本文へジャンプします。




« すっかりハルですね | トップページ | 明日は皐月賞! »

2010年4月12日 (月)

桜花賞

Okasyo

桜花賞は関東馬・アパパネが制しました。

スタートは「出しにいった」(蛯名騎手)こともあり、少々掛かり気味。
最後までもつかな?と心配しましたが、なんのなんの。
直線では、外に持ち出した後にグイッと伸びて鮮やかに1着でゴール板を駆け抜けました。

写真は表彰式直前のアパパネと福田調教厩務員のツーショット。
福田調教厩務員が優しそうに嬉しそうにアパパネを見ている姿、
めちゃめちゃほほえましぃ。
見ているだけで喜びが伝わってきますネ。

「追い切りの後、結構カイバを食べているのにスーッと体が痩せてきたんですよ。
 だから当日はマイナス体重かな?と思ったら、プラス体重。
 体が引き締まってスッキリしているのにちゃんと身になっているんですね。
 レースでは毎回、ちゃんと走るタイプなのでその分ちゃんと疲れる。
 今回もそうなるでしょうね。ほんとに偉いコです。」(福田調教厩務員)

ちなみに。
関東のジョッキーが桜花賞を制したのはエルプスの木藤騎手以来25年ぶりとのこと。

国枝栄調教師も初クラシック制覇となりました。
「桜花賞はGIの中でも華やかなレース。
 生産者さんは誰もがクラシックを目指して馬を生み育てているから。
 そういうレースを勝てるのはまた違う嬉しさがあるね。
 次走はオーナーと相談して決めますがオークスを考えています。」(国枝師)

Img_0206

| | コメント (2)

競馬」カテゴリの記事


コメント

予想的中お見事でした。
アパパネ1着の軸でとらせてもらいました。三連複はなぜかアブリコットフィズ軸だったので・・・
ラナンキュラスの惨敗は骨折だったんですねぇ残念です。

投稿: いわちゃん | 2010年4月12日 (月) 21時39分

考えるところあって、ひねって1・4・5・8枠の枠連で参戦していました。
それにしても以前のコメントとかぶりますが、国枝先生の嘘のない満面の笑みが印象的な写真ですね。
福田さんのコメントを見て素人ながら、改めて栗東で訓練したのが正解だったんだ、と思いました。

投稿: 顔もみ | 2010年4月13日 (火) 19時54分

コメントを書く