の上で"諦めない"。
「競馬だからね、自分の今できることを精一杯やれば何が起こるかわからないよ。」

そして、日曜日。
ヒカルアマランサスはゴール寸前までブエナビスタやレッドディザイアを差し置いて果敢に先頭を走りました。最後の最後はブエナにかわされてしまったけれど、2着に大健闘したのです。

2着。。。。。。。。。。
競馬では一番悔しい着順ですけど…本当によく頑張ったなぁと思います。

と同時に、あれだけ劇走した上に戦前から体重も減らしていたので、いまのコンディションが気になります。
すごい脚で追い込んだ京都牝馬Sのあと、しばらくカイバを食べれませんでしたから…。明日、さっそく大仕事を終えたヒカルちゃんの様子をうかがいに行ってこようと思います。

Photo

一方、ドバイ帰りのブエナねえさんは、最近精神面の貫禄が増したように思えます。

もともと走りこんで筋肉がつくタイプだけに今回のヴィクトリアマイルは100%のデキには遠いものでした。

でも、彼女は精神面がひじょうに強い。
自分のやるべき仕事が何なのか、ちゃんとわかっていらっしゃる。
だから、少々のことで泣き言いわないわけですよ。

相手関係の能力差、そして彼女の精神力を加味して自信をもって本命をつけたという次第です。

もともと心身ともに強い馬だったけれど、さらにパワーアップしています!
おそるべし、ブエナビスタ。尊敬に値します。

わたしもブエナねえさんのように強い女になるよう、自分をもっとコントロールしよう。

| | コメント (1)


2010年5月15日 (土)

読めない「あしたの空」

読めない「あしたの空」
ちょっと前に関西ローカルでながれる「あしたの空」という歌が好きだ、という話を書いたけれど。

正直、ちかごろの「あしたの空」はトンでもないことになっている。

この歌は結構のんきに愛し合う人たちの幸せの歌、に見えて、実は今日の幸せは保証するがあしたはわからん!という刹那的な歌詞だったりするの。まぁ、わたしはそんな実はイミシンな部分が好きだったりします。あはは。

で!栗東の昨今の天候も「あしたの空」と同じく、あしたがまったく読めない。


実は昨日、食欲が出たけど何かつくる元気まではなくて。
ココ壱に行ってご飯食べたのね。

駐車場からお店に入るまで、むっちゃむちゃ寒かったの。思わずキルティングのジャケットを羽織ってしまったくらい、冷えた。

栗東はちょっと前まで、日中は30度くらいあって。
すぐに洗濯ものが乾いてしまうほど、日差しが"熱かった"。
あげくの果てには、熱中症をおこす馬がいたほどですよ。
この時期に熱中症?

と美浦からビックリメールが届くほど、異様な気候でした。

なのに、ここんとこまた寒かった。

つい数日前、厩舎で雑談していたとき、
あんまり寒いからストーブつけたほどだった。


なのになのに、今日の日差しはまたもや真夏。。。

こんなに極端な気候が続くと、人も馬も体調維持に参ってしまいそう。

自衛策は、幅広い気候に対応できるようにその日のお天気に合った洋服をすぐに取り出せるようにすることくらい、かな。
重ね着はモコモコするからね。最近遠慮してるのです。

つーことで、ダウンコート以外はクローゼットから引っ張りだして、どう変わるかわからない「あしたの空」に備える今日このごろデス。

| | コメント (4)


2010年5月14日 (金)

2010年 日本ダービー出走ボーダーライン(5月13日現在)

日本ダービーの出走ボーダー、今年は例年になく下がりそうです。

皐月賞1着 ヴィクトワールピサ 角居
皐月賞2着 ヒルノダムール   昆
皐月賞3着 エイシンフラッシュ 藤原英
皐月賞4着 ローズキングダム 橋口
青葉賞1着 ペルーサ      藤沢和
青葉賞2着 トゥザグローリー  池江郎
プリンシパル1 ルーラーシップ   角居
7750万 ダノンシャンティ  松田国
4200万 ゲシュタルト     長浜
3900万 アリゼオ       堀
3600万 サンライズプリンス 音無
3300万 ハンソデバンド   尾形
2950万 コスモファントム  宮
2800万 サンディエゴシチー 作田
2000万 シャイン      川村
1850万 トーセンアレス   鈴木康
1700万 レーヴドリアン   松田博
1200万 リルダヴァル    池江郎

ただし、来週の昇竜Sの優勝馬には収得賞金950万が加算されるので、その馬の動向によってはボーダーが引き上がります。

※リルダヴァルが日本ダービーへ出走できるかも!という朗報。
 池江師の反応は「Legend Stable 池江泰郎厩舎カウントダウンブログ」をお読みください。

| | コメント (1)


2010年5月11日 (火)

トゥザグローリー、日本ダービーの騎手決定

100511

トゥザグローリー、日本ダービーの騎手は岩田康誠騎手に決定!

今日の様子やコメントは
「池江厩舎カウントダウンブログ ~ 今日の池江厩舎」

をお読みください。よろしくお願いします!

| | コメント (1)


2010年5月 9日 (日)

2010年 日本ダービー出走ボーダーライン

※その後、改訂版が出ています。トップページより最新のボーダー表をご覧ください。

7頭の優先出走権での出走枠が埋まりました。

皐月賞1着 ヴィクトワールピサ 角居
皐月賞2着 ヒルノダムール   昆
皐月賞3着 エイシンフラッシュ 藤原英
皐月賞4着 ローズキングダム 橋口
青葉賞1着 ペルーサ      藤沢和
青葉賞2着 トゥザグローリー  池江郎
プリンシパル1 ルーラーシップ   角居

以下は賞金順。11頭まで出走できます。

5400万 エイシンアポロン  岡田
4200万 ゲシュタルト     長浜
3900万 アリゼオ       堀
3600万 サンライズプリンス 音無
3300万 ハンソデバンド   尾形
3250万 バーディバーディ 池江郎(ユニコーンSと両睨み)
3150万 ダノンシャンティ  松田国
2950万 コスモファントム  宮
2850万 コスモセンサー  西園
2800万 サンディエゴシチー 作田
2350万 ガルボ        清水英
2350万 ネオヴァンドーム  藤原英(回避の見込)

なお、NHKマイルCの1、2着馬は、
1着で4600万、2着で1850万円が追加されます。
リルダヴァルは現在1200万ですから、
1着で5800万、2着で3050万になります。
獲得賞金900万の馬は
1着なら5500万、2着なら2750万なので、
今年のボーダーは2800万前後になりそうですね。

| | コメント (3)


2010年5月 9日 (日)

ルーラーシップも日本ダービーへ

1005081

昨日のプリシンパルSを勝ったルーラーシップです。

横山典騎手は
「飛びの大きい乗りやすい馬ですが、
現状フットワークが無駄に大きいので、
それを小出しにしながら最後に繋がるように乗った」
とコメント。
まさに勝利に導くための”職人芸”ですね。

「乗っている方としてはそんなにビュンと行っている感じも
なかったが、終わってみれば圧勝でした」

と、実に危なげない、あっけない勝利でありました。

| | コメント (0)


2010年5月 6日 (木)

iPhone 交換のその後。。

結局、iPhoneは5月4日、
心斎橋のアップルストアで交換してもらいました。

対応窓口のGenius Barを予約してから行ったので
特に待つこともなく受付。
店員さんが少々触ってすぐに「交換ですね」
ということになり、サクサクと話は進みました。

そのあと、園田にも行きたかったので
(バーディバーディを見に兵庫チャンピオンシップ)
アクティベーションだけ済ませてさっさと終了。
あとは家に帰ってやればいいや、と思っていたの。

ところが。。

家でPCに接続して、最初に同期をかけたあと、
「バックアップからの復元」をせずに寝てしまい。。。
起きてすぐに仕事に行ったじゃない?
ま、「バックアップからの復元」なんて、
あとでやればいいと思っていたの。

そしたら。
再度、接続したら、新たにバックアップを取り始めているじゃない。。
そっか、「バックアップ」はその都度するから、
うちのPCにセットアップした直後に復元しないと
新たに別のバックアップを取りにいくのか。。。

失敗した。

というわけで、
バックアップされるのが恐い今はとりあえずPCに接続せず、
充電だけしてその場をしのいでいます。。

どうしよ。
どのみち、これからわたしが再び環境を整えるためには
ふたたび面倒くさい作業が山積みのような気がします。

| | コメント (3)


2010年5月 5日 (水)

リルダヴァルと池江先生

Liledaval100418k1

さて、やっぱり今週はリルダヴァルです。
池江厩舎に来たその日から見てきたし、
小倉まで新馬戦を見に行った馬なので思い入れはめちゃめちゃあります。

今朝は福永騎手を背にCWで追い切られていますが…

なぜポリではなくCW?そして勝算は??

そのあたり、こちら(池江厩舎のカウントダウンブログ)に書きましたんで、
ぜひぜひお読みください。

実はこの企画、池江先生にお願いして実現しました。
池江厩舎が終わる(終わってほしくないけど!)まであと299日、
300日を切ったわけですが、この大切な毎日を追いかけていきたい。
ということで、急遽つくりました。

ちょっと前から、池江先生にメッセージをください、とか
呼びかけていましたけど、これはその企画の一環なのです。
卒業アルバムのような、先生へ贈るメッセージ集をつくりたいな、
と思っています。

今のコンテンツは「今日の池江厩舎」「メッセージ集」ですが、
もう少し増やす予定です。

短期間の企画ですが、目一杯頑張りますのでぜひ見てください!

PC
http://www.legend-stable.jp/
Mobile
http://www.legend-stable.jp/m/

それにしても。。
「花岡 リルダヴァル」という検索が結構あるようでビックリしました(笑)

| | コメント (4)


2010年5月 3日 (月)

iPhoneが壊れた!

またまたiPhoneが壊れました。。
 
先日も調子悪かったんだけど、今度は正真正銘。
しかも、

「一番下の列付近が反応しない」

という、ヒジョーに面倒くさい症状であります。
当初は、アイコンの位置を移動すればなんとかなるのでは?
と思っていたんだけど、甘かった。。。

実は一番下の段が不自由になるだけで出来なくなることが、
実にたくさんあるのです

・起動時にロック解除ができない(トーゼンだよね・苦笑)
・電話に出れない(着信ボタンを押せないんだもの・汗)

・電話はiPhoneを逆さにしても画面が逆さにならない)
・留守番電話が聞けない(同上の理由)
・キーボードも下段にあるから、文字が全部打てない
・とにかく、何かにつけて重要なアイコンは下のほうにあるから、アプリを起動しても確定しなーい!!

おそらく、、アップルストアに持っていったら交換ですね。
ところが、関西にはそもそもアップルストアが1件しかない(心斎橋)。
GWの合間を縫って、修理にいかなくてはね。

まぁ、電話に出れなくても仕方ないかな、って思えるタイミングだったのが
不幸中の幸いでした。

とはいえ、、さっさと心斎橋に行かなくっちゃ!!

| | コメント (4)


2010年5月 2日 (日)

よかった、よかった

よかった、よかった
昨日の青葉賞でトゥザグローリーがダービー出走の権利を確保しました。

レース直後のトゥザグローリーは
「追われたにもかかわらず、
息の入りが早すぎるくらいだった」(市川厩務員)
そうです。

「520キロまで絞れたとはいえ、まだ太め残りですね。
能力の85%くらいしか出してません。」
と、現時点ではまだまだ余力がある状態とのことです。

初戦から500万下までが中2週、
500万下から青葉賞までが中3週、
青葉賞からダービーまでも中3週ですが、
青葉賞が土曜日である分だけレース間隔が長くなります。
「今まででレース間隔が長い分だけ、
より一層の上積みが見込めます。
次、楽しみにしていてください。」(市川厩務員)

はい、めっちゃめちゃ楽しみにしています。
この写真、先週撮ったものですが、
今のトゥザヴィクトリーと市川さんの境遇にはピッタリのメモリアルフォトになりました。

思い返せば金曜の朝、
池江先生とこれから先、
ダービーまでに権利が欲しい馬たち…
ゴールスキーやリルダヴァルについてあれこれと話ながらも
「今週は、やるよ!」
と一緒に両手で力強くガッツポーズで気合をつけてました。

土曜の早朝にフォゲッタブルの前日追いを含めた調教をおこない、
そのまま青葉賞のために東京競馬場へ行ってそのまま日帰りし、
今朝は来週NHKマイルに出走するリルダヴァルなどの調教を行い、
午後は京都競馬場へ足を運ぶはずです。

69歳ですよ!
すごい体力です。
「慣れているから、大丈夫だよ」
と、池江先生は言いますけどホントにすごいと思うわぁ。

今日の天皇賞(春)では
「今週は、やるよ!」
の締めくくりが見れるものと信じています。
めっちゃ楽しみデス!

このブログも、見返すと、
すっかり池江厩舎ブログになっていますね(笑)

わたし自身、池江先生と池江厩舎が大好きなので、
自然とこうなってしまうようです、はい。

| | コメント (2)


« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »